従業員の一時的な逮捕と再雇用の義務

サービス

雇用主は、選択した従業員と雇用関係を結ぶ権利があります。しかし同時に、彼には雇用と労働条件に関連する問題を規制する多くの義務があります。これには、一時的な逮捕の結果としての退職の影響を受けた従業員を雇用する義務が含まれます。

この原則は立法者によって定義され、その基礎は芸術です。労働法の66。この規定は、雇用主が従業員の過失により通知なしに早期に雇用契約を終了した場合を除き、一時的な逮捕により従業員が欠勤してから3か月後に雇用契約が失効することを規定しています。

規定の性質を保証する

2018年11月7日の最高裁判所の判決、II PK 211/17は、次のように述べています。

「労働法第66条第1項保証の性質の特別な規定です。この規定は、雇用関係の持続性の原則からの逸脱を規定しており、一時的な逮捕のために3か月間欠勤した後に雇用関係が失効することを規定しています。雇用関係の終了は法定で行われ、雇用関係の終了を見つけることを除いて、雇用者が追加の措置を講じる必要はありません。特に、最高裁判所の見解では、この規定の文字通りの文言とその機能的解釈の両方が、一時的な逮捕以外の予防措置の適用のために従業員が欠勤した場合と同様に、その適用を排除している。立法者が雇用関係を終わらせるために他の非隔離の安全対策の十分に長い適用を望むならば、彼は労働法の規定または特定の職業の遂行に関する専門的な語用論に関連する規則を含めるでしょう。

契約日

この規定は、無期限(無期限)に締結された契約および一定期間(固定期間)に締結された契約に適用されます。有期契約に適用するための条件は、一定期間締結された契約が、従業員が職場復帰を報告した時点(無罪判決または刑事手続中止の判決後)に継続することを示しています。

これは、従業員が一時的に逮捕されたために欠勤した3か月の期間が満了したために契約が満了しなかった場合に適用されます-2015年8月12日の最高裁判所の判決、事件番号I PK256 / 14。

従業員の一時的な逮捕-解雇または無罪判決後の雇用関係の再確立

元従業員は、一時的に逮捕された刑事手続が中止された場合、または無罪判決が下された場合、雇用関係を再構築する権利があります。これは、時効または恩赦により刑事手続が中止された場合には適用されません。この規定は、手続きの条件付き中止にも適用されません。

雇用主は、一時的な逮捕により雇用契約が終了したにもかかわらず、決定が確定してから7日以内に職場復帰を報告した場合、従業員を再雇用する義務があります。

期限を超えると、従業員の制御が及ばない理由で期限を超えない限り、雇用主は再雇用を拒否する権利が生じます。

この主題に関する文献によると、従業員は、特に書面で、あらゆる行動を通じて帰国を報告することができますが、ファックス、電子メール、またはテキストメッセージでさえも報告することができます。証拠として、書面による通知を提出することをお勧めします。これにより、紛争が発生した場合に、厳格な7日間の期限を遵守していることを証明できます。

仕事を始める意欲

最高裁判所は、2007年6月5日の判決でIII PK 10/07で、アートで言及されている作業を行う準備ができていると説明しました。労働法の48§1は、事実ではなく合法的な意味を持ちます。したがって、雇用関係を継続する意思の表明は特別な形式を必要としないため、病気のために働くことができないというだけでも、このように仕事を始める準備ができていることを報告する上での障害にはならないことは間違いありません。書面、口頭、またはその他の行動のいずれかによって行われること。雇用主に従業員の意志を十分に示すこと(民法第60条と労働法第300条を併せて)。実際の開始作業は、法的な意味で、それを実行する義務からの従業員の解雇とバランスが取れているため、必要ありません。

再雇用の拒否

雇用主が従業員の再雇用を拒否した場合、雇用主は労働裁判所に上訴する権利があります。従業員が提出する可能性のある請求には、既存の同等の仕事または報酬で雇用関係を確立するための請求が含まれます。 1980年12月19日の決議における最高裁判所IPZP 42/80は、次のように述べた。

「従業員を再雇用する義務は、職場の能力に依存しません。特別な事情がこれを妨げない場合、職場は、原則として以前の報酬条件に対応する、彼の資格と一致する現在の、同等の、または他のポジションで従業員を再雇用する義務があります。」

職場に復帰する前に別の雇用主と雇用を開始した従業員は、通知なしに3日前に通知することにより、復職後7日以内にその雇用主との雇用契約を終了することができます。この方法での契約の終了は、雇用主による通知付きの雇用契約の終了に関連する法律の規定の結果を伴います。

雇用主は、2012年6月19日の最高裁判所の判決II PK 272/11に示されているように、従業員が働く準備ができていると宣言した瞬間から働くことを許可する義務があります。

法的根拠:

1974年6月26日の法律、労働法(Journal of Laws 2019.1040 t。)