雇用証明書-新しいパターンに何を含めるべきかを確認してください

サービス

雇用主が従業員との協力を終了する義務の1つは、現在適用可能なモデルに従って雇用証明書を発行することです。これは非常に重要な活動です。適切な雇用証明書を発行しなかった場合、雇用主は損害賠償責任を負い、従業員の権利を侵害することになります。最近、雇用証明書のモデルに関連する事項で多くの変更がありました。雇用主は、使用されている証明書テンプレートを現在適用されている規制に適合させる必要があります。 2019年6月29日と9月6日に発効した変更を確認してください!

雇用証明書にはどのような情報が含まれている必要がありますか?

雇用証明書には、次のような雇用関係および社会保障の下での資格を決定するために必要な情報が含まれている必要があります。

  • 雇用期間と労働時間;

  • 仕事の種類、保持されている位置、または実行されている機能。

  • 雇用関係の終了または満了の手順と法的根拠、および通知による契約の終了の場合-通知を行った雇用関係の当事者。

  • アートに基づく雇用契約の通知期間の短縮に関連して従業員が補償を受ける権利を有する期間。労働法の36¹§1;

  • 雇用関係が終了した年の従業員による使用済み年次休暇の日数。

  • 使用された無給休暇の日数とそれを付与するための法的根拠。

  • 使用済みの父親、育児休暇、育児休暇の長さ、およびそれらを付与するための根拠。

  • アートの下での仕事からの休暇の日数。労働法の188-子供1人につき2日。

  • アートの下での病欠の日数。雇用関係が終了した暦年の労働法の92;

  • 完了した兵役の期間またはその代替形態。

  • アートで言及されている雇用関係の保護から従業員が恩恵を受けた期間。 1868§労働法の1ポイント2、つまり育児休暇から戻った後に労働時間が短縮された期間。

  • 特別な条件または特別な性質の作業期間。

  • 従業員が雇用関係の間に使用した追加の休暇またはその他の権利または福利厚生を使用した。

  • 年金の受給資格を決定する際に考慮される拠出期間と非拠出期間。

  • 給与の添付;

  • 雇用関係からの債権は認識されたが、財源の不足のために雇用関係の終了日までに従業員に支払われなかった。

  • 労働法によって提供される追加の休暇または手当を使用した。

従業員の要求に応じて、報酬の金額と構成要素、および取得した資格に関する情報も提供する必要があります。

雇用証明書には、従業員の今後の仕事と年金の権利に必要な情報が含まれています。信頼性が高く、実際の状況を反映し、該当するテンプレートに作成されるように、特別な努力を払う必要があります。

2019年6月29日に発効した雇用証明書のパターンのどのような変更がありますか?

2019年6月18日の家族労働社会政策大臣の条例により、新しい雇用証明書に従業員の両親の名前を含めることはできなくなりました。これは、GDPRの要件、つまりアートに労働法が適合しているためです。労働法の22¹§1。これによれば、雇用主は現在、雇用を申請する人に次のような個人データを提供するよう要求しています。

  • 名(名前)と名前、

  • 生年月日、

  • 本人が指定した連絡先の詳細、

  • 教育、

  • 専門資格、

  • 以前の雇用の過程。

一方、雇用主はさらに、以下を含む個人データを提供するよう従業員に要求します。

  • 住所;

  • PESEL番号または身元を確認する文書の種類と番号。

  • 従業員が労働法で規定されている特別な権利を使用しているために提供する必要がある場合は、従業員の子供および他の家族の個人データ。たとえば、アートに基づく子供のための2日間の休暇。労働法の188;

  • 雇用を申請する人からの要求の根拠がなかった場合は、以前の雇用の教育とコース。

このカタログには両親の名前の個人データがないため、この事実の結果、雇用証明書のモデルが適応され、2019年6月29日からこのデータを含めることができなくなります。 2019年6月29日以降に発行された雇用証明書には両親の名前を入力することはできません。 上記の規定では、2019年5月4日から2019年6月28日までの期間に作成された従業員の両親の名前に関する情報を含む雇用証明書の場合、雇用主に新しい申請書を提出することができますこれらのデータのない雇用証明書ですが、この申請書は、規制の施行から30日以内にのみ提出できました。 2019年5月4日から6月28日までの期間に雇用証明書を収集した人は、2019年6月29日から30日以内に、両親の名前なしで新しい証明書の申請を提出することができます。その後、雇用主は7日以内に新しい証明書を発行し、個人ファイルから以前の証明書を削除する必要があります

例1。

Wiesław氏は中小企業を経営しています。従業員の1人は、2019年6月30日に辞任し、雇用を終了しました。最終日、彼女は両親の名前が記載された雇用証明書を受け取りました。現在、彼女は兄が働いている会社で働きたいと思っていますが、そこで働く人々に、彼女が彼の先輩と関係があることを知られたくないのです。従業員はウィスワウ氏に、両親の名前を含まない修正された雇用証明書の申請書を書きました。この場合、雇用主は申請書を受け取ってから7日以内に、従業員に新しい雇用証明書を発行し、以前の雇用証明書を個人ファイルから削除する必要があります。このためには、「親の名前」という項目を含む古い数式を使用する必要がありますが、このフィールドは空白のままにする必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

2019年9月6日に雇用証​​明書にどのような変更がありましたか?

2019年9月7日、従業員に雇用証明書を発行するための規則が変更されました。これは、労働法の別の改正およびその他の特定の法律によって導入されました。この法律は、とりわけ、平等な待遇、モラルハラスメント、雇用証明書の発行に関する労働法の規定を変更しました。最も重要な変更は次のとおりです。

  • 雇用関係が終了した日に雇用証​​明書を発行する義務。

  • 病気や休日などの客観的な理由で雇用の最終日に就労証明書を発行できない場合、雇用主は郵送またはその他の方法で7日以内にそれを送付します。

  • 雇用証明書の修正申請書の提出期限は14日(これまでは7日でした)-証明書の修正を拒否した場合、従業員は14日以内に労働裁判所に修正を要求する申請書を提出する必要があります。

  • 裁判所は雇用主に雇用証明書の修正を発行するように強制します-そして、裁判所の判決にもかかわらず雇用主がそれを発行しない場合、雇用主は雇用証明書を置き換える決定を発行します。これは、雇用証明書と同じ基準でZUSまたはPUPによって尊重されます。

  • 雇用証明書を期限内に発行しなかった場合は罰金-1,000ズウォティから30,000ズウォティ。これまでのところ、罰金は証明書の発行に失敗した場合にのみ予見されていましたが、現在は、雇用の最終日の期限に間に合わなかった場合、または客観的な理由で7日以内にこれが不可能な場合にのみ予測されていました。

雇用証明書は非常に重要な書類であり、雇用の最終日に従業員に発行する必要があります。客観的な理由で不可能な場合に限り、証明書は7日以内に従業員に送付される場合があります。現在のモデルに従って発行することは非常に重要です。つまり、雇用主は、刑事責任と補償にさらされないように、この点で導入された変更を追跡する必要があります。