債務者のVATステータスを変更した後の不良債権の救済

サービス税

債権者側の不良債権救済は、債務者からの債権回収に問題がある起業家にとっての特権です。ただし、救済を適用する可能性は必ずしも明白ではありません。たとえば、負債を支払わなかった企業がVAT納税者でなくなった場合などに疑問が生じる可能性があります。そのような状況では、債権者は不良債権の救済を受ける権利がありますか?債務者のVATステータスを変更した後、不良債権の救済がどのように解決されるかを確認してください。

債権者の貸倒れ救済手続きは何ですか?

ポーランドで施行されている規制に従い、販売取引のVATは、商品が配達された、またはサービスが実行された決済期間に支払う必要があります。

アート19a。 VAT法の1:
納税義務は、商品の配達またはサービスの実行時に発生します。 1a、5、7–11、アート。 14秒6、アート。 20とアート。 21秒1”.

さらに、起業家が商品の配達またはサービスの実行の前に支払いの全部または一部を受け取った場合、受け取った金額に関連してVAT義務が発生します。商品やサービスの支払いが早く受け取られた場合、債権回収の問題の可能性は私たちには当てはまりませんが、実際にはほとんどの企業は後で資金を受け取ります。支払い日は起業家によって設定されており、現在のところ制限はありません。そのため、起業家は支払いを受け取る前に税務署のためにVATを支払う義務があることがよくあります。

2020年1月1日、支払いの行き詰まりを制限する一連の規制が発効しました。新しい法規制に従い、公的機関は30日以内に債務を支払う必要があります。ただし、医療機関では60日が支払われます。売り手として機能する中小企業と購入エンティティとして機能する大企業との間の取引の場合、支払い期間は60日を超えません。

多くの企業は債務不履行の問題に苦しんでおり、その結果、起業家は財政的流動性を失い、しばしば事業を停止または清算することを余儀なくされています。債権者の財政状況を改善するために、規制は不良債権の救済の形での選好を認めており、そのおかげで売り手は未払いの所得請求書のVATを回収する権利を持っています。請求書または契約書に指定された支払期限の満了日から90日以内に請負業者から債権を取得できなかったVAT納税者は、貸倒れの救済を適用することができます。債権者は不良債権の救済を受ける権利があり、債務者は売り手が優先権を適用することを選択したかどうかに関係なく、延滞に対する仮払消費税を訂正する義務があります。

アート89a秒VAT法の1:
納税者は、回復不能であることが証明されている請求の場合、その国の領土での商品またはサービスの供給に対する課税基準および納税額を調整することができます。修正は、債権の金額の一部に起因する課税基準および税額にも適用され、回収不能の可能性が高くなっています。”.

売掛金が契約書または請求書に記載された支払期限日から90日以内に決済または処分されなかった場合、売掛金の回収不能が発生する可能性が高いと見なされます。

債務者のVATステータスを変更した後の不良債権の救済

債務者がVATステータスを変更した後、不良債権の軽減がどのように説明されるかを知るには、まず、そのような軽減がいつ適用されるかを確認する必要があります。債権者側の不良債権救済を利用することは、以下の条件が満たされた場合にのみ可能です。

  1. 商品の供給またはサービスの提供は、リストラ、破産、または清算の過程ではなく、アクティブなVAT納税者として登録された納税者に対して行われました。

  2. 確定申告の前日、訂正が行われた日
    a)債権者と債務者は、アクティブなVAT納税者として登録されている納税者です。
    (b)債務者は、リストラ、破産、または清算の過程にありません。

  3. 請求書を発行した年末から起算して、請求書の発行日から2年が経過していない。

したがって、適用される規制により、債権者は、修正が行われた確定申告の提出日時点で債務者が有効なVAT納税者のステータスを持っている場合にのみ救済を利用する権利が与えられます。そのような規定は、販売された商品または提供されたサービスの支払いを遅らせる債務者が現在アクティブなVAT納税者ではない会社である債権者からの異議を提起します。

ただし、2019年5月8日の欧州連合司法裁判所(ECJ)の判決では、C ‑ 127/18 A – PACK CZ s.r.o.債権者に有利なように、債務者がアクティブなVAT納税者でなくなった状況での債権者の不良債権救済を受ける権利の問題は解決されました。

チェコ共和国で施行されている規制は、ポーランドの法規制と同様に、債務者がVAT納税者ではなくなった場合に、債権者側の不良債権の救済を調整することを不可能にします。欧州連合司法裁判所は、チェコの納税者に関する訴訟で判決を下しましたが、近い将来、チェコ共和国で施行されているものと同様のポーランドの規制も検討する予定です。さらに、CJEUはその法学から逸脱していないため、ポーランドの納税者は国内の法規制に関して前向きな決定を期待することもできます。 CJEUが同様の判決を下した場合、債務者の有効なVAT納税者のステータスが不足しているために不良債権の救済が問われているポーランドの起業家は、支払期限を過ぎた所得請求書のVATの回収を申請できます。 90日以上までに。

CJEUはそのアートを発見しました。付加価値税の共通システムに関する指令2006/112の90は、債務者がアクティブなVAT納税者でなくなった場合の貸倒救済の調整の適用を妨げる国内規定を排除しています。指令2006/112(第273条)に従い、欧州連合諸国は、VATの正しい徴収を確保し、脱税を防止するために必要とみなすその他の義務を納税者に課すことができます。それらは、指令2006/112の目的と原則を可能な限り侵害する必要があります。 EU法によって確立された一般的なVATシステムの基本原則であるVATの中立性を損なうような方法で使用することはできません。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

不良債権の救済調整を行うにはどうすればよいですか?

貸倒引当金のVATの修正は、請求書または契約で指定された支払い期限の満了日から90日が経過した期間のJPK_V7ファイルで行われます。

債権回収と不良債権救済の難しさ

事業を営むには、独立性だけでなく、独立した事業上の意思決定や利益を上げる能力も含まれます。起業家の生活は必ずしもスムーズに進むとは限らず、不便な点の1つは、商品の配達や提供されるサービスの支払いを遅らせる債務者からの債権の回収です。さまざまな業界の起業家は、支払いの遅延をビジネスの障壁として宣言しています。

立法者は債権者のために援助の手を差し伸べ、90日以上の支払い期限で請求書のVATを回収できるようにします。 2020年1月1日から、同様の選好が所得税にも導入されました。この改正は、個人所得税法と法人所得税法の両方に関係しています。これは、信頼できる起業家がサプライヤーやオフィスに対する義務を規制し、販売された製品やサービスの受領から常に時間通りに支払いを受け取るとは限らないという前向きな変化です。