年次確定申告の割引-説明付きのリスト

サービス税

年次PIT申告は、課税年度に所得を得たすべての納税者が提出する必要があります。税額控除を利用して、税負担を軽減したり、より多くの税金還付を受けることができます。それらのカタログは、PIT法で厳密に定義されています。彼らはあなたの収入や税金を減らすことができます。年次確定申告でどのような手当を受け取る資格があるかを確認してください!

年次確定申告の割引-タイプ

インターネットの救済

インターネットの免税措置を利用できるのは、税額に応じて決算を行い、記録された歳入の一括払いを行う納税者のみです。インターネット使用費用は、事業活動の一環として税控除対象費用として分類されていない場合にのみ、所得から控除できます。この救済は、フラットタックスを支払う納税者には利用できません。課税ベースから控除できます。

インターネットの税控除は、これまで使用したことがない納税者と、2017年の確定申告時に初めて使用した納税者が利用できます。

控除可能な金額には制限があります。納税者が所得を減らすことができる最大額は、1人あたり760ズウォティです。

インターネットの免税を利用しようとする納税者は、そのような費用が発生したことを確認する書類を持っている必要があります。特に、インターネットアクセスサービスの購入者と販売者の識別データ、購入したサービスの種類、および支払い額を含める必要があります。

子供のための救済

児童手当は、税控除の対象となる別の種類の手当です。これは、納税者が関係する子供によるものです。

  • 行使された親権、

  • 子供が彼と一緒に住んでいた場合、法定後見人として行動し、

  • 裁判所の決定またはスタロストと締結された合意に基づいて里親の機能を実行することによって世話をしました。

割引は、納税者が上記の活動を行った課税年度の暦月ごとに利用でき、未成年の子供の数によって異なります。

これらの割引は制限されていません。1人の未成年の子供の場合、その月額はPLN 92.67です。ただし、次の条件が満たされます。

  • 課税年度を通じて結婚した納税者とその配偶者の所得は、課税年度において112,000PLNを超えませんでした。

  • 未婚の納税者の所得は、課税年度の一部を含めて、課税年度で56,000PLNを超えませんでした。この規則の例外は、所得制限が112,000ズウォティのひとり親納税者です。

2人の未成年の子供がいる場合、年次確定申告での毎月の免税額は、それぞれ92.67ズウォティです。

3人以上の未成年の子供の場合-金額:

  • それぞれ、1番目と2番目の子のPLN 92.67、

  • 3番目の子供のためのPLN166.67、

  • 4番目以降の各子にはPLN225。

リハビリ費用の救済

PIT和解のリハビリテーション手当は、これまでと同様に、障害のある納税者、または次の障害者を扶養家族として持つ納税者が使用できます。兄弟、継父、継母、婿、義理の娘-課税年度にこれらの障害者の収入がPLN12,357.60を超えない場合。

リハビリ費用を差し引くための条件は、関係者が以下を持っていることです。

  1. 別の規則で指定されている3つの障害の程度の1つに対する裁定機関による資格に関する決定、または

  2. 仕事、訓練年金または社会年金の全体的または部分的な無能力のために年金を付与する決定、または

  3. 個別の規則に基づいて発行された16歳未満の人の障害証明書。

障害者である納税者または障害者に依存する納税者が課税年度に負担した重要な活動の遂行を促進するためのリハビリ目的の費用および費用は、所得から控除できます。

リハビリ費用は、以下の費用です。

  • 障害に起因するニーズに応じたアパートや住宅の適応と設備、

  • 障害に起因するニーズへの自動車の適応、

  • 家電製品を除く、障害に起因するニーズに応じて、リハビリテーションおよび生活活動の遂行を促進するために必要な個々の機器、デバイス、および技術ツールの購入および修理、

