インターネットの免税-年次確定申告でそれを証明する方法は?

サービス税

2020年の確定申告では、納税者は多くの割引を利用する機会があります。それらの1つはインターネット救済です。インターネットの免税を誰がどのような条件で利用できるか、そしてそれを年次確定申告にどのように表示するかを確認してください。

インターネットの救済

インターネットによる救済は、納税者が過去にこの救済を使用しなかった場合、2年連続で納税者が利用できます。

2018年の控除を使用せず、以前に使用しなかった納税者は、どの年でも免税の使用を開始する権利があります。彼が初めて控除を利用する場合、彼はその年とその年の直後の翌年の割引を受ける権利があります。

ダウンロードする:

pdf
年次確定申告におけるインターネットの救済-KISパンフレット.pdf説明:手動による記入

免税は、税額または記録された収入の一括払いの範囲内で口座を決済する納税者が利用できます。収入を減らすことができる最大額は、1人あたり760ズウォティです。共同で定住する夫婦の場合、両者が税額に応じて支払うと仮定すると、この金額は1,520ズウォティに増加します。レリーフの値は、パートBの付録PIT / Oに示されています。

財務省の草案によると、2020年の年次確定申告では、インターネットの救済は、PIT / O付録のパートBの項目29(納税者としての和解の場合)または項目30で補足されています。 (配偶者としての和解の場合)。

配偶者との共同和解およびインターネット税控除

配偶者と共同で決済し、以前は配偶者のみがインターネットの免税を決済した納税者は、確定申告で免税の一部を差し引くこともできます。インターネットの請求書に配偶者の詳細が含まれるかどうかは関係ありません。このような状況での免税の解決の前提条件は、配偶者がインターネット費用が差し引かれる期間に財産コミュニティを持っていることです。前述のように、各配偶者が差し引くことができる金額は、1人あたり760ズウォティです。それをPLN1,520に増やすには、各配偶者は完全なインターネット免税を差し引くことができる収入を得る必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例1。

M夫妻は2017年2月に結婚し、2020年4月から不動産コミュニティを持っています。 2020年1月に、インターネットの供給に関する契約が締結され、M。は2020年の確定申告で解決したいと考えています。Mさんが以前に控除限度額を使用したことも言及する価値があります。インターネット割引を利用することは可能ですか?

この場合、2020年4月からインターネット割引が適用されます。

インターネット割引と費用の確認

インターネットの使用に関連するすべての費用は、インターネット割引の下で差し引かれることを覚えておく必要があります。つまり、救済を受ける権利は、騒ぎの代わりにネットワークを使用するユーザーだけでなく、携帯電話でインターネットを使用している、ワイヤレスネットワークを使用している、インターネットカフェで使用している、またはポータブルモデムを接続している納税者でもあります。ノートパソコン。インターネットカフェでインターネットを使用する場合は、「現金で支払う」というマニュアルまたはコンピューターの入力を使用して、販売者にVAT請求書を要求する必要があります。カフェ自体からの領収書では割引を受けることはできません。

インターネットの免税を利用するには、納税者はそれを適切に文書化する必要があります。請求書を用意する必要はありません。必要なのは、購入者と販売者の詳細、購入したサービスの種類、および支払われる金額を含む文書だけです。納税者が支払いの証拠を持っている2020年に実際に支払われた金額のみが控除されます。

あなた自身のビジネスとインターネット救済を実行する

事業を営む納税者は、インターネットの免税を利用することもできます。このため、覚えておくべきことがいくつかあります。

  • インターネット費用は、以前は会社の費用に含まれていませんでした。

  • 起業家は、記録された収益の規模または一括払いに従って、一般原則に基づいて決定します。

  • 救済は2018年の確定申告で解決されたか、以前はまったく解決されていませんでした。

家賃とインターネットの救済

賃貸収入を得る納税者もインターネット免税を利用することができます。

インターネットの控除は、彼らが自分の目的のためにインターネットを使用する場合にのみ行うことができます。入居者向けにインターネットを購入し、自分で利用しない場合は割引対象外となります。