建設サービスの請求書の発行期限-請求書を発行する時期は?

サービス税

事業活動を行う別の事業体に販売するすべての起業家は、取引を適切に文書化する、つまり請求書を発行する義務があります。書類発行の詳細な規則と期限は、VAT法によって規制されています。ルールはすべてのトランザクションで同じですか、それとも例外がありますか?建設サービスの請求日を確認します。

請求書を発行する義務-それは誰に適用されますか?

各販売納税者は、取引を文書化する必要があります。受信者が誰であるかによって、ドキュメントは異なります。事業を営んでいない自然人の場合や定額農民の場合は、原則として財政上の領収書となります。ただし、購入者が事業活動を行う事業体である場合、請求書は取引の終了を確認する文書になります。 アート106b。 1.VAT法の
「納税者は、以下を文書化した請求書を発行する義務があります。
1)商品の販売、配送、およびアートで言及されているサービスの提供。 106a、ポイント2、税、付加価値税、または同様の性質の税の別の納税者の利益のために、または非課税の法人の利益のために彼によって作成されたもの。
2)その国の領土からの通信販売およびその国の領土内のポイント1に示されたもの以外の事業体への通信販売の販売。
3)ポイント1に示されていない事業​​体への商品のコミュニティ内供給。
4)ポイント1および2で言及されている活動を実行する前に、支払いの全部または一部を彼が受け取る。ただし、支払いが、アートに従って納税義務が発生する商品または活動のコミュニティ内供給に関する場合を除く。 。 19a段落。 5ポイント4 "。 したがって、事業活動を行っている別の納税者に売却する各納税者は、その事業体が国内に恒久的な事業所を持っていなくても、請求書を発行する義務があります。

さらに、納税者は、商品またはサービスの購入時に会計領収書を受け取った非事業体からそのような要求があった場合にも請求書を発行する必要があります。 2020年1月以降、領収書に購入者の納税者番号(NIP)が含まれている場合にのみ、領収書の請求書を発行できます。詳細については、次の記事を参照してください。領収書の購入者のNIP番号と領収書の請求書-知っておく価値があります。

請求書の発行日-一般規則

アートに準拠。 106i段落。 1、納税者は、商品またはサービスが配達された月の翌月の15日までに請求書を発行する必要があります。将来の商品の配達またはサービスの実行に対して前払いを受け取った納税者にも同じ期限が適用されます。また、一部または全部を受け取った月の翌月の15日までに前払い請求書を発行する義務があります。支払いの。 前払いの受領とサービスの実行または商品のリリースが同じ月に行われた場合、納税者は前払いの請求書を発行してから最終的な請求書を発行する義務はありません。このトランザクションは、1つの請求書で文書化できます。それでも、翌月の15日まで適用されます。 例1。

Artur氏は、個人事業主であり、自動車の充電器を販売しています。 2021年1月、彼は700台の充電器をABC社に販売しました。 Artur氏はいつ売却を記録した請求書を発行する必要がありますか?

Artur氏が1月に商品を販売した場合、販売を文書化した請求書は、販売の翌月の15日、つまり2月15日までに発行する必要があります。

請求書が以前の領収書に対して発行された場合、発行日は2つあります。

  • リクエストがその月の終わりまでに提出された場合、販売が行われた月の翌月の15日まで。
  • 販売月の翌月にリクエストが送信された場合は、リクエストの送信日から15日以内。

建設サービスの請求書の発行期限

売却を記録した請求書の発行に関する一般的な規則とは別に、いくつかの特別な場合もあります。アートに準拠。 106i段落。 VAT法の3では、請求書の発行期限は次のとおりです。

  • サービスの実施日から30日目まで-建設サービスまたは建設および組立サービスの場合;
  • 商品の発行日から60日目まで-本の配達の場合(PKWiU ex 58.11.1)-ただし、これは地図やリーフレット、雑誌、新聞、雑誌、印刷物には適用されません( PKWiU ex58.13.1およびPKWiUex 58.14.1);
  • 本の印刷からなる活動を行った日から90日目まで(PKWiU ex 58.11.1)-ただし、これは地図やリーフレット、雑誌、雑誌、新聞(PKWiU ex58.13.1およびPKWiU ex 58.14.1)、Artが対象とするサービスを除く。 28B、これはサービスの輸入です。
  • 支払い期限の満了時-電気、熱または冷却、ラインガスの供給、およびレンタル、リース、リースサービスの提供。電気通信サービス;恒久的な法律およびオフィスサービス。熱、冷却、電気、ラインガスの分配。人を保護するためのサービスおよび財産の保護、監督および保管のためのサービス、ならびに項目に記載されているサービス法の付属書3の24-37、50および51。

上記の付加価値税法の規定により、事業活動の一環として建設サービスまたは建設組立サービスを提供する納税者の場合、請求書の発行義務は履行日から30日で失効します。このサービスの。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例2。

個人事業主のマグダレナさんは、事業の一環として他の会社にオフィススペースの塗装サービスを提供しました。サービスは2021年1月10日に行われました。マグダレナはいつ請求書を発行する必要がありますか?

建設、建設、組立サービスの場合、請求書を発行する特別な瞬間があるため、マグダレナ女史はサービスから30日以内に請求書を発行する必要があります。したがって、請求書は遅くとも2021年2月9日までに発行する必要があります。

2019年11月、国内逆請求の適用に関する規定の改正が発効しました。このメカニズムは、義務的な分割支払いに置き換えられました。ただし、変更は建設サービスの請求日に影響しませんが、請求書には新しい要素が含まれている可能性があります。これについては、記事「必須の分割支払い-どのように機能し、誰に適用されますか?」で読むことができます。

要約すると、建設サービスの請求書発行日は、VAT法の規定によって定められています。それにもかかわらず、これは販売を文書化する請求書を発行するための特別な期限の1つであり、納税者はこの販売を適切に文書化することを忘れないでください。