包括的なサービス-VAT請求書のコンポーネントへの内訳

サービス税

VAT請求書には、実際の経済イベントが反映されている必要があります。税務当局とそれとの決済の観点から、請求書には特定の項目が含まれている必要があります。これにより、請求書の検証と特定のイベントへの特定の税率の割り当てが可能になります。税率が厳密に定められている特定の商品の販売や特定のサービスの提供の場合、税率の表示は疑う余地がありません。問題は、特定の商品(製品)を販売することに加えて、納税者がいわゆる追加料金が発生する配信などの追加サービス(関連サービス)ですが、それでも包括的なサービスです。では、どのようにトランザクションを文書化しますか?販売の対象が1つの包括的なサービスではなく、いくつかの個別のサービスであると認識するリスクなしに、VAT請求書の包括的なサービスを個々のコンポーネントに分割することは可能ですか?あなたはこの記事で答えを見つけるでしょう!

VAT請求書の形式と内容-最も重要な情報

冒頭で述べたように、この記事では、VAT請求書は実際の経済的出来事を反映している必要があります。アートに準拠。 VAT法の106bでは、納税者は、販売、商品の配送、およびアートで言及されているサービスの提供を文書化した請求書を発行する義務があります。 106a VAT法のポイント2。別の納税者の利益のために、付加価値税または同様の性質の税金のために、または非課税の法人の利益のために彼によって作成されました。

アートによると。 VAT法の2ポイント31では、請求書は、法によって要求されるデータとそれに基づいて発行された規制を含む紙または電子形式の文書として理解されるべきです。一方、電子請求書は、任意の電子形式で発行および受信される電子形式の請求書として理解されます(VAT法の第2条第32条)。

したがって、VAT法では、従来の(紙または電子形式の文書)と電子の2つの形式のVAT請求書が規定されています。法的(法定)定義はVAT法に含まれています。フォームに関係なく、VAT請求書には、経済的事象の検証を可能にする特定の基本要素が含まれている必要があります。それらに属する:

  1. 発行日;
  2. 請求書を一意に識別する1つ以上のシリーズの連番。
  3. 商品またはサービスの納税者および購入者の姓名または名前とそれらの住所。
  4. ポイント24(a)に従い、納税者が税務上識別される番号。と;
  5. ポイント24(a)に従い、商品またはサービスの購入者が商品またはサービスを受け取った際の税金または付加価値税の目的で識別される番号。 NS;
  6. 商品の配達または配達の完了の日付、またはサービスの実行、または当技術分野で言及されている支払いの受領の日付。 106b段落。 1ポイント4、そのような日付が指定されており、請求書の発行日と異なる場合。
  7. 商品またはサービスの名前(タイプ)。
  8. 配達された商品の測定と数量(数)または提供されたサービスの範囲。
  9. 税額のない商品またはサービスの単価(正味単価)。
  10. 正味単価に含まれていない場合の、早期支払いのリベートの形式を含む、価格のリベートまたは割引の金額。
  11. 税額(純売上高)を除く、取引の対象となる、提供された商品または実行されたサービスの価値。
  12. 税率;
  13. 純売上高の合計。個別の税率の対象となる売上と非課税の売上に分類されます。
  14. 個々の税率に関連する金額に分解された、純売上高の合計に対する税額。
  15. 未払いの合計金額。

自律サービスと総合サービス

アートに準拠。 5秒VAT法の1では、サービスの提供は、商品の供給を構成しない、法的な人格のない自然人、法人、または組織単位に対するサービスとして理解されます。 2017年8月7日の国税情報局長の個別の解釈によると、「原則として、付加価値税による課税を目的とした各供給は、個別の独立したものとして扱われる必要があります。.

