破産に照らした公式のレシーバーとグループの一時解雇

サービス

会社が倒産した場合、受取人が雇用主の役割を引き継ぐ可能性があります。このエンティティが直面しなければならないタスクと、従業員に対するその権利と義務は何かを調べてください。

この主題に関する文献では、受領者は破産手続において公法手続機関の機能を実行する民間団体として定義されています。さらに、破産受託者がアートの下にあることは注目に値します。労働法の31破産した雇用主の当局の行動にもかかわらず、従業員の問題で活動を行うことを許可された団体。

破産の宣言後に受領者の役割が更新され、破産者はすべての資産を示して受領者に引き渡すとともに、彼の活動、資産、和解に関する文書、特に会計帳簿、その他の記録を発行する義務があります。税務上の目的と通信のために保管されています。さらに、破産者は、受取人に彼の資産に関して必要なすべての説明を提供する義務があります。

雇用主としての受信者

破産の受託者は、労働法(個人および集団)の規定に起因する雇用主の義務を引き受けます。これは、受託者による報酬の支払い、正当な利益、労働部門での訴訟の場合の法廷での行動、証明書および従業員の文書に関連する義務の履行、雇用証明書の発行、従業員の雇用および解雇の問題に他なりません。

受信者にも属する集合的冗長性に関する決定の場合、公式の受信者は、集合的冗長性の場合に課せられる義務を引き受けます。言い換えれば、それは集団労働法の下での雇用主の義務を引き継ぐ。したがって、アートに準拠。 8 u.z.g. -従業員は、集団解雇に基づく雇用の終了に関連して退職金を受け取る権利があります。したがって、彼は退職金の支払いについて雇用主に対して個別の金銭的請求を行っています。退職金は、アートの意味の範囲内で大衆の責任を構成します。 230秒2 BRL

アートに準拠。 230、BRLのセクション2破産不動産のその他の負債には、パーに記載されていないすべての義務が含まれます。 1破産宣言後の破産不動産の負債:

  • 特に、破産宣言後に支払われるべき雇用関係からの売掛金。

  • 破産不動産の不当利得に対する負債。

  • 破産の宣言の前に破産者によって締結された契約に基づく義務であり、その履行は受領者によって要求された。

  • 受給者の行動に起因するその他の責任および病気、就労不能、障害または死亡を引き起こしたことに対する補償による年金、および生命年金の権利の内容によってカバーされる資格の生命年金への転換による年金破産宣言後の期間。

受領者が雇用契約を終了する場合は、アートの規定に基づいて、法的要件に従って終了する必要があります。労働法の30つまり、通知なしに雇用契約の終了または終了に関する各当事者の宣言は、書面で行う必要があります。無期限に締結された雇用契約の終了または通知なしの雇用契約の終了に関する声明は、契約の終了または終了を正当化する理由を示す必要があります。

破産宣言に伴う通知期間の短縮

また、アートに準拠。労働法第361条、無期限に締結された雇用契約または特定の期間に締結された雇用契約の終了が、雇用主の破産または清算の宣言、または従業員とは関係のないその他の理由により発生した場合、雇用主ただし、雇用契約を早期に終了するために、通知期間を3か月短縮する場合がありますが、最大1か月までです。この場合、従業員は通知期間の残りの期間の報酬額の補償を受ける権利があります。

アートで言及されている通知期間の短縮。労働法の361§1は、この短縮された、法定ではない通知期間の満了時に雇用関係の終了につながります。その芸術を受け入れる理由はありません。労働法の361通知期間が経過しても関係が続くという雇用関係を終わらせる新たな可能性を生み出した。

アートに基づき通知期間を短縮する場合。労働法の361雇用契約は、短縮された通知期間の満了時に終了し、その後の期間については、従業員は報酬を受け取りますが、もはや従業員ではありません。通知期間の短縮に対する補償を除いて、彼は雇用関係に関連する給付を受ける権利を取得していません。雇用主が補償金を支払う必要がある期間中-従業員は従業員に強制的な社会保険の対象ではないため。

破産における集団解雇と労働組合の役割

破産または清算の宣言は、雇用関係の持続性の保護に関する規定が適用されないことを意味します-アート。労働法の38、39および41雇用契約の終了および終了に対する従業員の特別な保護に関する規定。

これは、解雇は従業員を代表する労働組合組織との協議を必要としないことを意味します(2001年3月15日の最高裁判所の判決、I PKN 447/00)。

破産に関連して従業員の保護が放棄された

より具体的には、雇用主の破産および集団的冗長性を決定する受託者による不動産の管理の場合:従業員、従業員の保護は以下に関連して放棄されました:

  • 退職前の従業員;

  • 休暇中またはその他の正当な理由で仕事をしていない従業員。

  • 妊娠中または産休中の女性従業員。

  • 産休中に子育てをしている従業員。

  • 育児休業を取得し、労働時間短縮の申請をした従業員。

  • 職業準備を目的として締結された雇用契約に基づいて雇用された若年従業員。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

退職金の支払いと雇用証明書の作成

すでに述べたように、集合的な冗長性が発生した場合、受取人は退職金を支払う義務があります。規則に従い、従業員は以下の金額の退職金を受け取る権利があります。

  1. 従業員が特定の雇用主に2年未満雇用されている場合は、1か月の給与。

  2. 従業員が雇用主に2〜8年間雇用されている場合は、2か月分の給与。

  3. 従業員が特定の雇用主に8年以上雇用されている場合は、3か月分の給与。

退職金の額は、雇用関係の終了日に有効な、別個の規則に基づいて決定された仕事の最低報酬の15倍の額を超えてはなりません。最終的に、受託者は従業員に雇用証明書を提出する責任があります。

法的根拠:

  • 2003年2月28日の法律、破産法(Journal of Laws 2019.498、すなわち);

  • 1974年6月26日の法律、労働法(Journal of Laws 2019.1040、すなわち);

  • 従業員とは関係のない理由で従業員との雇用関係を終了するための特別規則に関する2003年3月13日の法律(Journal of Laws 2018.1969、すなわち)。