研究開発の救済-それは何であり、誰がそれを受ける資格がありますか?

サービス税

現在、経済の発展はその革新性にますます依存しています。イノベーションに投資することで、納税者は税の好みを頼りにすることができます。最も人気のある割引の1つは、いわゆる研究開発の救済。要するに、それは課税ベースから適格な費用を差し引く可能性にあり、それは未払税の削減を意味します。したがって、研究開発の救済に関連してどのような費用を検討できるかについて疑問を抱くことが多い納税者にとって、これは非常に有益です。

研究開発-税法

研究開発活動の定義は税法に含まれています。私たちはそれを芸術に見出します。 4a法人所得税に関するポイント26(以下、CIT法といいます)。その規定によれば、研究開発とは、知識資源を増やし、それらを使用して新しいアプリケーションを作成するために体系的に行われる研究開発を含む創造的な活動を意味します。アートに準拠。 4a CIT法のポイント27では、調査には2つのカテゴリの作業が含まれます。

  • 基礎研究-直接的な商業的適用なしに、主に現象の基礎と観察可能な事実についての新しい知識を得ることを目的とした経験的または理論的研究として理解されています。
  • アプリケーション研究-新しい知識とスキルを習得すること、新しい製品、プロセス、またはサービスを開発すること、またはそれらに大幅な改善を導入することを目的とした作業として理解されます。

ダウンロードする:

pdf
年次確定申告におけるR&D減税-KISパンフレット.pdf説明:手動入力

上記の科学研究の定義と同様に、2018年10月1日以降の開発作業の定義は、高等教育および科学に関する法律を指します。上記の法律の規定は、開発作業が、生産計画および設計のためのITツールまたはソフトウェアを含む、現在利用可能な知識およびスキルの取得、組み合わせ、形成、および使用、ならびに変更、改善、または新規の作成を含む活動であることを示しています。製品、プロセス、またはサービス。ただし、それらが本質的に改善されている場合でも、定期的または定期的な変更を伴うアクティビティは除きます。上記の定義は、既存のサービスの改善にもかかわらず、周期的、すなわち定期的であり、革新的ではない納税者の活動の兆候を排除します。

新しい定義では、IT業界での開発作業の実施に重点が置かれています。これは、開発作業がITツールまたはソフトウェアの分野の知識とスキルに関係していることを直接示しています。

費用は研究開発の救済を計算するための基礎です

アートに準拠。 18d段落。 CIT法第1条では、キャピタルゲイン以外の所得を得る納税者は、アートに従って決定された課税基準から差し引かれます。 18、研究開発で発生した税控除の対象となる費用(以下、適格費用といいます)。控除額は、納税者が課税年度のキャピタルゲイン以外の所得から得た所得額を超えることはできません。上記の規定を考慮して、研究開発の救済を利用したい納税者は、行われた費用が適格な費用に含まれることができるかどうかを確認する必要があります。対象となる支出の種類はアートに記載されています。 18d段落。 CIT法の2-3。 適格な費用は、いかなる形でも納税者に払い戻されていない場合、またはアートに照らして課税所得税ベースから控除されていない場合に控除できます。 18d段落。 CIT法の5。 これは、法人所得税の納税者は、以下の条件が共同で満たされている場合、特定の課税年度に発生した適格な費用を確定申告で控除する権利があることを意味します。

  • 納税者は研究開発活動に費用を負担しました。
  • 研究開発活動の費用は、上記の意味の範囲内で納税者の税控除可能な費用を構成しました法律;
  • 研究開発活動の費用は、アートで指定された適格費用のクローズドカタログに含まれています。 18d段落。 CIT法の2-3;
  • その上税控除の対象となる費用は、法人所得税法の意味の範囲内で適格な費用でした。
  • 課税年度において、許可に基づいて経済特区で事業を行い、許可に基づいて免税所得の計算に納税者が含まない適格費用のみを控除した納税者( 2018年1月1日から有効な法的地位。);
  • 課税年度に第1条で言及されている免税を使用する納税者。 17秒1ポイント34および34a、許可に基づく免税所得の計算に納税者が含まない適格な費用のみを差し引いた(2019年6月30日から有効な法的地位)。
  • アートで参照されているレコードで。 9秒上記の1b。法の中で、納税者は研究開発活動の費用を分離しました。
  • 納税者は、確定申告で適格な控除可能な費用を示しました。
  • 控除された適格費用の額は、法人所得税法で指定された制限を超えていませんでした。
  • 適格な費用は、いかなる形でも納税者に払い戻されていないか、所得税ベースから差し引かれていません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

研究開発作業の委託および研究開発の救済

経済慣行では、納税者は研究開発活動を行うことができる十分なリソースを常に持っているわけではありません。このような状況では、納税者は常に経験、リソース、その他のエンティティを使用したいと思うでしょう。

例1。

特殊な医療機器を製造する起業家は、それを近代化することを決定しました。納税者は、その研究部門が関連する研究を実施することができなかったことを発見しました。それらがなければ、新しい機器を市場に投入することはできません。起業家は、この種の調査を専門とするドイツ(民間団体)の納税者に上記の調査を委託しました。上記の研究は非常に費用がかかります。そのような場合、納税者は研究開発税の軽減を受ける権利がありますか?

アートに照らして。 18d段落。 CIT法の2ポイント3では、救済は、専門家の意見、意見、助言サービス、およびアートで言及されているエンティティによる契約に基づいて提供または実行される同等のサービスのみを対象としています。 7秒高等教育科学法の1ポイント1、2および4-8、2および4-8、ならびに研究開発活動の目的でそのような団体によって実施された科学研究の結果の購入。規定におけるハイフン「およびまた」の使用は、科学ユニットとの契約に基づいて提供されるサービスが、専門知識、意見、助言サービス、および他の同等のサービス、たとえば、研究開発活動のニーズ。科学の資金調達の原則に関する法律の意味の範囲内で、科学ユニット以外のエンティティによって提供または実行される専門知識、意見、助言サービス、および同等のサービスの購入にかかる費用は、適格な費用とは見なされません。私たちの場合、これらのサービスは外国の事業体(民間事業体)から購入されます。つまり、上記の条件を満たしていないため、適格な費用とは見なされません。