PIT免税とその適用-パート1

サービス税

税法の改正は、経済生活の非常に異なる分野に影響を及ぼします。それらの1つは、事業活動の税レベルです。法改正の一環として、立法者は個人所得税法の範囲、より具体的には住宅救済の範囲でいくつかの更新を提案しました。これらの変更はその適用をわずかに改善しますが、変更の前後の両方で、PITの住宅救済は、不動産の販売のための所得税の免税を受ける資格のある支出の観点から適用するのが最も難しいものの1つです。

不動産の処分に対する課税

ポーランドに居住地を持っている自然人(無制限の納税義務)とポーランドに居住地を持っていない人は、とりわけ、ポーランド共和国の領土で得られた所得に課税する必要があります。欧州連合の加盟国、または欧州経済領域に属する別の国、またはスイス連邦に所在する不動産の全部または一部(または特定の不動産に対する権利)の売却から。

アートに従って。 10秒個人所得税法(以下、PIT法という)の1ポイント8。これは、販売収入を含む、検討対象の販売中の収入源の1つです。

  1. 不動産またはその一部および不動産への関心、

  2. 住宅協同組合のアパートまたは事業所に対する共同所有権および一戸建て住宅に対する権利、

  3. 土地に対する永続的な用益権、

  4. 他のもの。

-検討のための売却が、取得または建設が行われた年の終わりから5年の終わりの前に行われた場合(ポイント1、2、3)およびその他-の終わりから6か月の終わりの前に買収が行われた月。

ポイント1、2、3に記載されている不動産の売却に対する所得税は、課税基準の19%です。これは、売上高と、関連する減価償却費の合計によって増加した税控除可能な費用との差です。売却された不動産。

当年度中に行われた不動産または不動産の売却は、遅くとも4月30日までに翌年にのみPIT-39フォームを使用した決済の対象となります。

ただし、納税者が次の取得または建設が行われた年の終わりから5年後に不動産(ポイント1、2、3)を売却した場合、納税者は売却取引に課税する義務を負わないものとします。

残念ながら、さまざまな事情により、納税者が不動産を売却するまで5年待つことができない場合がよくあります。ここでは、5年が経過する前に、不動産の売却から得られた収入の全部または一部を対価として免除できる可能性があります。

不動産の売却から収入を得るための費用

立法者は、検討のための不動産の売却(相続、寄付としても受け取られる)に関連して、その売却からの収入を減らす主な種類の費用をリストします、すなわち文書化されています:

  1. 買収費用、

  2. 製造コスト、

  3. それらを所有している間に発生した財産および財産権の価値を増加させた支出、

  4. 売却された物品またはこの税で課税される権利の価値が、相続および寄付税で課税されるために採用された物品および財産権の合計額に対応する部分での相続および寄付税の支払い。

また、不動産の売却およびこれらの不動産に対する財産権の場合、相続により取得した不動産の税控除可能な費用には、テスターが負担した取得または生産の文書化された費用および納税者に帰属する相続負担も含まれます。 、販売されたものの価値または販売される権利が納税者によって取得された商品および財産権の合計値に対応する範囲で。

同様に、減少の重みは次のようになります。

  1. 納税者が返済した相続債務、

  2. 正当な請求が支払われ、

  3. 通常の記録とコマンド

また、納税者が相続債務を返済した場合、留保株式の請求を履行した場合、または不動産や財産権を売却した後、通常のエントリーや注文を行って検討した場合。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

住宅救済の本質

不動産の全部または一部を購入し、5年以内に売却した納税者は、所得税で売却に課税する義務があります。しかし、彼はそれから得られた資金をいわゆるのために使うならば、与えられた販売にPIT税を課税する義務の免除を利用するかもしれません売却が行われた年の終わりから数えて3年間(2年間-2018年末までの法的地位)にわたる自分の住宅目的。

住宅救済は、相続または寄付の一環として受け取った住宅用不動産またはその株式の取得について、グループIIおよびIIIに属する納税者を免除する住宅用不動産の取得に関する相続および寄付の税控除とは区別する必要があります。場合によっては、これらの不動産の売却も許可されますが、法定の制限があります。

PITの住宅救済-救済の適用期間の変更への注意

免税の利用期間が変更されたため、2019年1月1日以降に達成された不動産からの収益に適用されることを強調する必要があります。

例1

2018年に、納税者は買収しました亡くなった父親からの相続により、持ち家のシェアの1/2。同じ年に、彼はアパートの株を売りました。すべての資金は2019年に割り当てられました。新しいアパートの購入のため。

この場合、売却が行われた年末から3年以内にPIT住宅救済を適用できますか?

