ツーリング契約-それは何であり、利点は何ですか?

サービス税

貿易では頻繁に発生することはありませんが、両者にとって非常に有益なソリューションです。ツーリング契約は、問題があるため、特定のサービスの分野の起業家間で締結された一種の無名の契約であり、請負業者はクライアントの固定資産を使用してサービスを実行します。工具契約とは何ですか?また、そのメリットは何ですか?以下に説明します!

工具契約-それは何ですか?

ツーリング契約は、同等性に基づいてその規定を実施する起業家間の一種の契約です。相互利益の同等性は、発注者の固定資産を請負業者が利用できるようにすることであり、請負業者はそれらを使用して、締結された契約に従って注文を実行します。ツーリング契約は、名前のない契約の一種です。つまり、規制で厳密に定義されておらず、特定の法的要件がないため、その個別の特性が保持されます。

アートに示されている契約の自由の原則に従って。民法の353¹
「契約を締結する当事者は、その内容または目的が関係の特性(性質)、法律、または社会的共存の原則と矛盾しない限り、その裁量で法的関係を調整することができます。」

ツーリング契約には、レンタル、デポジット、および使用の要素があり、通常、次の2つのバリエーションがあります。

  • 発注者による無料の財産提供、
  • 追加費用を負担する義務のある資産へのアクセス。

ツーリング契約の一部として、コミッショナーはエグゼキュータに注文の実行に必要な有形資産を提供しますが、それは彼の所有物のままです。請負業者は、ほとんどの場合、修理と操作、保険、検査、または健康と安全の検査の現在の費用を負担する義務があります。

ツーリング契約の目的は、特定の製品の生産と配送、または特定の起業家が提供する固定資産を使用して、製品の適切な品質を保証する契約に基づく特定の起業家のためのサービスの実行です。ツーリング契約に基づくサービスの提供は、特定の価格と数量で、起業家に対してのみ行われます。 請負業者が提供された固定資産を注文を実行するために必要な範囲でのみ使用し、いかなる方法でもそれらを使用しないことを工具契約で示すことは価値があります。また、契約書に定期的な状態検査や提供された固定資産の正しい使用を規定することも可能です。

工具契約のメリットは何ですか?

ツーリング契約は同等性の原則に基づいて機能するため、契約の両当事者、つまり発注者と請負業者の両方が特定のメリットを享受できます。最も重要な利点は次のとおりです。

  • 注文者側:
    -注文は指定された期間内に実行されます、
    -製造された製品はより高品質で、多くの場合個性的ですが、
    -提供されるサービスの低価格、
    -利用可能になった固定資産は減価償却されます。
  • 出演者側:
    -独自の固定資産を持つ必要はありません、
    -恒久的な収入源-契約で時間内に定義され、
    -新しい資格を取得します。

どの固定資産を共有できますか?

ツーリング契約に基づき、発注者は、完全に減価償却されているかどうかに関係なく、注文の実行に必要なすべての固定資産の在庫を利用できるようにすることができます。発注者は、以下を含む動産と動産の両方の固定資産を提供する場合があります。

  • コンピューター、
  • 車、
  • あらゆる種類の機械、
  • 不動産、
  • また、商標です。

提供された固定資産は、契約期間中、発注者の所有物のままです。固定資産の減価償却は、2017年6月14日の国税情報局長の個別の解釈により確認された現在の減価償却計画に従って継続的に実施されます。 0113-KDIPT2-1.4011.80.2017.1.KO:
「要約すると、会社が利用可能にした会社が所有する機器は、アートの意味の範囲内で減価償却の対象となる固定資産であると述べておく必要があります。 22a段落。 1 u.p.d.o.f.これは、デバイスが完全で使用に適しており、予想される寿命が1年より長いという事実によるものです。さらに、デバイスは、当社が意図した、当社のみの外部エンティティによる食品の生産という経済的目標を達成することを目的とした契約に基づいて利用可能になります。
締結された工具契約に基づいて注文を完了した後、固定資産は注文者に返還されます。
紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

ツーリング契約とPITおよびVAT

工具契約の締結により、固定資産は無料で引き渡されます。アートに従って、PITに基づいて自由に使用できます。 11秒個人所得税法の1は課税対象です。ただし、発注者が提供する固定資産の無料性を分析する場合、工具契約の性質が同等であることが示された場合、請負業者は実際には無料サービスを提供しないことに注意する必要があります。このような立場は、2018年4月6日の議会質問第7136号に対する回答で財務省によって確認されています。
「納税者が無料で利用できるものや権利を使用することが、これらの物や権利を貸し出す事業体に特定のサービスを提供するために必要な条件である場合、そのような状況では納税者は収入を受け取りません。受け取った無料の特典から。そのような経済関係の例は、いわゆる請負業者が相互利益の一部として機器を無料で提供する工具契約」。

工具契約に基づく固定資産の請負業者への譲渡も、サービスが実施されていないため、VATに関しては何の影響もありません。工具契約に基づいて実行されるサービスは、別個のサービスを構成するものではありません。契約は、クライアントの固定資産を使用して、ビジネスアクティビティの一部として注文を実行するために使用されます。商品の配送もありません。利用可能な固定資産は依然として発注者の所有物であるため、契約は商品を所有者として処分する権利を行使者に譲渡しません。ツーリング契約の一部として、固定資産は特定の注文の実施に利用できるようになり、完了後に注文者に返送されます。契約の要素を個別の部分から分離して区別するのではなく、単一のエンティティとして扱う必要があります。したがって、固定資産の譲渡は、別個の課税対象の法的取引を構成するものではありません。

要約すると、締結されたツーリング契約に基づいて、注文者は厳密に定義された注文を実行するために固定資産を提供します。契約期間中、固定資産は、それらを減価償却する発注者の所有物のままです。契約終了後、固定資産は彼に返還されます。次に、請負業者は、提供された固定資産を使用して、契約で指定された期間内に注文者に対してのみ特定の製品またはサービスを実行する義務があります。ツーリング契約に基づいて使用するための固定資産の譲渡は、PITおよびVATに関して何の影響も及ぼしません。