登録された定額料金でサービスを構築する

Webサイト

納税者が利用できる課税形態の1つは、記録された収入の一時金です。確かに、その最大の利点は低い税率です。不利な点は、原則として、一時金は収入を得るための費用によって減らされることなく、得られた収入に対してのみ支払われるため、税金費用を考慮に入れることができないことです。したがって、定額税の選択は、サービスを提供し、さらに低コストを負担する人々にとって好ましい選択肢です。建設サービスを提供する納税者が税務署とのこの形態の和解にしばしば関心を持っているのも不思議ではありません。

登録収入に一括払いを使用するための一般的な条件

まず、一括払いのフォームは、事業を営む自然人のみが使用できることを指摘しておく必要があります(個人またはパートナーシップの一部として)。もう1つの条件は、前の税年度にこの活動を実施したことによる収益が200万ユーロを超えないことです(2021年の場合は9,030,600ズウォティ)。上記の制限を超えると、納税者は一時金の権利を失い、一般的な会計規則に切り替える義務があります。また、アートに記載されているサービスの提供に一括払いができないこと。 8秒一時所得税法の1。

建設サービスと定額

建設サービスの分野で事業を営む納税者は、5.5%の優遇税率で記録された収入に対して一時金で課税される場合があります。

これはアートの内容によるものです。 12秒法の4ポイントaによると、一括払い率は、製造活動、建設工事、または2トンを超える積載量の車両を使用する貨物輸送の分野からの収入の5.5%です。

建設サービスが何を意味するのかを説明する法律自体の内容に規制はありません。アートでのみ。 4秒法の1ポイント1、立法者は、「サービス活動」は非農業経済活動であり、その主題は、の規則によって導入されたポーランドの製品およびサービスの分類(PKWiU)に従ってサービスとして分類される活動であると示しました。ポーランドの製品およびサービスの分類(PKWiU)に関する2015年9月4日の閣僚評議会。結果として、PKWiU分類を参照する必要があります。ここでは、部門41〜43内に以下がリストされています。

  • 建物および建物の建設に関連する建設工事(PKWiU 41);

  • 土木構造物(PKWiU 42)の建設に関連する構造物および一般的な建設工事。

  • 専門の建設工事(PKWiU43)。

上記に従って製品とサービスのポーランドの分類、建設工事は次のとおりです。

  • 敷地の準備から始まり、さまざまな土と基礎工事(ゼロ状態)、耐力要素の実行、仕切りの構築、屋根の敷設と覆い(シェル)を含む、新しい住宅および非住宅の建物と構造物の建設を含む作業)、組み立て、設置作業、仕上げに。

  • 既存の住宅および非住宅の建物および構造物の再建、拡張、上部構造、近代化、再建および改修に関連する作業、土木および水工学に関連する作業。

  • プレハブの建物や構造物の設置、鉄骨構造物の設置。

この場合、建設法に含まれる定義を参照することも役立つ場合があります。 3ポイント7建設工事は、建築物の再建、組み立て、改修または解体からなる工事と同様に、建設として理解されるべきであることが示された。

建設サービスの5.5%の税率の正しさは、2019年6月5日、011-KDIT3.4011.159.2019.2.AKの国税情報局長の個別の解釈によって確認されています。

実施された事業活動に関連して得られた登録収入に一括払いする可能性とこの税率は、この活動の一環として提供される実際のサービスの種類にのみ依存します。

(...)申請者は、これらがほとんどの場合改修工事であることを強調します(...)申請者によって実行されるサービスは建設工事、つまりアートで言及されているサービスです。 12秒1ポイント4点灯。と法律。アートに従って、申請書で言及されている建設工事の実施から申請者が得た収入の課税の5.5%の割合を合計すると(...)。 12秒1ポイント4点灯。自然人が稼いだ特定の収入に対する定額所得税に関する法律の”.

建設サービスとGTU

2020年10月以降、アクティブなVAT納税者は、選択した商品やサービスの販売をGTUコードでマークして記録する必要があります。原則として、納税者は建物、構造物、土地を供給するときにGTU10を使用する必要があります。以下も、建物、構造物、土地の配達と見なされます。

  • 土地の永久用益権の売却。

  • 土地の永久用益権の所有権への転換。

  • 永久的な土地の権利を確立する。

GTU 10コードによるマーキングは、建物、構造物、土地の配送に適用されます。このコードには、建設サービスと建物の改修は含まれていません。

例1。

アダムさんは建設会社を経営しています。その活動には、修理サービスの提供も含まれます。起業家は建設サービスにGTUコードを付ける義務がありますか?

