個別の固定資産としての建物内のシステムと設備

Webサイト

多くの会社は、会社が稼いだ利益のために購入した自分のアパートを誇りに思うことができます。物件の安全確保と快適性の向上を図るため、各種システムや設備を設置しています。問題は、そのような経費を会社のコストに正しく取り込もうとしたときに始まります。建物に設置されたシステムや設備が固定資産の改善として扱われるのか、それとも別個の固定資産として扱われるのかという疑問が生じます。あなたは記事で答えを見つけるでしょう。

資産

最初に、固定資産の定義を引用する必要があります。これは、次の3つの行為に含まれています。

  • 1994年9月29日の会計法、

  • 1992年2月15日の法人所得税法

  • 1991年7月26日の個人所得税法。

固定資産は、次の5つの条件を満たす資産です。

  • 納税者が所有または共同所有している、

  • 独自に購入または製造された、

  • 使用が承認された日に、完全で使用に適していました。

  • 使用期間が1年以上、

  • 実施された活動に関連するニーズに使用されるか、リース、レンタル、またはリース契約に基づいて使用されます。

固定資産としての建物内のシステムと設備

建物へのシステムの設置と設置は、固定資産への投資または別個の固定資産として扱うことができます。このタイプの支出の適格性は、システムまたは設備を解体して他の場所に設置できるかどうか、またはそれらが建物に恒久的に接続されているかどうかによって異なります。システムを解体できる場合、固定資産への投資としてそれが不可能な場合は、別個の固定資産としての資格があります。

コンピューターネットワーク

今日では、コンピューターとインターネットのない生活を想像することは困難です。そのため、ほとんどすべての企業でコミュニケーションとデータフローの不可欠な手段となっています。データフローを保護し、作業を容易にするために、ITネットワークが設定されています。ネットワークは、建物内に分散されたワイヤーで構成されています。システム全体は次のもので構成されます。

  • UPS、

  • 電源ソケット、

  • 光ファイバ配線盤、

  • 信号分配装置。

これらのネットワーク要素は建物の構造に恒久的に組み込まれているわけではなく、安全に分解して他の場所に設置することができます。それらはすべて全体を構成し、個別の固定資産として分類される場合があります。確認は、2012年12月19日のポズナンの税務署の解釈、番号IPPB5 / 423-365 / 14-2 /IŚにあります。

電話交換

電話交換機は、接続の設定を担当するデバイス、補助デバイス、およびケーブルで構成されており、電話交換機全体の正しい動作を保証します。システムには、独立して機能するために必要なすべての要素が含まれています。ネットワークは壁に埋め込まれていないため、建物やネットワークを損傷することなく分解して他の場所に設置することができます。これにより、電話交換は別個の固定資産として分類できます。この立場の確認は、2014年12月23日のウッチの税務署の解釈に参照番号IPTPB3 / 423-297 / 14-6 / GGで記載されています。

換気と空調

暑い日でも快適に過ごせるよう、建物内には空調設備を設置しています。エアコンの部品が建物の外側と内側の両方にあり、接続ケーブルまたはパイプがこの目的のために開けられた穴を通っている場合、エアコンは分解して別の建物に設置できますが、別の建物として分類できます固定資産。パイプが壁に埋め込まれていて、それらの解体に漆喰が必要な場合、これらのデバイスは個別の固定資産として分類できませんでした。この立場の確認は、2014年11月5日のポズナンの税務署の解釈で見つけることができます。番号ILPB4 / 423-386 / 14-2 / DS。

シャッター

会社の建物に設置されているシャッターが完成し、使用日に使用できる状態であり、建物やシャッター自体に損傷を与えることなくシャッターを分解して別の施設に設置することができれば、それらを別個の固定資産として認定します。この立場の確認は、2015年12月23日のウッチの税務署の解釈に参照番号IPTPB3 / 423-297 / 14-6 / GGで記載されています。

建物内のシステムと設備-自動ドア

自動ドアは、企業やオフィスの入り口でますます頻繁に見られます。ドアが完成し、使用日に使用できる場合は、ドアと建物を損なうことなく解体し、別の建物に設置することが可能であると想定され、別の建物に分類される場合があります。固定資産。確認は、2012年12月19日のポズナンの税務署の解釈に参照番号ILPB4 / 423-313 / 12-2 / DSで記載されています。

監視システム

セキュリティを向上させ、盗難のリスクを減らすために、多くの起業家、特にセルフサービスストアでは、監視システムをインストールすることを決定します。このシステムは、次のような多数の電子機器で構成されています。

  • カメラ、

  • リコーダー、

  • 対流式放熱器、

  • 配線、

  • ソフトウェア。

システムが設置日に機能し、完全であり、その分解によって建物が損傷することはなく、さらに分解後、別の建物に再設置するのに適している場合は、次のことが可能であると想定されます。それを別個の固定資産として分類します。この立場の確認は、2014年4月23日のワルシャワの税務署の解釈に参照番号IPPB5 / 423-365 / 14-2 /IŚで記載されています。

例1。

生産ホールの建設の最終段階で、起業家は、地面に恒久的に取り付けられる3,500PLNを超える価値のあるラックを設置したいと考えています。ラックは、工具や商品を適切に保管するためのものです。起業家は、本の棚にある費用を正しく認識することに苦労しています。それらは別個の固定資産を構成するのでしょうか、それともホールの初期値を増加させるのでしょうか?

ホールの構造を損なうことなくラックを分解できるかどうか、ラックの正確な構造を確認する必要があります。そのような可能性がある場合は、ラックを個別の固定資産に分類する必要があります。ホールを損傷せずに分解できない場合は、ラックの購入にかかる費用により、生産ホールの初期値が増加します。