CITに基づく税控除可能な費用としての研究開発の救済

Webサイト

研究開発税の軽減により、イノベーションに焦点を当てた活動を行う事業体は、起業家が税務当局に支払わなければならない税額の特定の控除および削減から利益を得ることができます。この救済は年々、起業家、つまりこれまでに提供された商品やサービスを改善する研究者にとってますます魅力的になっています。免税を利用する可能性とその金額の両方は、以下に説明するように、特定の基準を満たす必要性によって条件付けられます。

研究開発税の軽減を利用できるのは誰ですか?

パートナーシップのパートナーを含むPIT納税者とCIT納税者の両方が、研究開発の救済の恩恵を受けることができます。これはアートに記載されています。 PIT法と芸術の26e。 CIT法の18d。この記事では、CIT法に基づく税控除可能な費用としての免税の分析に最も注意が払われています。アートに準拠。この行為の18d:
「キャピタルゲインからの収入以外の収入を受け取る納税者は、アートに従って決定された課税基準から差し引かれます。 18、研究開発で発生した税控除可能な費用。以下、適格費用と呼びます。課税年度の控除額は、キャピタルゲインからの収入以外の収入から納税者が得た収入の額を超えてはなりません。

研究開発税の軽減とは何ですか?

アートに準拠。 4a CIT法のポイント26、研究開発活動とは、次のことを意味します。 「知識資源を増やし、知識資源を使用して新しいアプリケーションを作成するために体系的に行われる、研究または開発を含む創造的な活動」。

2018年9月31日まで有効な法的地位では、産業研究は、新しい製品、プロセス、およびサービスを開発するため、または既存の製品、プロセス、およびサービスに大幅な改善を導入するために、新しい知識とスキルを習得することを目的とした研究として定義されました。これらの研究には、複雑なシステムのコンポーネントの作成、実験室環境または既存のシステムをシミュレートする環境でのプロトタイプの構築、特に特定のタイプのテクノロジーの適合性を評価するための構築、およびこれらの研究に必要なパイロットラインの構築が含まれます。 、一般的な技術の場合の証拠を取得することを含みます。

ダウンロードする:

pdf
年次確定申告におけるR&D減税-KISパンフレット.pdf説明:手動入力

開発活動はアートで定義されました。 4a CIT法のポイント28は、科学、技術、ビジネスの分野で現在利用可能な知識とスキル、および生産計画のための他の知識とスキルを取得、組み合わせ、形成、使用すること、および新しい変更されたものを作成および設計することです。または改善された製品、プロセス、およびサービス。ただし、製品、生産ライン、製造プロセス、既存のサービス、および進行中の他の操作に対する定期的かつ定期的な変更を伴う作業は除きます。特に、そのような変更が改善である場合でも、次のようになります。

  1. プロトタイプとパイロットプロジェクトの開発、および実際の動作条件のモデリング環境での新規または改善された製品、プロセス、またはサービスのデモンストレーション、テスト、および検証。その主な目的は、製品、プロセス、またはサービスをさらに技術的に改善することです。最終的な形状は決定されていません。
  2. 商業的に使用可能なプロトタイプおよびパイロットプロジェクトの開発。プロトタイプまたはパイロットプロジェクトは完成品であり、商用利用の準備ができており、デモンストレーションおよび検証目的でのみ作成するにはコストがかかりすぎます。

2018年10月1日から、これらの定義が変更され、現在、アプリケーション研究はArtで定義されています。 4aに関連するCIT法のポイント27b冗談で。 4秒高等教育科学法の2ポイント2:「[...]新しい知識とスキルの習得、新しい製品、プロセス、またはサービスの開発、またはそれらの大幅な改善の導入を目的とした作業」。

範囲に関しては、この定義は現在の工業製品の定義に対応しています。現在、より一般的な方法で再定式化されています。

適格費用としての税控除可能な費用

アートに準拠した対象となる費用について。 CIT法の18d、それは、とりわけ、考慮されます:

