未完了の取引-法的形態を変更するときに請求書を決済する方法

Webサイト

市場のダイナミクスのために、経済主体はしばしばビジネスの形態を変えることを決定します。たとえば、資本会社に転換することの利点の1つは、株主グループを拡大したり、株式資本を増やしたりできることです。事業活動の形態の変化は、少なくとも理論的には、新しい事業体への権利と義務の移転につながる一連の出来事を引き起こします。では、既存の契約の継続についてはどうでしょうか。変換前に起業家によって発行された請求書を修正する必要がある場合、どのような手順を実行しますか?この記事では、保留中のトランザクションとビジネスフォームの変換について説明します。

権利と義務の継承-一般原則

アートに準拠。商事会社法の5842§1、変換された会社(つまり、この場合は有限責任会社)は、変換された起業家のすべての権利と義務を有するものとします。これは、有限責任会社が法律または許可、譲歩、または救済の付与に関する決定に別段の定めがない限り、変革の前に起業家に付与された、変革の日にすべての許可、譲歩、および譲歩の対象となります。したがって、有限責任会社新しい決定を得るために管轄の州当局に申請する義務はありません。また、貴重な時間の損失や一時的なシャットダウンの可能性だけでなく、追加のコストも発生します。

アートに準拠。自然人である起業家の変容の結果として設立された単一株式資本会社である税法の93a§4は、実施された経済活動に関連する変容した起業家の法律の税法の規定を締結します。資本会社の課税を管理する規定の下で継続することができないそれらの権利の例外。 アートの下での継承の目的。税法の93a§4は、とりわけ、自然人がこれまで行ってきた事業活動を可能な限り円滑に継続すること。 2016年2月18日の判決で表明された、ポズナンの地方行政裁判所の意見では、参考文献を提出してください。 I SA / Po 1459/15、

「記事に基づく。税法の93a§4、変革の場合、会社は、実施された事業活動に関連する税法に規定されている変革された起業家の法律を締結します。ただし、根拠に基づいて継続できない権利は除きます。企業の課税を管理する規定の。したがって、義務は含まれず、権利のみが含まれるため、完全な税の継承ではありません。したがって、個人事業主に変身した起業家の権利と義務を締結する問題は具体的です。したがって、立法者は、他の商法事業体の場合と同じ条件で、すなわち、完全な(権利と義務)と自動承継の両方を認めることによって、税務当局による決定を必要とせずに、会社を後継者として認めることを決定しませんでした」。

納税義務の責任の問題はアートで解決されます。税法の112b。この規定の規定に従い、自然人である起業家の変容の結果として設立された個人事業会社は、実施された事業に関連する起業家の滞納金について、その自然人とのすべての資産と共同で個別に責任を負います。変革の日までに発生する活動。

以上のことから、自然人である起業家の変容の結果として設立された個人事業会社は、実施された経済活動に関連する変容した起業家の権利を締結することを考慮すべきである。一方、滞納に対する第三者の責任は、自然人の義務を引き受けることを構成するものではありません。自然人は、事業活動の一環として変容したにもかかわらず、依然として存在し、他の活動のための商品やサービスに対する税の納税者であるという事実を見失わないことも重要です。

したがって、権利の承継は自動的に行われますが、納税義務の発行には、アートで言及されている関連する決定が必要です。税法の109§1。

超過VATの払い戻し

上記の税法の法規制は、自然人である起業家を変容させる法的手続きの結果として設立された有限責任会社が税法の分野におけるその権利の後継者となることを規定しています。

したがって、承継の対象は、変容した起業家の負債や滞納に対する責任ではなく、彼の権利です。

アートに準拠。 87秒付加価値税法第1条では、決済期間の仮払消費税額が納税額よりも多い場合、納税者はこの差額により次の期間の納税額を減額するか、差額を銀行口座。

上記の文字通りの内容この規定は、仮払消費税の控除は権利であり、納税義務ではないことを示しています。このため、自然人である起業家の前回の申告に記載された期間に、JPK_V7の納税額を超える仮払消費税額が超過した場合、申請者はその剰余金を清算する権利を有します。 2013年1月2日に設立された資本会社が提出した宣言の中で、企業の申請者がこの会社に変身した結果として。

