簡素化された前払所得税の支払い-誰がそれを使用できますか?

サービス税

起業家は、簡略化された形式で所得税の前払いを支払うオプションがあります。つまり、納税者は毎月、特定の月の前払いを計算する必要はありませんが、特定の固定税額を税務署に支払います。簡略化された前払いとは正確には何であり、誰がこの方法で所得税を支払うことができますか?以下に回答します。

簡略化されたフォームを使用できるのは誰ですか?

アートによると。 44秒PIT法の6bでは、所得税の前払いの簡略化された形式は、事業活動から収入を得る納税者によって使用される場合があります。その後、毎月、納税者は税務署に、税スケールまたはフラットタックスを使用して計算された金額の1/12の金額を支払います。税額は、提出された年次確定申告書に示されている、非農業事業活動から得られた収入を考慮して計算されます。

  • 特定の課税年度の前の課税年度、または

  • 所定の課税年度の2年前の課税年度(翌年の確定申告の場合、納税者が非農業事業からの所得を示さなかった場合、または免税額を超えない金額の所得を示した場合)。

2番目のケースでは、納税者も事業活動からの収入を証明できなかった場合、または納税義務を生じさせなかった金額よりも少なかった場合、簡略化された形式で前払金を支払うことはできません。

例1。

JanKowalskiは2017年に事業を開始しました。その収入は税の規模に従って課税されました。会社が設立された年に、ヤン氏は損失を被りました。 2018年に、彼は収入を生み出し、所得税の前払いを支払いました。これは、2019年に提出された納税申告書に示されていました。 2021年のヤン氏は、所得税の前払いの簡略化された形式を使用できますか?

2021年に、Jan氏は、2018年の所得に基づいて計算される、所得税の前払いの簡略化された形式を使用する可能性があります。

所得税の前払いの簡素化-オフィスへの通知

2018年末までに、特定の課税年度に初めて簡略化された前払いを利用したい納税者は、税務署にそのことを通知する必要がありました。当時、この情報は、特定の税年度の2月20日までに税務署に提出する必要がありました。

ただし、この義務は廃止されました。 2019年以降、納税者が簡易前払金を支払うという申告書を税務署に提出する必要はありません。納税者が特定の年に、この税年度に提出された年次確定申告書に簡略化された形式で前払いを行ったという事実が税務署に通知されます。次に、2021年のPIT宣言を提出するとき、納税者はその中で所得税の簡素化された前払いを行ったことを示さなければなりません。

簡略化された前払い-その金額を計算する方法は?

簡易前払所得税の納付額は以下のとおりです。

  • 税スケールを使用して計算された関連する年次確定申告からの収入額の1 / 12-一般原則に基づいて課税される納税者の場合。

  • 19%の税率を使用して計算された関連する年次確定申告からの収入額の1 / 12-フラットタックスで課税される納税者の場合。

納税者は、支払われた健康保険料の額だけ、その査定基準の7.75%を超えない額で、計算された前払いを減らすことができます。次に、この方法で計算された前払いは、完全なズウォティに丸められ、税務署に送金されます。

簡略化された前払金の金額を決定する場合、他の控除によってその金額を減らすことはできないことに留意する必要があります。納税者が使用する権利を有するその他の控除および手当は、年次確定申告書にのみ表示されます。この申告書では、簡易前払金が支払われた特定の課税年度に納税者が取得した実際の所得が決済されます。

アートによると。 44秒PIT法の6cでは、納税者は、所得税の前払いを行うための簡略化された形式を選択する義務があります。

  • 課税年度を通じて、簡略化された形式の前払いの使用。

  • 前月の毎月20日までに毎月前払いします。一方、四半期ごとの前払金は、特定の四半期の終了の翌月の20日までに支払われます。

  • 納税申告書(PIT-36またはPIT-36L)で、課税年度の翌年の4月30日までに税務署に提出して納税します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例1。

2020年に提出された2019年の年次納税申告書PIT-36で、納税者は82,350 PLNの事業活動からの収入を示しました。その結果、2021年の簡略化された毎月の前払い所得税前払いは次のようになります。

  • 納税者が税の規模に応じて課税を継続すると仮定すると、次のようになります。

(PLN 82,350 x 17%)-PLN 525.12 = PLN 13,474.38

PLN 13,474.38:12か月= PLN 1,122.87

  • 納税者がフラットタックスで支払うと仮定すると:

PLN 82,350 x 19%= PLN 15,646.50

PLN 15,646.50:12か月= PLN 1,303.88

簡素化された前払いと年次確定申告の修正

納税者が年次確定申告書の調整を提出し、月々の前払金の計算基準が簡略化された形で変更される場合は、前払金の額を調整する必要があります。

起業家が年次納税申告書の訂正を提出し、その結果、簡略化された形式で行われた前払金を計算するための基礎の金額が変更された場合は、アートに従います。個人所得税法の44(6f)、これらの前払金の額:

  • 計算の基準額の変更に応じて増減します-前払金が簡略化された形式で支払われる前年の年末までに修正納税申告書が税務署に提出された場合。

  • 計算の基礎額の変更に応じて、修正が提出された月の翌月から増加または減少します-修正納税申告書が簡略化された前払金が支払われる年に提出された場合形;

  • 変更されません-修正宣言が上記で指定された日付より後に提出された場合。