児童税額控除-誰がそれを受け取る権利があり、どのようにそれを解決するのですか?

サービス税

納税者は、課税年度の終了後、税務署に口座を決済し、特定の年に得られた収入と発生した費用に関する情報である年次納税申告書を提出する必要があります。一部の納税者は、税制上の優遇措置を利用することができます。それらの1つは子供の救済です。誰が使えるのか、どうやって解決するのかチェック!

子供のための割引-誰が権利を持っていますか?

子の救済は、特定の課税年度に支払われるべき所得税の価値を減らす税の救済の1つです。アートに準拠。 27f段落。個人所得税法の1、それは納税者によって使用される可能性があります:

  • 親権を行使し、
  • 彼または彼女が彼または彼女と一緒に住んでいる場合、子供の法定後見人です、
  • 裁判所の決定またはスタロストと締結された合意に基づいて、里親の形で世話をします。
  • 一般原則(税スケール)に基づく課税の形式を選択しました。

未成年の子供と教育を継続する25歳までの子供の両方の場合に控除を行うことができ、彼らの年収がPLN 3,089(遺族年金を除く)を超えないことも重要です。

税務当局の要請により、納税者は救済を受ける権利を決定するために必要な書類を提示する義務があります。
•子供の出生証明書のコピー。
•里親を設立する裁判所の決定の写し、または里親と里親との間で締結された合意。
•子供の法定後見人の任命に関する家庭裁判所からの証明書。
•成人した子供による学校への通学証明書。

児童税額控除を適用するための別の条件は、所得制限です。 2人以上の子供がいる場合、納税者の​​収入額は救済に影響しませんが、1人の子供がいる場合は影響します。アートに準拠。 27f段落。上記2法の中で、子供が1人いる納税者は、課税年度の所得が以下を超えない場合、救済の恩恵を受けることができます。

  • PLN 112,000-既婚納税者の場合、
  • PLN56,000-未婚の納税者の場合。

例外はひとり親納税者です。彼らの場合、制限は、既婚納税者の場合、112,000PLNです。 親家族の救済を利用するためには、納税者の​​所得または所得に対する課税の形態も重要です。誰もがこの免税を利用できるわけではないからです。次の課税形態を区別します。

  • 一般的なルール、
  • フラットタックス、
  • 登録収入の一時金。

一般的な条件で課税される活動

一般的な条件で税金を支払う納税者は、17%または32%の税率で税金を支払います。この形式の課税は、納税者に税制上の優遇措置の恩恵を受ける権利を与えます。事業活動を行う納税者は、PIT-36の年次確定申告で免税を決済することができ、常勤の納税者はPIT-37の年次確定申告で納税することができます。

ダウンロードする:

pdf
年次確定申告での親族の免税-KISパンフレット.pdf説明:手動での記入

例1。

エウェリーナさんには3人の未成年の子供がいて、一般的な条件で課税される事業を営んでいます。 2020会計年度のエウェリーナさんの収入は10万ズウォティです。エウェリーナさんは2020年の和解で子供の救済を利用できますか?

はい、エウェリーナさんは一般的な条件で所得税を計上しているため、彼女は子供の救済を利用することができます。さらに、彼女に3人の子供がいるという事実は、彼女が税制限(PLN 56,000)を適用しないことを意味します。

例2。

Małgorzata夫人とŁukasz夫人は一般的な条件で事業を営んでおり、10〜13歳の2人の子供がいます。 2020年に、彼らは20万ズウォティの収入を達成しました。したがって、2020年のPIT-36年次確定申告で親族の免税を利用できますか?

原則として、一般的な規則に従って口座を決済する納税者は、PIT-36で児童手当を決済することができます。納税者に少なくとも2人の子供がいる場合、PLN112,000の制限は重要ではありません。したがって、Małgorzata夫人とŁukasz夫人は子供の救済を利用することができます。 一般的な条件で口座を決済する納税者は、減税の恩恵を受ける可能性があります。既婚の納税者が1人の子供に対する手当を清算したい場合、彼と彼の配偶者が稼いだ収入の両方を考慮に入れて、原則として112,000ズウォティの制限が適用されます。配偶者が定額で所得に課税する場合、自分で免税を受けることはできませんが、所得も制限に含まれます。

例3。

Michalinaは会社を経営し、累進所得税を支払います。彼女の夫であるアルカディウス氏は、定額法で所得に課税されています。一緒に、彼らは彼らの2歳の子供を育てます。 2020年のミハリナさんの収入は55,000PLNで、アルカディウスさんの収入は75,000PLNでした。ミカリーナさんは2020年の和解で子供の救済を利用できますか?

