VAT還付の制限時間-知っておく価値があります

サービス税

納税額を超える仮払消費税の余剰がある納税者は、確定申告の日付を決定することができます(VAT法第87条(1)に従って)。ただし、この決定は慎重に検討する必要があります。納税者は、納税額が仮払消費税よりも高くなることが判明する可能性があるため、今後数か月の和解がどのようになるかを考慮する必要があります。剰余金の一部のみを返還することも可能であり、残りは送金金額として表示することができます。 VAT還付の期限を確認してください。

VAT還付の期限-60日

VAT還付の基本的な期限は、購入の種類や販売された商品やサービスの税率に関係なく、決済の提出日から60日です。さらに、この用語には、適切な申請書を提出した後、海外でサービスや商品の配送を提供するが、ポーランドでは課税対象の販売を行わない人も含まれます。ただし、この用語は、特定の期間に課税対象の活動を行わなかった納税者には適用されません。

短い返品期間-25日

アートに準拠した納税者。 87秒2004年3月11日のVAT法の6では、関連する条件を満たすと、納税額を超える超過投入税の早期払い戻しが申請される場合があります。請求書の提出日から25日です。

ただし、2017年以降、PIT法の改正により追加の条件が導入されたため、納税者がVATの還付を短期間で申請することがより困難になっていることを強調しておく必要があります。満たす必要のある条件は次のとおりです。

  • 税申告書に示されている仮払消費税の金額は、前の期間からの購入に対するVAT余剰の移転額を除いて、次の結果になります。

    • 国の領土に設立された銀行の納税者の銀行口座または彼がメンバーである協同貯蓄信用組合の納税者の口座を介して全額支払われた債権の金額を文書化した請求書。別の規制で、

    • 銀行振込で支払われたもの以外の、売掛金の合計額が15,000 PLNを超えない場合の、売掛金を記録した請求書。

    • 税関書類、輸入申告、およびアートで言及されている決定。 33段落2と3と記事。 34そして納税者によって支払われました、

    • アートに従って会計処理された商品の輸入。 33a、コミュニティ内での商品の取得、納税者が受取人であるサービスの提供、または顧客が納税者である商品の供給(納税申告書にこれらの取引の納税額が示されている場合)、

  • 前の会計期間に決済されておらず、申告書に示されている仮払消費税額または仮払消費税の超過額は、3,000PLNを超えない。

  • 納税者は、納税者の​​銀行口座または協同組合の貯蓄信用組合の納税者の口座を介して、納税を確認する書類を税務署に提出します。

  • 納税者が25日以内に払い戻しを申請する期間の直前の次の12か月の納税者:

    • アクティブなVAT納税者として登録されました。

    • 会計期間ごとに提出された宣言。

請求書の訂正とより短い返品期間

請求書の訂正は、納税者がそれらが必要かどうかを予測することができないため、より短い返品期間の権利に影響を与えません。修正請求書は、受領した期間に決済する必要があります。

補償とより短い返品期間

請求書が補償によって支払われた場合、税務当局は25日以内の払い戻しを許可しません。カトヴィツェの税務署長が2015年6月12日の個別解釈で主張しているように、参照番号。 IBPP2 / 4512-272 / 15 / WN:

(...) なお、申告書に記載されている仮払消費税額が、取引を記載した請求書の結果である場合は、早期払い戻しの申請を行うことにより、相互請求(補償)を差し引いて決済します。請求書の提出日から25日以内に、VATの差額(これらの請求書に起因する)の払い戻しを受ける権利があります。これは、相互債権を相殺することによる請求書の決済がアートの規定を満たしていないためです。 87秒法の6ポイント1であり、納税額を超える仮払消費税が発生した場合、それは上記の還付を申請する根拠とはなりません。早期の余剰。

延長された返品期間-180日

国内または国外で事業を営む納税者で、特定の会計期間に課税対象の活動を行わなかった場合は、アートに従って権利が与えられます。 87秒VAT法の5a、180日以内にVAT還付を指示する権利。これは、納税者が特定の会計月に課税対象の活動を行わず、購入が仮払消費税を控除する資格のある課税対象の活動に関連している場合に発生します。ただし、この目的のために、申請書は申告とともに提出する必要があります。または、次の請求期間に決済するために仮払消費税を転送することもできます。

アート87秒VAT法の5a:

納税者がその国の領土で課税される課税期間中の活動および第1条に記載されている活動を行っていない場合。 86秒8ポイント1、納税者は、納税申告書と一緒に提出された意欲的な要求に応じて、国の領域内またはこの領域外で実行された事業活動に関連して支払われるべき税から控除可能な仮払消費税の金額を返す権利があります。アートの対象となる、納税申告書の提出日から180日以内。 86秒19.納税者の書面による要請に応じて、納税者が財産担保を税務署に提出した場合、税務署は最初の文に記載されている払い戻しを60日以内に行うものとします。パラグラフ1の規定。 2、2番目と3番目の文、パラ。 2a-2cおよび秒。 4a-4fはそれに応じて適用されるものとします。

また、課税対象の売却がない場合、納税者は60日以内に税金の還付を申請することができます。ただし、その前に、還付申請額に応じた額の財産担保を税務署に提出しなければなりません。その後、確定申告日から180日が経過した翌日に財産担保が解除されます。納税者は、返還日の13日前に不動産担保を提出することもできます。その場合、保証日から14日以内に返金が行われます。

返品期間が無期限に延長されました

アートの提供に従います。 87秒法第2条により、税務署長はVAT還付の期限を延長することができます。これは、納税者の​​申告の有効性に追加の検証が必要な場合に発生します。検証は、税務条例の規定に基づく検査活動、税務調査または税務手続、および財政検査の規定に基づく検査手続の一部として実施されます。チェック活動の正確な完了日は決してわかりませんが、税務当局は納税者に少なくとも指示日を提供する義務があります。