残念ながら違います。救済の適用期間に関する最長3年間の規則の変更は、2019年1月から行われた事業活動以外の不動産の有料販売に適用されます。したがって、納税者は、免税(住宅目的のための資金の支出)を利用するために、つまり2020年の終わりまで2年間の猶予があります。

例2

2014年2月に購入した納税者。コンドミニアム。財政状況の変化により、彼は2019年9月に問題のフラットを売却しました。納税者は、売却で得た資金を使って、小さなアパートの購入資金を調達したいと考えています。納税者はどの期間に住宅手当を利用することができますか?

この場合、納税者は、購入日から5年以内に、不動産の売却による収入を支払いに対して取得しました。同時に、この収入は2019年に達成されました。アートの修正のため。 21秒PIT法の1ポイント131、納税者は2022年の終わりまで持っています。住宅救済を利用するために、自分の住宅目的のために得られた資金の配分のための3年。

例3

配偶者は2014年3月に一軒家を購入しました。 2019年。しかし、彼らは家を売り、小さなアパートを買うことを計画しています。納税者は5年が経過したと確信しており、この処分に対する所得税について心配する必要はありません。本気ですか?

残念ながら、2019年の終わりまで。住宅の売却には所得税が課せられます。 5年間は、2015年1月1日からカウントする必要があります。 2019年12月31日まで2020年1月からのみ。納税者は、PITとの取引に課税することなく私有不動産を売却することができます。

2019年に不動産を販売する納税者を追加する必要があります。売却によって得られた資金(一部または全部)が、売却が行われた年の終わりから数えて3年以内に、より小さなアパートの購入資金として使用される場合は、住宅手当を引き続き利用できます。 。

PIT住宅救済-計算方法は?

事業外の不動産の売却から得られた資金の一部または全部を自分の住宅目的に費やした納税者は、この売却から得られる収入(またはすべて)がPIT免除の恩恵を受ける金額を計算できます。

PITから免除される所得= DS X WCM / P

ここで:

DS->不動産の売却による収入(収入と費用)

WCM->住宅費として適格な費用

P->不動産の売却による収入 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例4

2018年、納税者は売却しましたPLN170,000のアパート。購入費用は160,000ズウォティです。この取引で得られた資金は2019年に割り当てられました。コミューンの空間開発計画が一戸建て住宅の建設に使用することを規定している建設区画の購入のため。

P-> PLN 170,000

DS-> 10,000 PLN

WCM-> PLN 170,000

PITから免除される所得-> PLN 10,000 x PLN 170,000 / PLN 170,000 = PLN 10,000

例からわかるように、納税者が特定の不動産の売却からのすべての資金を自分の住宅目的に割り当てる場合、不動産の売却からの収入全体がPIT所得税から免除されます。

例5

2017年、納税者は売却しましたPLN450,000の家。その建設と改善の費用は合計35万ズウォティです。取引から得られた資金は2019年に割り当てられました。 250,000ズウォティの小さなアパートの購入のため。

P-> PLN 450,000

DS-> PLN 100,000

WCM-> PLN 250,000

PITから免除される所得-> PLN 100,000 x PLN 250,000 / PLN 450,000 = PLN 55,556

PIT課税所得-> 100,000-55,556 PLN = 44,444 PLN

最後に、住宅救済の適用における最も複雑な問題の1つは、不動産の売却、協同組合の下での所得税で課税される所得の削減として分類できるように、自分の住宅目的の費用を適切に特定することです。敷地への権利または永続的な用益権。地面。