自然災害による損失-所得税の決済

サービス税

事業を営む過程で、自然災害など、起業家の制御が及ばない出来事が発生する可能性があります。その結果、事業主は測定可能な経済的損失を被りますが、それらを解決する方法を知っている納税者はほとんどいません。この記事では、自然災害による損失をどのように会計処理するかについて説明します。

税控除の対象となる費用

アートの提供に従います。 22秒個人所得税に関する1991年7月26日の法律(以下、PIT法といいます)の1では、税控除可能な費用は、費用を除いて、収入を生み出すため、または収入源を維持または確保するために発生する費用です。アートに記載されています。 23.所与の費用が税控除の対象となる費用として分類されるためには、納税者は、実施された活動との関連性、およびこの費用の発生が生成された収入の金額に影響を与えた、または影響を及ぼした可能性があることを実証する必要があります。この収入源を維持または確保することについて。

アートに従って、税控除の対象と見なされる支出は満たす必要があります。以下の条件を含む、PIT法の22(1):

  • 収入または収入源と因果関係にあり、収入を達成するため、または収入源を維持または確保するために発生すること。

  • それは決定的なものであり、したがって返品できません。

  • 第1条で言及されている、税控除の対象となる費用として認識されていない費用のリストに含まれていない。 PIT法の23(1);

  • 適切に文書化する。

自然災害と税控除の対象となる費用の結果としての損失

近年、自然災害が頻繁に発生しています。私たちの国は、大雨、暴風雨、洪水、干ばつに悩まされています。これらの大変動の結果として、多くの起業家は彼らの経済活動に関連する固定資産と商品を失います。

例1。

納税者は食料品倉庫を運営しています。大雨の結果、地元の川が氾濫し、彼は倉庫のほとんどの商品を失いました。起業家は製品保険に加入していませんでした。そのような場合、紛失した商品を税控除の対象となる費用として分類できますか?

はい、この状況では、自然災害に関連する商品の損失は、税控除の対象となる費用として分類できます。納税者はいかなる形でも損害に貢献しませんでした。洪水保険がないことも、税控除の対象となる費用としての損失の計算には影響しません。

例2。

納税者は食料品倉庫を運営しています。 6月には、土砂降りと落雷がありました。土砂降りの結果、商品が保管されていた倉庫が浸水し、その結果、ほとんどの商品が破壊されました。起業家は商品の保険に加入しておらず、3年前に漏れた屋根を修理することになっていた。そのような場合、納税者は紛失した商品を税控除の対象となる費用として分類できますか?

この場合、商品の損失は税控除の対象となる費用として分類できません。納税者が被害に貢献しました。漏れた屋根を修理しないことで、彼は商品を失う危険を冒しました-屋根がきついならば、洪水は起こらなかったでしょう。

上記は、2018年3月8日、0115-KDIT3.4011.20.2018.1.AKの国家税務情報局長の個別の解釈によって確認されています。この解釈では、税務当局は、損失が納税者の意志の外で、つまり納税者から独立した方法で発生した場合、損失のみが費用になる可能性があると述べています。同時に、納税者はデューデリジェンスを行うべきであることが強調されました。これは、この場合、自然災害による損失を防ぐための措置を意味します。

自然災害による損失-文書化

個人所得税については、損失に関する規制や、税金費用に含めるための個別の規則はありません。それらはまた、例えば基準、一時金または他の方法を使用して、損失額を見積もる可能性を提供していません。自然災害の結果として被った損害を記録するのは納税者の責任です。

したがって、流動資産の損失の税控除可能な費用としての認識は、アートの提供から生じる原則の観点から評価されるべきです。 22秒以下を考慮したPIT法の1:

  • 納税者が行うすべての活動。

  • 損失を引き起こした状況。

  • 損失を文書化する形式。

  • 納税者による予防措置。

要約すると、損失は、納税者の​​意志とは無関係に、たとえば、納税者が彼らの創造に貢献しないという条件で、損失と損害を引き起こす自然の力の行動の結果として生じるランダムなイベントでなければなりません何らかの方法で、またはそれを促進しません。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

未完成の固定資産の損失

自然災害は、サービス可能な固定資産の損失を引き起こすだけではありません。多くの場合、自然災害は未完成の固定資産、つまり建設中の固定資産に損害を与えます。

例3。

納税者は市の近くの土地を購入し、そこで倉庫の建設を始めました。嵐の結果、未完成の倉庫は破壊されました。被害が大きかったため、建設を続けることは不採算でした。納税者は、ホールの建設に費やされた費用を税控除の対象となる費用として数えることができますか?

この場合、納税者は以前の支出を税控除の対象と見なすことができます。この状況では、起業家も損失に寄与しなかった(彼はデューデリジェンスを実行した)ので、彼は損失の発生に影響を与えませんでした。

例4。

納税者は市の近くの土地を購入し、そこで倉庫の建設を始めました。嵐の結果、未完成の倉庫は破壊されました。被害は甚大でしたが、起業家は修理して投資を完了することが有益であると評価しました。納税者は、修理に関連する費用をどのように決済するのか疑問に思います。

起業家が損失に貢献しなかった場合、彼は改修への支出を税控除の対象となる費用として数えることができます。暴風雨により、これらの費用は製造された固定資産の初期値を増加させるため、減価償却費を償却する際の費用になります。これは、2009年2月26日のビドゴシュチュの税務署長のITPB3 / 423-752b / 08 / AWの個別の解釈によって確認されています。

結論として、要素によって引き起こされた損害の場合、納税者の​​行動が損失に貢献したかどうかを確認することは非常に重要です。ほとんどの場合、納税者は損失に寄与しません。これは、これらが彼の行動とは無関係のランダムなイベントであるためです。