起業家の賠償責任保険-それは何を与えますか?

Webサイト

この記事は、起業家が自分のビジネスで賠償責任保険に加入する必要がある場合と、それがそれぞれに適用されるかどうかを示します。メリットが提示されますが、起業家の第三者賠償責任保険のメリットと可能性は何ですか?

起業家はいつ第三者賠償責任保険に加入しなければなりませんか?

アートに準拠。義務保険法の4、保険保証基金およびポーランド自動車保険局、義務保険は次のとおりです。

  1. これらの車両の移動に起因する損害に対する自動車所有者の民事責任の保険。

  2. 農場所有による農民の民事責任保険。

  3. 火災やその他のランダムなイベントに対する農場に含まれる建物の保険。

  4. ポーランド共和国によって批准された別個の法律または国際協定の規定から生じる保険であり、特定の事業体に保険契約を締結する義務を課します。

別の規制に従い、以下の起業家は強制的な第三者賠償責任保険の対象となります。

  • 弁護士;

  • 法律顧問;

  • 公証人;

  • 医師;

  • 医療施設;

  • 医療救助隊のディスパッチャー;

  • 探偵;

  • 保険代理店およびブローカー;

  • アーキテクツ;

  • 会計士;

  • 不動産ブローカー、不動産マネージャー;

  • 不動産鑑定士;

  • 監査役;

  • 弁理士;

  • 裁判所の廷吏;

  • エンジニア;

  • 人と財産の保護を扱う起業家。

とりわけ、職業の数が絶えず増加し、新しい職業が作成されているという事実のために、それは閉じたカタログではありません。したがって、強制的な第三者賠償責任保険は、強制的な保険に関する法律ではなく、別個の法律に基づいて規制されています。これには、この法律の量の大幅な増加とその頻繁な修正が含まれます。 他の起業家は、第三者賠償責任保険を含めることができますが、含める必要はありません。これは、第三者に生じた損害に対する責任の観点から有用です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

起業家の賠償責任保険はあなたに何を与えますか?

起業家の賠償責任保険は、この活動を行った結果として第三者に生じた重大なまたは個人的な損害に対する企業の所有者の民事責任に関係します。

起業家の基本的な賠償責任保険パッケージには、次のものが含まれます。

  1. 不法行為および契約上の責任。たとえば、起業家による過失のない不履行に関連して。

  2. 重大な過失の結果を含む、意図せずに生じた損害に対する責任。

  3. 事故に起因する逸失利益およびその他の損失。ただし、人身傷害または物的損害が保険でカバーされている場合。

  4. 保険期間中に発生した事故に起因する損害に対する責任、負傷者による請求の提出時期は関係ありません-たとえば、事故は補償期間中に2019年9月2日に発生し、請求は保険契約が解消された2021年2月1日に提出された場合、保険会社はとにかく損害の責任を負います。

  5. 鑑定士の費用、司法防衛の費用;

  6. ポーランド共和国の領土外で発生した損害は、出張中に保険会社の従業員によって引き起こされました(米国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアを除く)。

  7. ポーランド共和国の領土外で発生し、ポーランドの領土(米国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアを除く)で購入した製品またはサービスによって消費者に生じた損害。

  8. 以下に基づいて保険の対象者が使用する第三者の不動産への損害。

a)賃貸借契約、

b)賃貸借契約、

c)リース契約

d)またはその他の関連する法的関係。

  1. 保険の対象となる人の下請け業者によって引き起こされた損害。

  2. 契約の不適切な履行に起因する作業またはサービスの履行後に損害が発生した。

  3. 爆発物、花火、削岩機、油圧ハンマー、杭打ち機の作用による損傷。

  4. 強制的な第三者賠償責任保険の対象とならない車両によって引き起こされた損害。

  5. 被保険者の起業家による作業またはサービスの実行中に地下設備または機器に生じた損傷。

これは、起業家が被保険者であるという事実を利用できる非常に幅広い基本パッケージです。これらの損害については責任を負わず、保険会社が責任を負います。 ただし、この責任は無制限ではなく、保険金額によって制限されます。負傷者が起業家に高額を要求し、その要求が受け入れられた場合、保険会社は保険の上限までの金額を支払いますが、残りの金額は保険を超えているため、起業家自身が支払う必要があります。

起業家の追加の賠償責任保険パッケージ

起業家は通常、上記の基本的なOCパッケージをさらに条項で拡張するオプションがあります。それらは、ニーズに応じて、特定の人のためにサービスをパーソナライズすることを目的としています。

これらは、たとえば次のようになります。

  • 雇用者賠償責任保険-起業家の従業員が重大または個人的な損害を被った場合、雇用者に対してこの点に関して請求を行う可能性があります(建設および生産業界で役立つ可能性があります)。

  • 製造物責任保険-製品またはサービスによって引き起こされた損害が第三者に発生した場合の保護を提供します。

  • 不動産テナントの賠償責任保険-賃貸物件での事業活動に起因する損害が発生した場合の保護。

  • そこに保管されているデバイスを保護するために、あらゆる種類の自動車工場、他の業界の修理サービスに不可欠な、処理、清掃、修理、サービスの対象となる動産の民事責任保険。

薬局、美容院、獣医手術など、特定の種類の活動に対して民事責任保険を適用することが可能です。これは、所有者の行為に起因する損害が発生した場合に、所有者の民事責任を保護します。 起業家のための保険は、事業を営む人々が不幸な出来事や予期せぬ事故の場合に彼らが財政的支援を頼りにすることができる一定の自由と財政的安全を感じることを可能にします。保険料を支払うことで、起業家自身ではなく、保険会社による損害に対する第三者の請求を解決するオプションがあります。

大きな損失が発生した場合、会社は破産する可能性さえあり、その結果、破産したと宣言され、清算されなければなりません。

第三者賠償責任保険に加入する必要がなく、非常に小規模な事業活動を行っている起業家は、そのような保険を必要としない可能性があることは明らかです。ただし、いずれの場合も、保険に加入することのメリットと、そのような契約を結ぶ価値があるかどうかを分析する必要があります。それは、各起業家に応じて、個別の問題です。