事業活動の損失と税務台帳の保管期間

サービス税

事業活動の損失は、今後5年連続の課税年度の所得から差し引かれる可能性があります。損失に関連する文書をどのくらいの期間保管すべきかは疑わしい。

所得税の課税対象は所得です。この規則は、非課税所得または徴税が放棄された所得には適用されません。税法の意味では、収入とは、税年度に発生した収入が、それらを取得するための費用を超えた余剰分です。

損失の概念

事業活動の損失は、会計期間に達成された収入がそれを取得するために発生した費用よりも低い場合に発生します。したがって、収入の合計を超える税控除可能な費用の超過は損失です。損失は​​課税年度について決定され、税の観点から中立ではありません。立法者は法律に規則を含めました、それに従ってそれは次の和解期間に納税者によって解決されるかもしれません。

2019年末まで、納税者は1年間で、被った損失の最大50%まで損失を差し引くことができました。一方、2020年1月1日以降、最大5,000,000ズウォティの事業損失を示した納税者は、報告後の数年間に十分な収入があれば、早期決済を行うことができます。新しい規則は2019年の損失の決済に適用されるため、納税者は、得られた所得の価値が損失の全額を減額する課税基準 アート9秒個人所得税法第3条
課税年度に発生した収入源からの損失額について、納税者は次のことを行うことができます。
1)これらの年のいずれかの削減額がこの損失額の50%を超えてはならないという条件で、次の5年連続の課税年度にこの源泉から得られる収入を削減する。
2)次の5つの連続する課税年度のいずれかでこの源泉から得られる1回限りの収入を、5,000,000 PLNを超えない額だけ減らします。未徴収額は、この5年間の残りの年に決済の対象となりますが、これらの年のいずれかの削減の割合は、この損失額の50%を超えることはできません。

損失決済期間に関する規定は変更されておらず、Artに準拠しています。 9秒PIT法の3では、納税者は次の5税年以内に発生した損失を解決することができます。

税法に基づく損失に関する規制

アートに準拠。税法第86条第1項(2017年法律ジャーナル、項目201、改正)では、納税者は、税法に別段の定めがない限り、納税義務の期限が切れるまで、納税帳簿の保管に関連する帳簿と文書を保管する義務があります。

税務台帳は、会計帳簿、歳入と経費の税務台帳、記録と登録簿として理解され、納税者、支払人、または徴収人が税務上の目的で保管する必要があります。

したがって、上記に沿って、税務台帳およびこれらの帳簿のエントリを反映するソースドキュメントは、納税義務の制限期間と同じ期間保管する必要があります。

納税申告書は、納税義務が満了するまで保管する必要があります。アートに準拠。税法第5条において、納税義務とは、国庫、voivodeship、poviatまたはcommuneに、期限内および規定で指定された場所で税金を支払う義務から生じる納税者の義務です。税法。

納税義務の制限と経済活動の損失

記事に基づく。税法の70§1では、納税期限が満了した暦年の終わりから数えて、納税義務は5年後に失効します。納税義務の規定とは、一定期間後(納税義務が発生した瞬間から)、この義務が失効し、制限期間の満了後、税務当局が和解を要求できないことを意味します(執行することはできません)。正当な利益。

特定の課税年度に納税者が被った事業活動の損失は、特定の年度の納税義務の構造的要素ではありません。そのような負債は所得が発生した場合にのみ発生するためです。ただし、納税者はこの期間中の所得を損失額だけ減額する権利があるため、損失は次の5課税年度の税額に影響を与える可能性があります。 納税者がその後の年の所得からその価値を差し引くことによって税務上の損失を解決する限り、この損失が示された年の税の帳簿と文書を保管する義務があります。したがって、制限期間は、納税者が計上した損失の最後の部分を差し引いた所得に基づいて決定された納税期限が満了した暦年の終わりから数える必要があります。 この立場は税務当局によっても確認されており、その一例は国税情報局長の個別の解釈です。

(...)税務上の損失が5年間連続して決済される場合、税務台帳および文書は、影響を受けた納税期限が到来した暦年の終わりから5年間保管する必要があります。損失により、期限切れ。例えば、2015年に損失が発生し、納税期限が2016年であり、当社が5年連続で損失を決済する予定である場合、損失の最後の部分は納税期限である2021年に決済されます。 2022年です。したがって、会社は2026年末まで、税務上の損失の発生に関連する文書を保管する必要があります。さらに、制限期間は§1-8アートに規定された条件で一時停止される場合があることに注意してください。税法の70。

要約すると、当社は、翌年の所得からその価値を差し引いて税務上の損失を清算する限り、この損失が認識された年の税務台帳および文書を保管する義務があることを述べておく必要があります。したがって、制限期間は、納税者が計上した損失の最後の部分によって減額された所得に基づいて決定された納税期限が満了した暦年の終わりから数える必要があります(...)。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

wfirma.plシステムにおける経済活動の損失

wfirma.plシステムに事業活動の損失を入力するには、[設定]タブに移動し、[税]テーブルで[所得税]をクリックします。次に、表示されるウィンドウで、[控除の追加]をクリックしてデータを完成させます。次に、システム自体が、プログラムに導入された所得税の前払いの損失を自動的に考慮します。

記事のwfirma.plシステムでの前年度からの開始の決済の詳細:前年度からの損失-システムに入る方法は?