意志の宣言の効果の取り消し-どのような状況でそれは可能ですか?

サービス

人があまり意識せずに決定を下すことが起こり、それは彼の興味に反することが判明するかもしれません。多くの場合、これは悲惨な結果になる可能性があり、経済的、個人的、家族的な問題につながります。不適切な行動は、一方の人が他方の無知を利用したり、故意に彼を誤解させたりした結果である可能性があります。また、人が自分自身や親戚の安全を恐れるという要求を満たしたときの脅威の結果である可能性もあります。幸いなことに、立法者はそのような被害者を自分たちだけに残しませんでした-その誤った決定の「撤回」を可能にする機関、いわゆる法的な循環に導入されました意志の宣言の効果の取り消し。

アートのおかげで、意志の宣言の効果を取り消すことができます。民法第88条(以下、民法という)。意識的または自由な意思決定を排除する状態で意思表示を提出する場合(民法第82条)、または明白な行為の結果として(民法第83条)、覚えておく必要があります。 )、それは絶対に無効です。これは、提出時にすでに無効であり、したがって法的効力がないことを意味します。ただし、無効とみなされるために一種の「決定の撤回」を必要とする行動があります。これは、間違い(民法第84条)、欺瞞(民法第86条)、脅迫(民法第87条)の影響下で意思表示が行われた場合です。これはいわゆる相対的無効です。

相対的な無効となる活動は何ですか?

アートに準拠。民法第84条、第86条、および第87条では、誤り、欺瞞(これは誤りの修飾された形式)および脅威の影響下で行われる意志の宣言は、相対的無効の制裁の対象となります。この無効性は、議​​論された状況の1つの影響下で行われた意思表示を撤回(移動)する可能性にあります。したがって、民法は、被害者に、第三者の影響下で行われた意志の宣言の法的結果を回避する権利を与えています。

すべての利害関係者によって報告される可能性のある絶対的な無効とは異なり、資格のある人、つまり意思表示を行った人のみが相対的な無効を呼び出すことができます。さらに、絶対無効の場合とは異なり、相対無効は裁判所によって職権であるとは見なされません。適切な申請書を提出する必要があります。

間違い、欺瞞または脅迫の影響下で行われた意志の宣言の効果の廃止は、欠陥のある宣言を含む法的行為全体を無効にするものとします。

意向宣言の取消しの申請は、どの期限までに提出する必要がありますか?

これらの場合、制限時間は非常に限られているため、資格のある人は、意思表示を取り消すための要求の提出を遅らせるべきではありません。間違い、トリック、または脅威のために下された決定を回避する権利は、1年に限定されていました。厳格です。つまり、有効期限が切れると、取り消す権利が失効します。さらに、この期間は、いかなる法的行為によっても延長または短縮することはできません。 アートに準拠。民法第61条では、意思表示の欠陥による影響の回避の宣言は、内容が読めるように受取人に届いたときに提出されたと見なされます。 誤謬または欺瞞の影響下で宣言が行われた場合、意思表示の法的効果を回避するための制限時間は、それが検出されたとき、または合理的な人が自分が誤りの影響下で行動していることに気付いたときに始まります。法学によれば、誤りについて学ぶことだけが、そのような知識を獲得する可能性ではなく、制限期間の開始をもたらす法的事象と見なされる可能性があります。

一方、脅威が発生した場合、意図の宣言の法的結果を回避するための制限時間は、恐怖の状態が終了したときに実行され始めます。これは、脅威の実行が不可能になったとき、または脅威が実行されたときに発生します。

決定の結果の回避の宣言は誰に向けられるべきですか?

