PITとCITの不良債権救済-あなたが知る必要があるすべて

サービス税

2020年1月1日に発効した変更の1つは、PITとCITの貸倒れの軽減です。救済の導入は、企業の財務流動性を改善することであり、多くの場合、サービス/商品を購入してそれらの代金を支払う請負業者によって停止されます。次の記事は、売り手と買い手の両方の側で、救済の機能の方法とその適用の規則を提示します。

所得税の貸倒れ救済-行動の本質

支払いの行き詰まりを減らすための特定の法律の改正に関する法律に従い、2020年1月1日から、法人所得税(CIT)および個人所得税(PIT)の納税者は不良債権の救済を適用する必要があります。暫定規定に従い、貸倒れ救済規則は、支払い期限が2019年12月31日以降の商取引に適用されます。

PITとCITの免税のメカニズムは、現在VATの分野で運用されているものと似ています。 PIT法(第26i条(1))およびCIT法(第18f条(1))の規定に従い、所得税の計算の根拠は次のとおりです。

  • 請求書(請求書)または契約書に記載されている支払日の満了日から90日以内に支払われなかった売掛金の価値-売り手の場合は、収益として認識された売掛金の価値を差し引いたもの、
  • 請求書(請求書)または契約書に記載されている支払い日の満了日から90日以内に決済されなかった負債の価値は、購入者の場合、税控除の対象となる費用によって増加します。

請求書の未払いによる課税基準の増減は、請求書に記載された支払期限の満了日から90日が経過した年の和解で提出された年次納税申告書で行われるものとします。 (請求書)または契約。請求書、請求書、または契約書に記載されている支払日から起算して、90日の期間が満了した期間について計算された所得税の前払いで救済の適用も可能です。 要約すると、指定された90日以内に未払いが発生した場合、年次確定申告が提出された年、または前払いの計算期間中に、購入者は課税ベースを増やす必要があります(費用に含まれる支出の価値(実際には未払い)、売り手は買い手が支払っていない収入の価値だけ課税ベースを減らす義務があります。

例1。

ABC社は2020年2月1日にXYZにPLN1230(VAT PLN 230)の請求書を発行し、支払い日は2020年2月14日です。XYZ社は2020年5月14日まで責任を解決しません。上記に従い、5月の前払いのABC会社は、未払い額の価値だけ課税ベースを引き下げる場合があります。 2020年の確定申告の提出日までに支払いが決済されない場合、ABCは年間確定申告で課税ベースを1,000PLN削減します。

PITおよびCITの貸倒れ救済-適用条件

所得税における貸倒救済の適用は、特定の条件が共同で満たされた場合にのみ行われます。

  • 確定申告日の前月の最終日の債務者の買い手は、リストラ、破産、または清算の過程にありません。
  • 請求書(請求書)の発行日または契約締結日から、請求書が発行された暦年の終わりから2年以内に経過した場合。 (請求書)が発行されたか、契約が締結された(最後に発生したアクティビティから数えて)、
  • 発行された請求書(請求書)または契約書には、納税者(取引の当事者)の事業活動の一環として締結された商取引が記載されており、そのために収益はポーランドの領土で課税されます。

上記の条件のいずれかを満たさない場合、売り手は不良債権の救済を適用することはできません。

PITおよびCITの不良債権の救済-認識の瞬間

PITおよびCITでの貸倒救済の適用は、請求書、請求書、または契約書に記載されている支払日から数えて、90日の期間が満了した期間の所得税の前払いで可能です。割引は、請求書(請求書)または契約書に記載された支払期限の満了日から90日が経過した年に提出された年次納税申告書に、その日の翌日から同時に表示されます。
PITおよびCITの貸倒れの軽減は、確定申告の提出日までに債権/負債が決済または処分されない場合に限り、年間の確定申告(課税ベースの減少/増加または損失)に含まれる場合があります。 同様に、支払いの決済または債権の売却の場合、納税者は次のことを行う必要があります。

  • 課税ベースを増やすか、売り手の売掛金の価値によって損失を減らす、
  • 課税ベースを削減するか、購入者側の売掛金の額だけ損失を増やします。

それぞれ、負債/債権が決済または処分される課税年度。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例2。

2020年の年次確定申告では、B社は、PITの貸倒れの救済により、買い手が未払いの債権の価値だけ課税ベースを引き下げました。 2021年3月、買い手は全額を支払いました。売り手は規制された金額だけ課税ベースを増やす必要がありますか?

支払いの決済により、売り手は2021年3月(請求が決済される期間)の前払いで課税ベースを増やす義務があります。 納税者が課税基準を引き下げる義務がある金額がこの基準よりも高い場合、納税者は、その後の年に控除されないが、から3年以内の期間だけ課税基準を引き下げるオプションがあります。割引を適用する権利が作成された課税年度の終わり。損失の価値が減少する救済の金額よりも少ない場合、補償されていない価値は課税ベースを増やします。 課税ベースから控除された、または損失の増加した債権の価値は、税控除可能な費用として認識されないことに留意する必要があります。

事業の清算後、農業生産の特別部門に関連する所得決定規則の変更後、または課税形態の変更後、PITおよびCITに貸倒救済を適用する義務が生じた場合、課税基準/損失は次の場所で行われます。

  • 清算が行われた課税年度の確定申告、
  • 課税形態が変更された年度の前の課税年度に提出された税申告書、または農業生産の特別部門に関する所得決定規則が変更された。

PITおよびCITの貸倒れの軽減は、関連する事業体間の商取引には適用されません。 要約すると、2020年1月1日から、PITおよびCIT納税者は、未決済の債務に関して不良債権の救済を適用することができます。支払われるべき金額を支払わなかった買い手側の救済の適用は義務的です。割引は、2019年12月31日以降の支払い日を持つ請求書、請求書、または契約によって文書化された商取引にのみ適用されます。