PCCにおけるサイレントパートナーシップ契約と税務上の影響

サービス税

現在、ポーランドの法律には、サイレントパートナーシップの制度がありません。ただし、この種の法的関係は、法的に規制されていませんが、ポーランドでは依然として発生しています。一種の「投資方法"、沈黙のパートナーが隠されたままで、特定のベンチャーに彼の資本を投資するところ。ほぼすべての種類の契約を締結することは、特定の税務上の影響を負う必要性に関連しています。法的に規制されていないことを考えると、サイレントパートナーシップ契約の場合も同様ですか?締結されたサイレントパートナーシップ契約の税務上の影響は何ですか?答えは以下の通りです。

サイレントパートナーシップとは何ですか?定款の要素

サイレントパートナーシップ契約は、いわゆるのカテゴリに属しています名前のない契約、つまり民法で規制されていない契約。このタイプの契約の締結は、アートで規定されているように、契約の自由の原則と密接に関連しています。民法の3531:
「契約を締結する[S]王位は、その内容または目的が関係の特性(性質)、法律、または社会的共存の原則と矛盾しない限り、その裁量で法的関係を手配することができます。」

2018年11月27日の判決でウッチの控訴裁判所によって示されているように、I ACa 104/18、
「[そして]サイレントパートナーシップの本質は、他のゼネラルパートナーに実物または金融資産を持ち、自らのために事業またはその他の有益な活動を行っているサイレントパートナーによる貢献に基づいています。沈黙のパートナーは、彼の貢献の見返りに、この活動の利益に参加しますが、外の世界に自分自身を明らかにすることなく、会社の資産に対する権利を持っていません。

上に示したように、サイレントパートナーシップは一種の「投資方法与えられたベンチャーにおけるサイレントパートナーの資本のうち、彼は投資された資本を増やすことへの一定の希望を持っています。

ウッチの控訴裁判所によってさらに指摘されているように、「[e]サイレントパートナーシップに特徴的な要素は次のとおりです。

  • サイレントパートナーによる貢献、
  • 対外関係におけるサイレントパートナーの匿名性、
  • ゼネラルパートナーの財産に対する権利はありません。
  • 起業家の利益へのサイレントパートナーの参加、
  • サイレントパートナーを企業の業務の遂行から除外し、
  • パートナーが起業家の義務に対して黙って責任を負わないこと」。

例1。

現金資本が100,000ズウォティのヤンコワルスキーは、ヤンノヴァクとサイレントパートナーシップ契約を締結することを決定しました。 Jan Nowakは、建設サービスの提供に携わっています。彼らの合弁事業(投資)は、ヤン・ノヴァクが購入した未開発の土地の別の部分に住宅を建設することです。 Jan Kowalskiは、サイレントパートナーシップ契約で指定された期限内に、サイレントパートナーシップ(100,000 PLN)にのみ現金で寄付します。 Jan Kowalskiの貢献は、Jan Nowakが行った投資のための未開発の土地の購入、そして住宅の建設に割り当てられます。両当事者は、Jan Kowalskiが投資の純利益の一定の割合として決定された割合で投資の利益に参加するのに対し、JanKowalskiは貢献額までの損失にのみ参加することに同意しました。

この場合、サイレントパートナーの権利は、会社の利益への参加と損失への参加の可能性に限定され、会社の資産の価値の変化に関連する利益には参加しません。つまり、追加の利益は得られません。沈黙の会社が営業していた期間中の企業の価値の増加から生じる利益。

サイレントパートナーシップの本質は、パートナー間の義務関係(内部パートナーシップ)に尽きます。サイレントパートナーは、彼が貢献した資産の共同所有者にはならず、外部関係にも現れないことを強調することが重要です。サイレントパートナーが金銭的利益を得る法的権利は、起業家の資本の一部ではなく、民法上の契約です。

サイレントパートナーシップの解消の場合、起業家(登録パートナー)は、準備された貸借対照表に基づいてサイレントパートナーとの決算を行う必要があります。この和解には、サイレントパートナーの貢献と、昨年からの会社の損益が含まれている必要があります。同時に、起業家とサイレントパートナーが合意によってサイレントパートナーの権利を拡大したり、協力の過程でそれを開示するための措置を講じたりすること、たとえば別の合意を締結することによって障害はありません。

締約国は、サイレントパートナーシップ契約を締結する際に、とりわけ、詳細に規制する必要があることを覚えておく必要があります。プロジェクトからの利益の分配、当事者の起こり得る損失、相互の権利と義務、およびプロジェクトの期間に関する規則。

サイレントパートナーシップ契約とPCC税

アートに準拠。民法取引税法第1条では、以下の民法取引が課税対象となります。

  • 売買契約および商品と財産権の交換、
  • 種に関してのみラベル付けされた金銭または品目の貸付契約、
  • 寄付契約-債務の受領者による引き継ぎおよび寄付者の負担または義務に関する部分では、
  • 生命年金契約、
  • 相続分割に関する合意および共有の解消に関する合意-返済または追加の支払いに関する部分では、
  • 住宅ローンを確立し、
  • 誤った使用を含む有料使用の確立、および有料地役権、
  • 不規則な預金契約、
  • 定款。

立法者は、大陸法取引に課税される活動の徹底的な決定の原則を導入しました。したがって、この規定に記載されていないその他のものは、大陸法取引に対する課税の対象にはなりません。

上記は、2018年3月8日のワルシャワの最高行政裁判所の判決II FSK 509/16によって確認されており、裁判所は次のように示しています。
「立法者は、課税対象の活動のクローズドリストを導入し、同時に他の同様の活動を課税から除外しました。つまり、法定カタログに記載されていない活動は、それらと同じまたは類似の経済効果がある場合でも、課税の対象にはなりません。記載されています」。

定款は課税対象ですが、アート。民法取引税法の1a、ポイント1および2は、これらがパートナーシップ間の合意であると規定しています:民事パートナーシップ、合名会社、限定パートナーシップ、限定パートナーシップおよび限定合資パートナーシップ、および株式会社間の合意、限られた責任、ヨーロッパのパートナーシップ。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

2018年6月1日の書簡で国税情報局長が示したように、0111-KDIB4.4014.147.2018。
「民法に照らして無名の合意として認められたサイレントパートナーシップ契約の締結は、アートに記載されている民法取引のカタログに属していません。 1節大陸法取引に対する税法の1点1。このタイプの活動は、申請者が正しく述べたように、たとえば、民法の意味の範囲内のローン契約またはこのカタログにリストされているパートナーシップ契約(たとえば、民法)としても適格ではありません。したがって、申請書に記載されているサイレントパートナーシップ契約の締結およびこの契約の履行においてなされた貢献は、大陸法取引に対する課税の対象にはなりませんでした。

この場合、サイレントパートナーシップ契約の締結は税制上有利であることが判明する可能性があります。民法取引に対する課税がないことを除けば、最も重要な利点は次のとおりです。

  • 会社を登記簿または裁判所の登記簿に登録する必要はありません。
  • サイレントパートナーの法的形態に関する制限はありません-それは自然人と法人の両方である可能性があります、
  • サイレントパートナーの貢献に関して制限はありません。
  • 公的パートナーが、たとえば銀行ローンよりも迅速な資金調達方法を取得する可能性、
  • サイレントパートナーの匿名性。

これらは、サイレントパートナーシップ契約を締結することの良い面のほんの一部です。そのような合意の締結は、肯定的な側面だけでなく、それをもたらすことを覚えておく価値があります。ネガティブなものには、例えば、サイレントパートナーによる損失のリスク、経済的詐欺の根拠となる可能性のある法規制の欠如が含まれます。