  • 障害に起因するニーズに応じた出版物およびトレーニング資料(エイズ)の購入、

  • リハビリキャンプでの滞在の支払い、

  • スパ治療施設での治療費、医療リハビリテーション施設、ケアおよび治療施設、介護およびケア施設での滞在、ならびにリハビリテーション治療の支払い、

  • 第1または第2障害者グループの視覚障害者および第1障害者グループに含まれる運動障害者のためのガイドの支払い、課税年度のPLN2,280を超えない金額。

  • 第1または第2障害者グループの視覚障害者および運動障害者による盲導犬の維持-課税年度に2,280PLNを超えない金額。

  • 移動が不可能な慢性疾患のある障害者の在宅介護、第1障害者グループの障害者介護サービス、

  • 手話通訳者への支払い、

  • サマーキャンプと障害児と青年および25歳未満の障害者の子供のためのキャンプ、

  • 薬-特定の月に発生した実際の費用とPLN100の額との差を表す金額で、専門医が障害者が特定の薬を(永続的または一時的に)使用する必要があると判断した場合、

  • 必要な医療およびリハビリテーション治療のための有料の必要な輸送:障害者-医療輸送のための救急車、障害者グループIまたはIIに分類される障害者、および16歳までの障害児-これも救急車以外の輸送手段による衛生輸送用、

  • 障害者または16歳未満の障害児または障害児に依存している納税者が所有または共同所有している乗用車の使用-課税年度の控除額の最大額は2,280PLNです。

  • 滞在に関連する公共交通機関による有料の旅:リハビリテーションキャンプ、スパ治療施設、治療的リハビリテーション、ケアと治療、および看護とケア施設、サマーキャンプと障害児と青年および障害者の子供のためのキャンプ25歳未満です。

上記のリハビリ費用は、障害者のリハビリのための会社基金、障害者のリハビリのための州基金、または国民健康基金、会社社会給付基金の財源、またはいかなる形でも納税者に返還されていない。

費用がこれらの資金(平均)から部分的に融資(共同融資)された場合、発生した費用とこれらの資金(平均)から融資(共同融資)された金額または何らかの形で返還された金額との差額が差し引かれます。

リハビリのための費用は、その発生を確認する書類に基づいて決定されます。

発生した費用:

  • 第1または第2障害者グループの視覚障害者および第1障害者グループに含まれる運動障害者によるガイドの支払い(事務所の要請により、ガイドの名前と名前を提供するだけで十分です)、

  • 第1または第2障害者グループの視覚障害者および第1障害者グループに含まれる運動障害者による盲導犬の維持管理(事務局の要請により、補助犬の状態を確認する証明書を提示するだけで十分です)、

  • 必要なリハビリテーション治療のための通勤のための乗用車の使用(事務所の要請により、必要な医療およびリハビリテーション治療の注文と完了を確認する文書を検査のために提供することで十分です)。

ここでは、通年の制限内で、これらの各タイトルから2,280PLNを超えない金額の費用を差し引くことができます。

寄付-年次確定申告での決済

PIT法の規定に従い、以下の目的で行われた寄付の金額。

  • アートで指定されています。公益活動に関する法律の4、非政府組織および公益組織、またはポーランド以外の欧州連合加盟国または欧州経済領域に属する他の国で施行されている公益活動を規制する規定で指定された同等の組織、公共業務の分野で公益活動を実施し、これらの目標を実行する

  • 宗教的崇拝、

  • 献血に相当する金額の公的献血法に基づき、名誉献血者が実施する献血

-寄付の金額。ただし、収入の6%に相当する金額以下。

したがって、寄付の年次確定申告における税控除の合計額は、以下の利益のために発生した寄付に対して控除が行われない場合を除いて、課税年度の所得の6%に相当する額を超えることはできません。

  • 自然人、

  • 電子、燃料、タバコ、スピリッツ、ワイン、醸造業の製品、およびアルコール含有量が1.5%を超えるその他のアルコール製品、および貴金属またはこれらの金属の参加またはこれらの製品の取引。

寄付の対象が付加価値税で課税される商品である場合、寄付の金額は、付加価値税を加えた商品の価値であり、納税者が権利を有する仮払消費税の金額を超える部分があります。この寄付を行うことにより、商品およびサービスに対する税金の規定に従って控除します。