チェーン取引-決済の変更はどうなりますか? (パート2)

サービス税

チェーン取引における移動可能および移動不可能な配達の識別は、商品の輸出または商品のコミュニティ内供給の場合に、減額された0%VAT率の認識と適用を決定します。
チェーン取引のさまざまな部分への不適切な課税の影響は多くの問題を引き起こす可能性があり、その解決策は税務当局によって要求されます。したがって、チェーン取引のポーランドの部分の適切な課税を容易にする可能性のあるいくつかのタイプのチェーン取引の変更について知っておく価値があります。

既存のルールの下でチェーントランザクションで発生するエクスポートとインポート

EU理事会に対して企業から多くの疑問が表明されたにもかかわらず、商品の供給の1つが商品の輸出入であるチェーン取引における可動および不動の供給の識別と課税は変更されないままであることが最終的に決定されました。

したがって、この側面での商品の正しい配達場所の認識は、いかなる形でも変わることはありません。したがって、アートを使用します。 22秒VAT法の2では、ポーランドの納税者は引き続き配達(動産または不動)を特定し、これに基づいて0%のVAT率を適用する権利を決定します。

一方、ある加盟国の領土から別の加盟国の領土に商品を移動するチェーン取引の場合、移動可能および不動の配達の認識に変化が生じます。

チェーン取引-EU加盟国の参加によりモバイル配信の識別にどのような変更が発生するか

新しいアート。 22秒VAT法の2aは、加盟国間の商品の輸送状況を規制します。ただし、このレシピの目新しさは、いわゆる仲介エンティティ。

新しいアートの下で。 22秒VAT法の2cでは、仲介エンティティは、自分で、または彼に代わって行動する第三者の助けを借りて商品を輸送または出荷する最初のサプライヤー以外の商品のサプライヤーになります。

チェーントランザクションのこのバリアントの場合、複数のエンティティが同じ商品を配送し、最初のエンティティがチェーントランザクションの最後の購入者に商品をリリースし、商品が1つのEUの領域から輸送または出荷されます。国から別のEU諸国へ。

修正された規定は、議論された状況において、同じ商品の出荷または輸送が仲介事業体のために行われた配達にのみ割り当てられることを正確に指定しています。

チェーントランザクションのこの詳細における特定の商品の輸送または出荷は常にそれに割り当てられるため、仲介エンティティの適切なローカリゼーションは基本的に重要です。

移動可能な配信を割り当てるという原則を追加する

2020年1月から、立法者はいわゆる移動可能な配送は、仲介エンティティに対して行われたトランザクションにのみ起因するという推定原則。

したがって、商品がチェーントランザクションの最初のエンティティから最後の購入者にリリースされる場合(商品が1つのEU諸国から別のEU諸国に輸送または出荷されると仮定)、移動可能な配送は仲介業者への配送を構成します。実在物。

ただし、輸送を手配する事業体が仲介業者以外である場合、移動可能な配達に起因する上記の推定は除外されることを強調する必要があります。次に、商品の輸送または出荷を誰が手配するかに応じて、モバイル配信が割り当てられます。

例1

ポーランドの納税者Xは、スペインのエンティティZに商品を販売するドイツのエンティティYに商品を供給します。仲介エンティティが最初のエンティティではないと仮定すると、この場合はドイツのエンティティYになります。

したがって、輸送、出荷の割り当てはドイツのエンティティYに適切です。したがって、モバイル配信はポーランドのエンティティXからドイツのエンティティYに発生し、ポーランドのエンティティはこのトランザクションをICSとして示し、エンティティYは次のように表示します。受信者エンティティZのEU加盟国でのWNTトランザクション。

仲介事業体Yは、受取人ZのEU加盟国でVAT-EUに登録し、商品のコミュニティ内取得を決済するとともに、受取人Zの国で国内として固定配達を示す義務があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

仲介事業体は、EU取引の識別番号をサプライヤーに提供するものとします。

新しい芸術で。 22秒VAT法の2bでは、特定の例外が導入されました。つまり、仲介エンティティがVAT-EU番号(商品の輸送または出荷元のEU国によって発行された)を商品のサプライヤーに転送して、商品の特定の配送と同時に、中間エンティティに関して出荷または輸送が割り当てられます。

例2

ポーランドの納税者Aは、商品をフランスの事業体Bに配達し、フランスの事業体Bはオーストリアの事業体Cに販売します。仲介事業体が最初の事業体ではないと仮定すると、この場合はフランスの事業体Bになります。したがって、輸送、出荷の割り当てフランスのエンティティBに適しています。

上記の規則に従い、フランスの事業体Bは、ポーランドの納税者にポーランドで割り当てられたVAT-EU番号を提供したと推定されます。

したがって、ポーランドの納税者はフランスの事業体Bの国内取引を示しており、この供給は不動として分類されます。

一方、フランスのエンティティBは、オーストリアのエンティティCにコミュニティ内の供給を表示し、この供給は移動配信として分類されます。

次に、オーストリアのバイヤーCは彼の国でWNTを決済します。

最後に、4つ以上のEUエンティティがチェーントランザクションに参加する場合があることを付け加える価値があります。したがって、中間エンティティがチェーントランザクションの最初のエンティティまたは最後のエンティティになることができない場合、4つのエンティティを使用すると、2番目のエンティティまたは3番目のエンティティのいずれかになります。それらのどれが最終的に仲介エンティティになるかは、特定のチェーントランザクションに参加しているエンティティ間で締結された契約の条項に大きく依存します。

暫定規定

チェーン取引に参加する納税者は、2020年1月1日より前に輸送が開始され、2019年12月31日以降に購入者に配達された商品に関して、これまでに施行された規制を決済および課税に適用します。この側面の決定要因そのため、問題の商品の輸送または出荷が開始される瞬間です。