開示されたローンのPCC制裁率-いくらですか?

サービス税

事業活動や私費の資金調達は、家族や友人を含む第三者から資金を借りる必要性に関連していることがよくあります。場合によっては、貸し手はこれらのタイプの活動に課税しません。納税者が納税者に課せられる可能性のあるPCC制裁率を確認し、納税者が免税条件を満たしていない、または納税者が納税していないローン契約を締結したことを税務当局に照会してください。

ローンの付与-課税方法は?

ローン契約は通常、民法取引に対する税金で0.5%の税率で課税されますが、特定の条件下で特定の活動が課税から免除される場合もあります。

2019年1月1日以降、ローン契約および不定期預金の税率は0.5%になります。以前、つまり2018年12月31日まで、これらの活動は2%の税率で課税されていました。

税務当局は、チェックまたは検査活動の過程で、納税者の​​経費の資金源を頻繁に調べます。適切に宣言および課税されていないローン契約の事実を引用すると(納税額の支払いを含む)、このアカウントの納税者に追加の制裁税を課すリスクが伴う可能性があります。

開示されたローンのPCC制裁率は20%です

納税者は、私的および事業運営に関連する特定の費用を負担することにより、税務署に資金源を示す必要がある場合があることに留意する必要があります。実際には、それらを示す必要性は通常、開示された情報源によってカバーされていない、または非開示の情報源から生じた収入の額を決定する場合の手続きに関連する当局の活動中に起こります。税務署は、納税者の​​超過付加価値税の還付申請に関連する検証活動中にも、経費の資金源について尋ねることがよくあります。

PCC税の制裁率に関する検討は、Artを引用することから始める必要があります。 7秒2000年9月9日の民法取引に対する税法の5。前述の規則によれば、税務当局の前の場合、検査活動、税務検査、税務手続または税関の過程で、税率は20%です。税務調査:

  1. 納税者は、ローン契約の締結、誤った預金、誤った使用の確立、またはそれらの変更の事実を指し、これらの活動にかかる税金は支払われていません。

  2. アートで言及されているローンを組む。 9ポイント10点灯。 b(配偶者、子孫、子孫、継子、兄弟、継父、継母に適用)は、ローン契約を締結した事実を指し、銀行口座または銀行口座に保管されている口座の受領を文書化する条件を満たしていません。協同貯蓄信用組合(SKOK)または郵便注文による。

この時点で、概念について簡単に説明する必要があります。
-不適切な預金。これは、保管のためにお金やその他のアイテムを置くことを意味し、種についてのみマークが付けられ、保管者はそれらを処分するオプションがあります(民法第845条)。
-不適切な使用。これは、使用するために種に関してマークされたお金またはその他のものを置くこととして理解されます(支払いまたは無料)。ユーザーはこれらのアイテムの所有者になります(民法第264条)。
-貸付契約。これは、貸し手が借り手に特定の金額または種についてのみマークされたアイテムの所有権を譲渡することとして理解され、借り手は同じ金額または同じ金額を返還することを約束します。同じ種と品質のもの(民法第720条)。

したがって、上記の条件が共同で発生した場合、すなわち、最初に当局が上記の活動(進行中の手順)を実行し、次にこれらの活動の過程で、納税者自身がローン契約の締結を参照します。誤った預金または誤った使用の確立またはそれらの変更、および上記の活動に対する3番目の税金が支払われていないか、免税を利用する資格のある納税者が、銀行口座、SKOKの口座、または郵便注文の場合、当局は納税者に20%のペナルティ税を課します。

制裁税は回避できますか?

ここで注目に値するのは、開示されたローンに20%のPCC制裁率を課すことができるのは、納税者が費用の資金源を示しながら、TFC法に照らして課税対象の活動に言及している場合のみです。ローン契約などの支払いが行われていない、または課税が免除されている活動を指しているが、免税の条件が満たされていません。

特定の活動がまったく課税されなかった場合、開示されたローンのPCC制裁率は納税者に課されません。アートによると。 PCC税法の1は、とりわけ、種に関してのみラベル付けされた金銭または品目の貸付契約。誤った使用を含む検討のための、および奴隷制の検討のための使用の確立。無効な預金契約。 PCCに関する法律は、とりわけ、未払いの不適切な使用(金銭を含む)の課税。これは、ビドゴシュチュの税務署長が発行した個別の解釈で確認されています。 ITPB2 / 436-100 / 14 / DSZ、2014年7月17日、当局は特に次のように述べています。したがって、この場合、申請者の宣言に従い、不当な誤用の契約が締結され、商法パートナーシップとその会社のパートナーとの間でこの訴訟が行われなかったため、申請者は以下の税務義務の対象とはなりません。商法取引に対する税法-未払いの誤用の活動は、この税の課税対象となる活動のクローズドカタログには含まれていません”.

上で簡単に説明した概念(誤った預金、誤った使用、貸付)は、この活動の性質、したがってその課税を決定するために、活動の当事者間の民法関係の詳細な分析と適切な構築を必要とします。誤ったお金の自由な使用に課税しないことを決定するときは、この点に関して個別の解釈を申請する価値があります。

開示されたローンに対するPCC制裁率および活動の時効

孤立したケースとは、納税者が、たとえば税務手続きの過程で、このアカウントの納税義務が満了しているにもかかわらず、税金が支払われていないローン契約を締結したという事実を参照している状況です(税法第70条第1項に基づく5年間の満了による)。

この時点で、納税義務の制限により、当局が納税者に20%の制裁税を課すことができるかどうかについて多くの疑問がありました。この点に関する疑念は、2012年6月19日の判決で憲法裁判所によって分析されました。 P41 / 10。審判は、例えば、アートの意味の範囲内でのローン契約の事実を発見しました。 7秒PCC法の5は、「新着「納税義務、および以前に締結されたローン契約に基づく納税義務が満了した状況は関係ありません。この時点で、この判断の断片を引用する価値があります。これは、これまでに行われた考慮事項の正確な結論です。」憲法裁判所は、納税期限が満了した暦年の末日から5年が経過しても、民法上の取引が課税対象として報告されていないことを納税者が言及することには、2種類の法的効力があると想定しています。まず、アートで言及されている新しい納税義務を作成します。 3秒民事訴訟法の1点4第二に、税率の適用が必要です。この場合、税率は元の大陸法取引の価値の20%です。その結果、アートの下で尋問裁判所によって異議を唱えられた法規範。 3秒アートに関連する1ポイント4。 7秒5ポイント1u.p.c.c.納税者が(特定の種類の手続きの過程で)、これに対する納税期限が到来した暦年の終わりから5年後の、民法取引に対する課税対象の活動の遂行に依存する場合、活動の期限が切れると、新しい納税義務が発生します。この義務の履行(納税義務への転換後)は、行為が納税義務によって拘束される特定の民法取引の価値の20%の金額の税金を支払うことから成ります。”.

開示されたローンに対するPCC制裁率-納税義務

税務当局が20%の制裁PCCの形で納税者に追加の義務を課すという上記のシナリオの履行は、税務当局がこの問題を適切に進めることを要求します。

当局は、アートに従って決定を下すことにより、そのような税金を課すことができます。 21§税法の1ポイント2、そして納税者またはその代理人に正しく提供する(この点での手続き上の誤りは、納税者が税務当局の活動に異議を申し立てる理由となる可能性があります)。