大陸法パートナーシップ取引とビジネスパートナー

サービス税

ポーランドの法律に従い、事業活動はさまざまな形で行われる場合があります。さらに、さまざまな法的構造の下でいくつかの活動を遂行することを禁止する規定はありません。その結果、同じ人物が同時に個人事業主を経営し、大陸法パートナーシップのパートナーである可能性があります。この記事では、パートナーとのシビルパ​​ートナーシップ取引がある場合の潜在的な税の影響について説明します。

大陸法パートナーシップの特異性

ただし、前述の事業体間の取引の詳細な分析に進む前に、大陸法パートナーシップの構造を検討する必要があります。

アートに準拠していることに注意してください。民法第860条では、民法パートナーシップ協定により、パートナーは、特に貢献を行うことにより、顕著な方法で行動することにより、共通の経済目標を達成するよう努めることを約束します。さらに、アートに示されているように。民法第863条では、パートナーは、パートナーの共同財産の株式またはこの財産の個々の構成要素の株式を処分することはできません。パートナーシップの間、彼はパートナーの共同財産の分割を主張することはできません。

上記の規定の文脈において、大陸法パートナーシップには法的能力も法人格も持たないことを強調する必要があります。このような会社は独立した法人ではありません。つまり、株主ではなくパートナー自身がすべての権利と義務の対象となります。さらに、独自の個別の資産はありません。それはすべてのパートナーに属していますが、共同所有されています。それは非株主であり、各パートナーは財産全体に対する平等な権利を得る権利があります。

したがって、大陸法パートナーシップは独立した法人ではないため、パートナーはこの属性を持っているため、パートナーの個人事業主と市民パートナーシップの間で締結された取引が、彼自身と締結された契約ではないかどうかという疑問が生じます。

シビルパートナーシップ取引-パートナーとパートナーシップの間で取引を締結することの許容性

まず第一に、民法の規定はパートナーと会社の間の取引を禁止していないことに注意する必要があります。大陸法パートナーシップのパートナーの財産が彼らの私有財産に関連して分離されることも重要かもしれません。すでに述べたように、大陸法パートナーシップには独自の資産はなく、パートナーの所有物ですが、共同所有されています。これは、いかなるパートナーも、大陸法パートナーシップの財産で彼の株を自由に処分することができないことを意味します。



上記の論文を擁護するために、2007年6月20日の最高裁判所の判決V CSK 132/07が最も頻繁に参照され、次のようになっています。

「大陸法パートナーシップを確立する場合、個々のパートナーに属する別々の資産とパートナーシップは互いに並行して機能し(パートナーの共同共通性)、法律はこれらの資産間の財産譲渡を除外しません。そのような譲渡の禁止は、大陸法パートナーシップの本質から、またはより広義には、義務関係の本質から導き出すことはできません。

シビルパートナーシップの資産からそのパートナーシップのパートナーの部分的共有を構成する資産への支出は、この義務関係の性質に反するものではありません。

シビルパートナーシップには法人格はありませんが、シビルパートナーシップを特定のパートナーと同一視することはできず、パートナーシップの利益をそのパートナーの利益と同一視することはできません。大陸法パートナーシップの資産の場合、パートナーの個人資産とは別の資産を扱うことが重要です。」 パートナーの共有によってカバーされる民法パートナーシップの財産の構造を考慮に入れて、パートナーシップのパートナーと彼の個人事業主との間で合意を締結することは許容されます。

この時点で、上記の立場は残念ながら曖昧であり、税務当局の異なる見方に遭遇する可能性があることを強調しておく必要があります。幸いなことに、税務当局がこの種の取引の許容性を確認するような解釈もあります。たとえば、2012年2月23日のポズナンの税務署長の解釈では、番号ILPB1 / 415-1367 / 11-2 / AA、次のように読むことができます。

「個人所得税法の規定は、個々の事業活動を行う同じ自然人がパートナーでもある市民パートナーシップにサービスを提供する、別々の経済主体間の契約を締結する可能性についての制限を規定していません。ただし、このタイプのトランザクションを完了するには、特定の要件が適用されます。

民法パートナーシップのパートナーがパートナーシップにサービスを提供するのと同じ人物であるという単なる事実は、パートナーのサービスの取得にかかる費用を税控除の対象となる費用として含めることを妨げるものではないことを指摘しておく必要があります。彼の個別の個人的な活動の一部として彼によって。経済的」。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

大陸法パートナーシップにおける税控除の対象となる費用

税控除の対象となる費用に関する限り、アートに準拠していることを覚えておく必要があります。 8秒PIT法の第1条および第2条では、各パートナーの市民パートナーシップへの参加から収入と収入を得るための費用の両方が、会社の利益に参加する権利に比例して決定されます。大陸法のパートナーシップは税務上透明です。つまり、各パートナーは、会社が得た収入を、利益の一部を占める範囲で会計処理します。

その結果、大陸法パートナーシップのパートナーが個人事業の一環として商品を販売したり、会社にサービスを提供したりする場合、パートナーシップのコストを決定する方法について疑問が生じます。

この問題は長年にわたってさまざまな方法で取り扱われ、税務当局はさまざまな見解を示してきましたが、最近、この点で税務署の不利な立場が支配的になっていることがわかります。

例として、2018年10月23日の国税情報局長、No。0115-KDIT3.4011.336.2018.1.DPの解釈を引用することができます。

「申請書に記載されている事実の説明は、申請者が個人事業を営んでおり、市民パートナーシップのパートナーであることを示しています。申請者は、個人事業目的で購入した不動産の所有者でもあります。不動産は申請者の固定資産に残ります。問題の物件の倉庫部分は、締結された契約に基づいて、2017年2月からシビルパートナーシップに賃貸されています。申請者は、毎月、事業の一環として会社の家賃のVAT請求書を発行します。

申請書に記載されている事実の説明および適用される法的規制を念頭に置いて、市民パートナーシップのパートナーの1人(申請者)が自分の名前で行われる事業活動の一環として不動産を賃貸する場合は、その旨を記載する必要があります。 、彼がパートナーである市民パートナーシップにとって、費用は一部、不動産をリースしているパートナー(申請者)に起因するものであり、彼の税控除可能な費用を構成するものではありません。 独自の事業を営むパートナーの1つから商品またはサービスを購入する大陸法パートナーシップの場合、税控除の対象となる費用は残りのパートナーのみが認識できます。

例1。

納税者は市民パートナーシップのパートナーであり、同時に個人事業主を運営しています。会社は4人で構成され、各パートナーが25%の株式を所有しています。納税者は自身の活動の一環として、10,000PLN相当の製品を会社に販売しました。このような場合、残りの3つのパートナーはそれぞれ2,500ズウォティの税金費用を認識します。税務当局によって提示された最後の見解によると、会社に商品を販売したパートナーは、会社の収入の決済に2,500ズウォティの費用を考慮に入れることができません。