  1. 従業員の給与コスト。
  2. 研究開発活動に直接関連する材料および原材料のコスト。
  3. 実施された研究開発活動で直接使用される固定されていない専門機器、特に実験用容器および器具、ならびに測定装置の購入。
  4. 専門家の意見、意見など。
  5. 研究開発活動の目的でのみ使用される科学および研究機器の有料使用。
  6. 実施された研究開発活動の必要性のためだけに科学および研究機器を使用するサービスの購入。
  7. 特許の取得と維持の費用、実用新案の保護権、意匠の登録からの権利。
  8. 実施された研究開発活動で使用された固定資産および無形資産の減価償却費の償却。ただし、乗用車および構造物、建物および敷地は別個の資産です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

研究開発活動に関連する適格コストとしての人件費

納税者が負担する人件費を適格な費用と見なすには、次の条件を満たす必要があります。

  1. 費用は、アートで指定された収入に関して従業員に支払う必要があります。 12秒PIT法の1;
  2. 費用は、研究開発活動を行う従業員に適用する必要があります(2017年12月15日のグリヴィツェの州行政裁判所の判決、I SA / GI911 / 17)。

費用は、研究開発活動の実施に割り当てられた時間が、特定の月の従業員の総労働時間に残っている場合にのみ適格な費用です。 アートに準拠。 12秒PIT法の1では、控除可能な所得税のタイトルとして次のものが示されていました。

  1. サービス関係;
  2. 雇用関係;
  3. 宿題の関係;
  4. 協同組合の雇用関係。

同時に、以下は収入として区別されました:

  1. 基本給;
  2. 残業代;
  3. さまざまな種類のエキストラ、賞;
  4. 未使用の休暇およびその他の金額に相当する金額(金額が事前に決定されているかどうかに関係なく)。
  5. 従業員に支払われる現金給付。
  6. 他の無償の利益または部分的に報酬のある利益の価値。

雇用関係に起因する研究開発活動を行う従業員のすべての売掛金を考慮に入れると、それらは、従業員が研究開発活動に割り当てた時間が所定の総労働時間の一部であるような割合で適格な費用を構成します。月。研究開発活動に費やされる労働時間は、労働時間の記録に基づいて決定されます。

ほかに何か?
「対象となる費用には、語学コースの資金調達、従業員のトレーニング、人事管理スキル、ソフトスキルなどのトレーニングに関連して発生する費用も含める必要があります。[...]研究開発」 (2019年4月16日、0111-KDIB1-3.4010.11.2019.2.BMの国税情報局長の個別の解釈)。

従業員が1か月間勤務しない場合、人件費は、研究開発活動に割り当てられた時間が特定の月の従業員の総労働時間に残っている部分の適格な費用です。

研究開発活動に関連する適格コストとしての材料および原材料のコスト

CIT法の規定によれば、適格な費用には、プロトタイプの製造に使用される材料および原材料(電気、水、ガスを含む)の費用も含まれる場合があります。これは、プロトタイプが後で販売される状況でも同様です。ターゲットとなる顧客。
したがって、対象となる費用は、研究開発活動に直接関連する材料および原材料(電気、水、ガスを含む)の購入です。これにより、試作品の製作に必要なすべての材料と原材料(税控除の対象となる費用)を適格な費用として含めることができます。プロトタイプの作成は、研究開発活動の一環として製造された新製品または変更された製品の検証プロセスを実行するために必要であり、したがって、研究開発プロジェクトを完了するために必要です。これらの材料や原​​材料がなければ研究開発プロジェクトを実施することは不可能であるため、これらの材料と原材料は研究開発活動と直接的な関係があることを認識しておく必要があります。この立場は、以下を含む多数の個別の解釈によって確認されています。 2017年8月2日に国税情報局長が発行した個別の税務判決0111-KDIB1-3.4010.135.2017.1.APO。