所得保険-それは費用になる可能性がありますか?

サービス税

事業を営むとき、私たちは収入が私たちの活動に依存するというリスクを冒します。コロナウイルスの時代では、納税者は彼らの活動の運営の中断を考慮しなければなりません。その結果、収益が失われ、流動性が失われる可能性があります。現在、多くの起業家は、上記の結果から身を守りたいと考えて、収入の損失に対する保険に加入しています。

収入を得るための費用

アートに準拠。 22秒個人所得税に関する1991年7月26日の法律の1(以下:PIT法)税控除可能な費用は、アートに記載されている費用を除き、収入を生み出すため、または収入源を維持または確保するために発生する費用です。 。 23。

立法者によって策定された上記の定義は一般的です。したがって、納税者が負担する各費用は、法律で認定するために個別の分析の対象となる必要があります。唯一の例外は、法律が税控除可能な費用のカテゴリーに属することを明確に示している場合、またはこのタイプの費用に含める可能性を除外している場合です。それ以外の場合は、発生した費用と所得の創出、税収を生み出す本当のチャンスとの因果関係の存在、あるいはそれらの取得源の保存や確保を調査する必要があります。

上記を考慮すると、特定のコストを法的に分類するには、発生した目的が不可欠です。費用は、その発生と収入の創出、増加、または可能性との間に因果関係がある場合、税控除の対象となる費用と見なされます。

税控除の対象となる費用と見なされるためには、費用は、上記の規定に従って、次のすべての条件を満たす必要があります。

  • 収入または収入源と因果関係にあり、収入を達成するため、または収入源を維持または確保するために発生すること。

  • 納税者が負担する、つまり最終的にはその財源で賄われる必要があります。

  • それは最終的な(実際の)ものです。つまり、発生した支出の価値は納税者に返還されていません。

  • 収入を獲得、維持、または確保するために発生したか、獲得した収入の額に影響を与える可能性があります。

  • 適切に文書化されています。

  • アートに準拠した費用のグループに含まれない場合があります。 23秒PIT法の1は、税控除の対象とは見なされません。

したがって、要約すると、税控除の対象となる費用はすべて、得られた収入に関連する合理的かつ経済的に正当化される費用であり、その目的は収入源を達成、確保、維持することであり、アートには記載されていません。 PIT法の23(1)。納税者が負担する費用は、その目的、つまり収入の追求という観点から評価する必要があります。

保険契約の定義

保険契約は、1964年4月23日の法律-民法で定義されました。アートに準拠。民法第805条第1項は、保険契約により、保険会社は、その企業の活動の範囲内で、契約に規定された事故が発生した場合に特定の利益を履行することを約束し、保険当事者は以下を行うことを約束します。保険料を支払う。これは、保険会社が特定のイベントの発生リスクに関して被保険者に保護を提供し、その見返りに特定の報酬(保険料)を受け取ることを意味します。アートに準拠。民法第808条第1項では、保険契約者は他人に代わって保険契約を締結することができます。保険の対象を定義する必要がない限り、被保険者を契約書に記載することはできません。一方、第三者賠償責任保険契約を通じて、保険会社は、保険契約者または被保険者が損害賠償責任を負う第三者に生じた損害について、契約で指定された補償を支払うことを約束します(第822条第1項を参照)。民法の)。

個人的な費用

税控除の対象とならない費用の単なる計算は、アートに含まれていない他の費用の推定を作成しないことを思い出してください。 PIT法の23は、法の下で税控除の対象となる費用として認識されます。多くの場合、個人的な費用と企業の費用を区別することは非常に困難です。

例1。

納税者は営業担当者です。ドレスコードはこの職業にとって重要です。その結果、彼は新しいスーツを購入しました。上記の購入は税控除の対象となる費用としてカウントできますか?

この場合、費用は税控除の対象となる費用ではありません。衣類の購入への支出は、職業に関係なく、人の通常の通常のニーズを満たします。また、実行される作業の性質にも依存しません。要約すると、上記の費用は個人的なものであり、収入関連の費用とは見なされません。

収入の損失に対する保険

所得喪失政策を購入する起業家は、それを税控除の対象となる費用として数えることができるかどうか疑問に思います。

例2。

疫学的状況により、自営業の税理士は所得喪失に対する保険に加入することを決定しました。起業家は毎月の保険料を支払います。重要なのは、税理士にのみ適用されることです(従業員は保険の対象外です)。上記の保険料の費用は、税控除の対象となる費用に分類できますか?

唯一のトレーダーとして、仕事の無能力に起因する所得の損失に対する保険契約に基づく保険契約に基づく自己購入費用は、アートの規定を参照して、税控除の対象となる費用として分類することができます。 23秒PIT法の1ポイント57。ただし、この規定に従い、従業員の利益のために締結または更新された契約に対して雇用主が支払った拠出金の一部のみが税控除の対象となる場合があります。ただし、この場合、納税者は従業員に拠出金を支払うのではなく、自分自身に代わって支払います。上記を考慮して、アートの規定。 23秒PIT法の1ポイント57は、購入したポリシーには適用されません。したがって、上記の費用はアートには含まれていません。 PIT法の23。

税理士が購入した保険は、実際には、とりわけ、追加の個人的な経済的安全を提供することを目的としていることを述べておく必要があります。病気や事故の結果として彼の活動を実行することができないため。したがって、この保険は非農業事業活動である収入源を確保することを目的としたものではありません。したがって、上記の支払いにかかる費用保険は、収入源を確保するための費用ではなく、納税者の​​個人的な目的のための費用であり、その目的は、契約で指定された場合に彼の財政状態を悪化させることではありません。

上記を考慮すると、税理士が行う事業の税控除可能な費用として、申請書に示されているポリシーに月額保険料を含めることは不合理です。

上記の立場は、2020年9月14日、番号0114-KDIP3-1.4011.445.2020.1.ECの個別の判決によって確認されています。 「所得喪失保険の購入に関連する支出は個人的な支出であるため、非農業経済活動である収入源にも関連していないことを指摘しておく必要があります。したがって、上記から申請者に支払われた金額保険証券も上記とは関係ありません収入源 "。

結論として、現在人気のある所得損失保険の費用は個人的な費用であり、私たちはそれらを次のように説明することはできません。