公証人の手数料、つまり公証人にいくら支払う必要がありますか?

サービス

公証人は、彼が作成した書類の料金を支払わなければなりません。それは公証人料金と呼ばれます。その最大の高さは規則で指定されています。公証人を訪問する前に、公証人の料金がいくらになるか、および公証人の事務所で支払わなければならないその他の料金を決定することは価値があります。公証人の報酬額は、規制が最大額を超える報酬の徴収のみを禁止しているため、交渉することができます。

公証人の手数料とは何ですか?

公証人の料金は、公証人の仕事に対する報酬であり、特定の公証人の行為の準備と履行です。

公証人の手数料の額は公証人と合意することができます。特定の場合の公証人の手数料の額を決定するものは何ですか?

  • 公証人の手数料の最大額は規則で指定されています-公証人は最大額を超えて請求することはできません。それらについては後で書きます。

  • 最大料金よりも低い料金で公証人との約束をすることができます。交渉中、公証人は、とりわけ時間のかかる文書の準備、ケースの複雑さのレベル、そのタイプを考慮に入れてください。

公証人の手数料の最大額は、公証人の手数料の最大額に関する2004年6月28日の法務大臣の規則で規制されています。

公証人税とVAT

公証人は公証人の手数料にVAT(23%)を追加することを覚えておく必要があります。したがって、公証人の訪問に関連して支払う必要のある料金の金額を決定するときは、オフィスで提供される金額が正味金額(VATを除く)であるか総額(VATを含む)であるかを指定する価値があります。 )。

VATは公証人の手数料にのみ追加されます。公証人が徴収し、公証人が事務所や裁判所に全額送金する訴訟費用や税金には加算されません。

23%-公証人手数料のVAT

税額は交渉できますか?

公証人を訪問する前に、公証人の料金が最大額(規則で指定されている)より低く設定されていない場合、公証人はおそらく最大料金を請求します。原則として、文書の署名を手配する前に、公証人はクライアントに公証証書の草案を送信し、それに請求される料金を入力します。


より低い公証人料金を交渉したい場合は、公証人に書類の作成を依頼するときにそれを行うのが最善です。また、いくつかの公証人事務所に、特定の公証証書を作成するための費用を尋ねることもできます。公証人事務所も顧客をめぐって競争し、しばしば彼らの給料を下げることをいとわない。

公証人が請求するその他の料金はいくらですか?

公証人の訪問の準備をするときは、公証人の料金(公証人の給与)の金額だけでなく、公証人が請求しなければならないその他の料金も決定する必要があります。それらは例えば不動産売却契約の場合の民法取引に対する税金、寄付税、土地および住宅ローンの登録簿に申請書を入力するための料金。

これらの料金の金額は交渉可能ではなく、公証人がそれを徴収する必要があります。支払いは、公証人の証書を読んで署名した直後に行う必要があります。したがって、公証人を訪問する前に、発生する必要のあるすべての費用について公証人から情報を入手する必要があります。

公証人でカードで支払うことはできますか?

公証人がカード支払いを受け入れることを妨げる法律はありません。それでも、公証人事務所での主な支払い方法は現金であり、それほど頻繁ではありませんが、送金です。したがって、公証人を選ぶときは、支払い方法も決定する必要があります。これにより、カード決済に慣れていて、現金を持っていなかった人々の厄介な状況を回避できます。

一部の公証人事務所はカード決済を受け付けています。ただし、通常はいくつかの制限が適用されます。たとえば、カードで公証人の手数料(VAT付きの公証人税)のみを支払うことができます。別の慣行は、公証人が請求する税金と裁判所手数料(公証人が事務所や裁判所に転送する必要がある)に対してもカード支払いを許可することですが、法律事務所がカードによる支払いをオペレーターに支払う必要がある手数料を追加します誰が取引を決済するか。この手数料は、クライアントが公証人に現金で支払うことになっていることがあります。

公証人を訪問する前に、公証人事務所にすべての料金の金額と支払い方法について合意する価値があります

最大公証人手数料

公証人の手数料の最高額は、値に応じて、公証人の活動の対象となります。

  1. 最大3,000ズウォティ-100ズウォティ;

  2. PLN3,000を超えてPLN10,000-PLN 100 + PLN 3,000を超える余剰の3%。

  3. PLN10,000を超えるからPLN30,000まで-PLN310 + PLN 10,000を超える剰余金の2%。

  4. PLN30,000を超えてPLN60,000-PLN 710 + PLN 30,000を超える余剰の1%。

  5. PLN60,000を超えてPLN1,000,000-PLN 1,010 + PLN 60,000を超える余剰の0.4%;

  6. PLN1,000,000を超えてPLN2,000,000-PLN 4,770 + PLN 1,000,000を超える余剰の0.2%;

  7. PLN2,000,000を超える-PLN6,770 + PLN 2,000,000を超える余剰の0.25%、ただしPLN10,000以下。相続税および寄付税に関する法律の意味の範囲内で税グループIに含まれる個人間の取引の場合、最大公証人手数料はPLN7,500以下です。

人気のある契約の料金の半分

多くの人気のある契約の場合、公証人は最大料金の半分以上を請求することができないため、公証人の料金は低くなります。これは、たとえば、次の場合に適用されます。

  • 住宅用地の売却契約

  • 予備契約

  • 予備契約の履行における所有権の譲渡または永久用益権のための契約

  • 開発契約

  • 開発者契約の履行を含め、住居の個別の所有権を確立し、この施設の所有権を購入者に譲渡する契約

  • アパートへの協同組合所有権、事業所への協同組合権、住宅協同組合における一戸建て住宅への権利の売却に関する合意

  • 国庫の農業用不動産ストックからの不動産売却契約

  • 国庫または地方自治体からの価格割引付き住宅の売買契約

金額の最大賭け金

公証人の料金は、実行された活動の主題の価値(例えば、契約の価値)に常に依存するわけではありません。以下の証書の作成のための最大公証人料金は次のとおりです。

  • 婚前契約(intercyza):PLN 400

  • 最後の意志:50ズウォティ

  • 予約株式に対する権利のある権利の通常の遺贈、指示、または剥奪を含む遺言-PLN 150;

  • 証明の遺産が含まれます-PLN200;

  • 遺言の取り消し-PLN30;

  • 成年後見制度-1つの活動PLN30を実行する一方、複数の活動を実行する許可を含む活動の場合-PLN 100;

  • 遺伝の受諾または拒否の宣言-PLN50;

  • 法定または遺言信託の証明書-PLN50

  • 債権回収条項付きの遺言信託の証明書-PLN100。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

証明書と公証人の手数料の準備

公証人は、署名の信憑性などの証明書を作成して、コピーが元の文書に準拠していることを証明することもできます。

認定の最大レート:

  • 手書きの署名(または読み書きができない、または書くことができない人の指紋):

    • 文書について、項目に金額が記されている場合-文書が公証証書の形式で作成された場合に支払われる最大レートの1/10であるが、PLN300以下の場合

    • 成年後見制度およびその他の文書について-PLN20;

  • 各ページについて、提示された文書への抜粋の準拠-PLN 6;

  • 各ページのドキュメントの提示時間-PLN6;

抽出、コピー、抽出

公証証書またはその他の文書を作成するための公証人の手数料に加えて、公証人の証書からの抜粋、コピー、または抜粋の支払いも必要であることも覚えておく必要があります。

最大レートは、開始ページごとにPLN6とVATです。ページは25行以上のテキストと見なされます。