例1。

2021年3月25日、アクティブなVAT納税者であるJan Kowalskiは、1人の有限責任会社に変身しました。 2021年3月のJPK_V7ファイル(つまり、2021年3月1日から2021年3月24日までの期間)で、JanKowalskiは正当なVATを超える入力VATを示しました。 2021年3月25日から2021年3月31日までの期間、変換された会社のJPK_V7ファイルの入力VATの量が増加します。 Jan Kowalskiは、変身した起業家として、最後に提出したJPK_V7ファイルから生じたVAT剰余金の払い戻しを申請する必要はありません。これは、変身した会社として機能する最初のJPKファイルで決済できるためです。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

未完了のトランザクション-起業家の変革と請求書の修正

さらに、変革された会社は、アートから直接生じた修正請求書を発行する権利を有します。 VAT法の106k。それらが元の文書を修正することを目的とした特定の種類の請求書であることは間違いありません。

税法に基づき、個人事業主の資本会社への転換に起因する権利と義務は、上記によって規制されています。アートの提供。税法の93a§4。これは、税法で定められた権利を締結した会社が、この修正によって申請者に滞納が生じない場合、変換前に発行された請求書に修正請求書を発行する可能性に関しても、申請者の後継者となることを意味します。 。修正請求書は次の原因となる可能性があります。

  1. 売上高と納税額の減少、
  2. 売上高の価値と納税額を増やす。

販売された商品の価値の増減が新しい事実、つまり請求書の発行時に予測できなかった事実を構成するかどうかを確認することが不可欠です。転換前の起業家の納税義務の日に発生した事情により訂正請求書が発行された場合、起業家は納税義務が発生した期間の売却およびJPK_V7を訂正する必要があります。

前述のアートの規定の特別な規制のため。税法の93a§4では、変容した起業家は、納税義務が発生した期間に支払われるべき税金を決済して支払う義務があります。ただし、最初の販売後に発生した状況により修正請求書が発行される場合は、継続的に決済し、発行日の販売台帳および現在の決済期間のJPK_V7に含める必要があります。そのような場合、変容した会社はそのような請求書を発行して決済する義務があります。

この場合、変換された会社は、商品またはサービスの購入者が所定の会計期間の税申告書の提出期限までに発行された修正請求書により、課税ベースを削減する権利があります。請求書の訂正、請求書が発行された商品またはサービスの購入者による請求書の訂正の受領の確認、およびサプライヤーからの訂正の請求書の受領期間中の課税ベースの増加を受け取りました。上記の立場は、2018年1月10日の個別判決において国税情報局長によって完全に承認されています。

原則として、変革された会社は、滞納を生じさせない調整のために請求書を修正する場合があります。

例2。
JanKowalskiはスポーツウェアの販売に積極的でした。彼はそれを個人事業の有限責任会社に変えることに決めました。変革された起業家のビジネスの特異性は、購入と販売の両方のシーズン後の商品を受け入れて返品する必要性を伴います。これは、修正請求書の発行(販売の場合)またはそのような文書の受信(購入の場合)に関連しています。変容の場合、商品を返品/回収する権利/義務は、税の後継者である変身した会社によって実行されます。これにより、修正されたアクティビティを実行するエンティティ(変換された起業家)と、修正の基礎となるアクティビティを実行し、その時点で動作するエンティティ(変換された会社)との間に不一致が生じます。税の後継者として変身した会社は、VATの還付または支払いを受ける権利があります。企業の変革とは、変革日以降、課税ベースを増減する修正請求書を発行する必要がある場合、変革された会社は修正請求書を発行し、このアカウントでVATを決済する義務があることを意味します。

起業家の有限責任会社への転換それには確かに多くの利点があります。変換されたエンティティの基本的な義務について覚えておく価値があります。原則として、変革は現在の活動の厳格な継続に関連しています。そのため、税の承継から生じる基本的な権利と義務についての適切な知識が非常に重要です。提示されたメカニズムのいくつかの知識は確かにあなたが税務監査を回避し、会計帳簿の完全な透明性を確保することを可能にします。