いいえ、ミカリーナさんは、彼女と夫の収入の合計が112,000ズウォティの制限を超えているため、児童税額控除を利用できません。

線形事業税と子供の救済

フラットな税率で事業を営む起業家は、収入に基づいて計算された19%の税金を支払います。これは有利な税率ですが、納税者は所得額に関係なく、常に所得税の19%を支払うため、PIT-36Lの年次確定申告で減税を利用することは不可能です。児童手当。

例4。

Janusz氏は、線形課税で事業を行っています。彼女は5歳の娘を一人で育てています。彼/彼女は年次和解で児童手当を利用できますか?

いいえ、フラット納税者は子供の救済を利用できません。

例5。

マルティナさんは定額法で課税される収入を達成し、夫は個人事業主を経営し、一般原則に基づいて決算を行います。配偶者は3人の子供を一緒に育てます。マルティナさんは、PIT-36Lの年次確定申告で親族の免税を解決できますか?

いいえ、マーティナさんは直線的な決済を行っているため、児童手当を決済することはできませんが、一般的な規則に従って口座を決済する配偶者は、PIT-36納税申告書で親族手当を利用できます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

記録された収入と子供の救済の一時金

記録された収入に基づいて一括で決済する納税者は、販売された商品の種類または提供されたサービスに応じて所得税を支払います。一時金はPIT-28の年次確定申告書を提出しますが、その中で児童税の軽減を解決することはできません。この形式の課税は、子供の救済を除外します。

例6。

Krystyna氏は個人事業を営んでおり、記録された収入に対して一括払いの形で税金を支払います。彼/彼女は2人の子供に年次確定申告で児童税額控除を利用させることができますか?

いいえ、クリスティナさんは課税の形態のために免税の恩恵を受けることはありません。原則として、一時金は親族の譲歩を解決することはできません。

また、納税者は一時金で働き、フルタイムで働いており、所得は定額で課税されます。このような状況では、PIT-28での活動による収入の決済に子供の救済を利用することはできませんが、フルタイムで雇用されているため、PIT-37の年次確定申告書を提出する必要があります。子供の救済を解決することはすでに可能です。

例7。

Tomasz氏は会社を経営し(定額制)、フルタイムで働いています(一般規則)。課税年度の終わりに、彼は2つの年次納税申告書(PIT-28とPIT-37)を提出します。児童税額控除を利用できますか?

Tomasz氏は、一括で事業を営むほか、フルタイムで働いているため、児童手当を決済することはできますが、PIT-28ではなくPIT-37で可能です。

納税者が一時金で事業を営み、さらに一般原則に基づいてフルタイムで働く場合、子供手当の恩恵を受ける資格のある制限には、一般原則に基づいて課税される所得のみを含める必要があります。アートから直接生じる一時金収入は制限に含まれていません。 27f段落。個人所得税法の2a。

例8。

ジョアンナさんはフルタイムで働き(一般的なルール)、一時金の形でビジネスを行っています。会計年度には、彼女は55,000ズウォティのフルタイム収入と70,000ズウォティの営業利益を達成しました。ジョアンナは彼女の唯一の子供のための割引を利用できますか?

はい、ジョアンナの物理的収入が56,000ズウォティを超えたにもかかわらず、手当の上限と比較される収入が56,000ズウォティを超えなかったため、ジョアンナは児童手当を利用できます。それにもかかわらず、一時金収入は、親族の免税の解決に資格を与える制限では考慮されていません。

子供のための救済-会計

児童手当は、PIT / O添付ファイルを納税申告書に添付することにより、年次PIT-36宣言(事業活動を行う事業体によって提出される)またはPIT-37(個人によって提出される、たとえばフルタイムで働く)で決済されます。子供の数、割引額、子供の情報。

2020年の年次確定申告では、財務省の草案に従って、児童手当はPIT / O付属書のパートCの項目44(子供の数)、45(納税者として存在する場合)、および46に示されています。 (配偶者として存在する場合)。さらに、パートEでは、救済が使用される子供に関する情報を提供する必要があります。

割引額は、パートJ(PIT-36フォームの場合)またはパートG(PIT-37フォームの場合)にも表示する必要があります。納税者は、通年または数ヶ月間、子供の救済を受ける権利があります。 納税者は、子供の出生証明書や親の責任の証明書など、子供の救済を利用する可能性を確認する文書を用意する必要があることを覚えておく必要があります。 要約すると、一般的な条件で税務署に口座を決済する納税者は、子の救済を受けることができます。年度中に決済されるのではなく、特定の課税年度の年次確定申告の生成時にのみ決済されます。