いいえ、GTU 10は建物、構造物、土地の配送にのみ適用されるため、マーキングは建設サービスには適用されません。

オンラインレジおよび建設サービス

レジを使用して販売記録を保持する義務は、Artから直接生じます。 111秒VAT法の1、それによると: "事業活動を行っていない自然人や定額農民に販売する納税者は、レジを使って販売記録を残す義務があります。"。レジからの免除という形でのこの義務には例外があります。

建設会社のレジは、免税の対象となる制限を超えた後は必須です。

オンラインレジは徐々に導入されており、選択された業界を記録する義務が含まれています。これらのデバイスは、国家歳入局長が管理する現金ユニットの中央登録簿に接続されており、特に金融詐欺にさらされている業界を対象としています。

2021年7月から、建設会社はオンラインレジで個人への販売を登録する必要があります。

建設会社のために購入したレジは、免税としてJPK_V7に含めることができます。納税者は、購入の請求書から正味額の90%を差し引く権利がありますが、PLN700以下です。

例2。

2021年3月、バルトス氏は1,200PLN相当のオンラインレジを購入しました。 2021年3月のJPK_V7Mでは、どのくらいの割引額を差し引くことができますか?

控除可能な割引は自分で計算する必要があります。つまり、90%x PLN 1200 = PLN 1080であり、認識はPLN 700を超えてはならないため、3月のJPK_V7Mのバルトス氏は最大PLN700を控除できます。

建設サービスは、独自の委託された材料で実行されます

規制は、資料が投資家または請負業者のどちらによって提供されるかを決して規制していません。建設資材の入手方法は、当事者の取り決めによって異なります。特に、資材の配送は、投資家と請負業者の間で締結された別個の契約に基づいて行われる場合があります。ただし、この問題は一括払いの場合に重要です。この形式の決済では、税金を計算するときにコストを考慮に入れることができないためです。その結果、自分で建材を購入してサービスを提供した起業家は、購入した建材の価値を下げることなく、5.5%の税金を支払うことになります。

例3。

起業家は10,000PLNの建設資材を購入しました。その後、これらの材料を使用して、彼は建設サービスを実行しました。これは、17,000PLNと見積もられました。この場合、5.5%の一括税がPLN 17,000、つまりPLN935の金額に対して支払われます。

例4。

起業家は、投資家から委託された資材を使用して建設サービスを行いました。材料の価値は、投資家によって10,000PLNと見積もられました。起業家は建設サービスのために17,000PLNを受け取りました。この場合も、5.5%の一括税が17,000ズウォティ、つまり935ズウォティの金額に対して支払われます。

上記の例に照らして、自社の資材からの建設サービスのパフォーマンスは、請負業者にとって税制上有利ではありません。より良い選択肢は、投資家から委託された資料を使用してこれらのサービスを実行することです。納税者は、投資家と建設工事契約を結び、建設に必要な資材の配達を形作る際に、この事実を念頭に置く必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

建設サービスと義務的な分割払い

分割支払いメカニズムを適用する義務は、アートに記載されています。 108a段落。 VAT法の1ポイント1a。これによれば、法の付属書15に記載されている、請求書に記載されている購入した商品またはサービスの支払いを行う際に、支払われるべき合計金額がPLN15,000またはそれに相当する金額を超える場合外貨の場合、納税者は分割支払いメカニズムを適用する義務があります。外貨で表された金額をズウォティに換算する場合、課税基準を決定するために使用される金額の換算規則が適用されます。

さらに、売り手は、「分割支払いメカニズム」という注釈が付いた請求書を発行し、分割支払いメカニズムを使用して、このドキュメントに基づいて支払われるべき金額の支払いを受け入れる義務があります。

SPM分割支払いメカニズムは、単一の取引金額がPLN 15,000を超える場合に使用され、起業家間でのみ行われ、さらに、活動にはVAT法の付属書15に記載されている商品またはサービスが含まれます。

したがって、他社のために実施された建設サービスがVAT法の付属書15に記載されており、その価値が15,000ズウォティ以上の場合。 PLNグロス、請求書には追加の注釈「分割支払いメカニズム」を含める必要があります。

売り手が義務的な分割支払いの規定に従わなかった場合(請求書に注釈がない場合)、罰金の形で税務上の影響が生じる可能性があることを付け加えておく必要があります。このようなペナルティの金額は、請求書に記載されているVAT金額の30%になります(VAT法の付録15に記載されている商品またはサービスの場合のみ)。

請求書に追加の注記がないにもかかわらず、買い手が分割支払いメカニズムを使用して支払いを行う場合、売り手は罰金を支払う義務はありません。

wFirma.plシステムでの建設サービスの請求

wFirma.plシステムで建設サービスの売上請求書を発行するには、[収益]»[販売]»[展示会]»[請求書]タブに移動します。表示されるウィンドウで、すべての必須フィールドに入力する必要があります。定額料金の場合、建設サービスのデータを完成させるときは、5.5%を料金として使用する必要があります。

トランザクションの値がグロスPLN15,000を超える場合は、[アカウンティング]タブの[アカウンティングスキーム]フィールドで、[建設サービス]-[特殊ケース]を選択する必要があります。