上記に関連して、スタンドアロンサービスは、独立して存在する可能性がある場合に発生し、その実装では、メイン(スタンドアロン)サービスを実行する可能性を条件とする補助アクティビティ(サービス)を実行する必要はありません。包括的な(複雑な)サービスの場合は状況が異なります。複雑なメリットは、特定の目標の達成につながるさまざまなアクティビティの組み合わせで構成されます。たとえば、さまざまな補助アクティビティで構成されるメインサービスのパフォーマンスなどです。一方、活動は、それ自体が目的ではなく、本質的なサービスを完全に実現または活用する手段である場合、補助的なものと見なされます。

したがって、補助的な活動を提供する目的が主な活動によって決定され、主な活動の補助的な活動なしでは実行または使用できない場合、単一の活動は包括的な活動の要素として扱われます。

例1。

Jan Kowalskiは、金属の卸売り、つまり既製の要素の鋳造、金属板、冶金製品の販売の分野で事業を行っています。 Jan Kowalskiは、冶金製品の販売の一環として、顧客への輸送の切断、燃焼、および整理のための追加サービスを提供しています(配送費用)。Jan Kowalskiによる商品の販売と追加サービスは包括的なサービスですか?この場合、追加のサービスが単独で存在できますか? VAT請求書に追加のサービスを含めるにはどうすればよいですか?

提供される追加サービスは独立したものではありませんが、商品の配送のための単一の注文内で提供されます。このため、これらは複数の補助サービスをカバーする1つの包括的なサービスを構成するため、税務上の目的で分割しないでください。追加サービスが請求書の個別の項目として認識されるという事実は、課税方法とは無関係です。輸送の組織だけでなく、追加のサービスは、個々の注文で実行される商品の配送の不可欠な部分を構成します。

商品の販売に関連する追加サービスは、メインのパフォーマンスと密接に関連しています。顧客の目標は、配達サービスや切断サービスを購入することではなく、特定の製品を購入することです。したがって、問題の取引を個々の要素、すなわち商品の販売、切断のサービス、配達のサービスに分割することは人為的です。取引の主な主題は商品の販売であり、二次(補足)サービスは配達または切断サービスに関連するコストです。

補助サービスはそれ自体が目的ではなく、基盤となるサービスを完全に実現または活用するための手段です。補助的な活動を提供する目的が主な活動によって決定される場合、単一の活動は包括的な活動の要素として扱われます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

VAT請求書に包括的なサービスを文書化する方法

2019年6月5日の判決で、最高行政裁判所(参照番号I FSK 661/17)は次のように示しました。 「包括的なサービスが多くのサービスで構成されている場合、VAT請求書で個々のコンポーネントに分解されることを妨げるものは何もありません」.

サービス全体をメインサービスとして扱うことは、VAT請求書の個別の項目でのメインサービスの要素(商品の販売、輸送サービス、これらの販売された商品の切断)の表示を除外するものではありません。複雑な(メイン)サービスの要素が、全体として1つの請求書アイテムに含まれるか、商品の配送と輸送サービスの提供として2つの請求書アイテムに含まれるか、または個別の請求書に含まれるかは関係ありません。

この場合、請求書はトランザクション自体の二次文書です。それは特定の活動の実施を確認するべきであり、それらの課税の方法を決定するべきではありません。複雑なサービスの要素(商品の販売と輸送)が別々のアイテムの下に表示されることに対する障害はありません。これは、とりわけ、2014年11月27日のビドゴシュチュの地方行政裁判所の判決(参照番号I SA / Bd 969/14)によって示され、1つの項目でサービス全体を示すことがつながるとの意見が表明されました。輸送サービスが見えないので、競争の激しい市場でのオファーの不利な認識に。さらに、VAT決済の規則は、請求書の発行の技術的側面からではなく、法律の規定から生じることに注意する必要があります。取引の当事者が、特定の配達に関連する個々の要素の価値が別々の項目に表示されることに同意する場合、包括的取引に対する税の決済には関係ありません。

VAT請求書を発行する行為は技術的な性質のものです。当事者がVAT請求書に個々のサービスの価値、つまりメインサービスと追加の特典を表示したいが、メインサービスに関連している場合、それは課税ベースの変更ではなく、重要な技術的活動についてのみです。これら2つのサービスのコストに関する純粋な情報であり、これらが一緒になって集合的な利益を構成します。

最後に、2014年11月19日のビドゴシュチュの地方行政裁判所の判決に従い、参照番号。 I SA / Bd 969/14:

「(...)税務上、当事者の複雑な活動、すなわち商品の販売と輸送サービスは、原則として、統一された全体を構成します。これらの利点は両方とも相互に関連しています。つまり、経済的な観点からは、これらも全体を構成します。輸送の形での補助サービスは、商品の販売、つまりメインサービスを補完します。販売なしの輸送は、それ自体が販売なしの目的ではないため、輸送サービスは、商品の購入者の利益のために、販売の可能な限り最高のパフォーマンスを提供します。