誤謬、欺瞞または脅迫の影響下でなされた意思表示の効果の回避宣言の受取人は、誤った宣言の法的効果が関係する人です。契約の場合、それは常に契約の相手方となりますが、一方的な訴訟の場合、受取人は最初の意思表示が宛てられた人になります。

ただし、利害関係者が契約の相手方だけでなく、とりわけ、当事者の1人が第三者にパフォーマンスを提供することを約束する契約。このような状況では、宣言の法的効力の回避の宣言は、契約の相手方および第三者に提出する必要があります。また、下された決定に直接の受取人がいない場合は、法的効力の回避の宣言を、欠陥のある宣言の有効性に関心のある人に提出する必要があります。 受取人は、必ずしも欠陥のある申告がなされた人であるとは限りません。受取人は、宣言が行われた人の権利と義務を締結した第三者である可能性があります。それは、その人の法的な後継者、または譲渡の結果として請求を取得した人である可能性があります。

意思表示の影響の回避宣言を提出するにはどうすればよいですか?

アートの提供。民法第88条は、宣言の効果の回避の宣言を提出するプロセスを詳細に規制していません。したがって、立法者がそれを策定する自由を残しているので、それを読む必要があります。議論された規定によって提起された唯一の要件は、書面によるフォームを保持する義務です-それは広告の試用フォームとしてのみ予約されていました。

上記は、利害関係者の意図の宣言(書面で行われる場合)が明確に表現されていれば、十分であると見なされるべきであることを意味します。 2010年1月13日の最高裁判所の判決を引用(ファイル参照番号:II CSK 239/09):
「宣言者は特定の単語や式を使用する必要はありません。「私は拒否します」というフレーズを使用するか、宣言の影響を回避する意思を表明することができます。
したがって、問題の権利の行使は、相手方に新しい意思表示を提出することによって行われ、欠陥のある意思表示の法的結果を回避する意図を明確かつしっかりと示します。

重要なことに、取消しの宣言は、それが受取人に届くとすぐに有効になり、その有効性は裁判所の承認を必要としません。 2014年6月5日の判決における最高裁判所(ファイル参照:I PK 311/13)は、次のように明確に述べています。
「裁判所の可能な決定は宣言的性質のものであり、この文脈で最も頻繁にその主題は、意思宣言の効果を回避し、存在を確立した結果としての法的行為の無効を宣言する問題です。権利または法的関係が存在しない。エラー、欺瞞、または脅威の影響下で行われた意志の宣言の法的結果の回避の承認された宣言によって提出した結果は、欠陥のある法的行為の完全な無効であり、もはや検証することはできません。

エラーまたは欺瞞の法的結果の回避の宣言も訴訟で提出される可能性があることを強調する必要があります。ただし、手続文書でそのような陳述を提出することは、訴訟の相手方への訴状の送達時にのみ法的効力を生じ、裁判所に訴状を提出するときではないことを覚えておく必要があります。 資格のある人(相続人など)の法的な後継者は、間違い、欺瞞、または脅迫の影響下で行われた意志の宣言の法的効果を回避することもできます。

意思表示の影響を回避することが不可能なのはいつですか?

上記のように、意思表示の影響を回避する権利を有する者は、1年後に権利を行使することはできません。ただし、アートの時効とは異なります。民法第117条第2項では、資格のある人はこの権利を放棄することはできません。ただし、誤り、欺瞞または脅迫の影響下でなされた宣言の効果を回避する権利を放棄することの禁止は、将来彼の権利を行使しない権利者による効果的なコミットメントの可能性を排除するものではありません。

さらに、アートの提供。民法第88条は、宣言の結果の一部のみを回避し、残りの結果を保持する可能性を規定していません。そのような可能性は、誤り、欺瞞、または脅迫が法的行為の内容の一部の要素にのみ関連している場合でも存在しません。これは、立法者が意思表示の部分的な無効性を規定しなかったことを意味します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

意思表示の効果を覆す-要約

意思決定が誤り、欺瞞、または脅迫によってなされた場合の意思表示の影響を回避することは、所与の行動について受取人に適時に通知されれば可能です。失効の宣言が提出された後、エラー、欺瞞または脅威の影響下で行われた意図の宣言は絶対に無効です。これは、実行されたアクションがその実行時に拘束力を持たず、法的効力を持たないことを意味します。宣言の単なる提出には、書面で提出しなければならないことを除いて、正式な条件はありません。一方、コンテンツは、意思表示の誤りによる法的影響を回避する意図を明確かつ確固たる方法で表現するように、任意に構成することができます。