起業のためのPUP資金と所得税の免税

サービス

事業を開始するためにPUP資金から行われた購入は、税控除の対象となる費用として扱うことができますか?
事業を始めることは、多くの場合、郡労働局から受け取った補助金に基づいています。 PUPからの資金は、事業運営に必要な機器の購入に使用されます。また、個人所得税法に基づき、これらの費用を税金費用として分類することも可能です。この点での税務当局の立場は非常に有利です。

PUPからの規制と資金のリストと解釈

アートの提供。 9秒個人所得税法(2019年法律ジャーナル、改正項目1387)の1は、アートに記載されている所得を除き、すべての種類の所得が所得税の課税対象となることを明確に述べています。 21、52、52a、52c、および税法の規定に従って徴税が放棄された所得。この点で、アートに従って。 10秒引用された行為の1ポイント3-収入源の1つは、補助金を受け取る人によって行われる非農業経済活動です。

これらの助成金はアートに基づいて授与されます。 46秒雇用促進および労働市場制度に関する法律の1ポイント2。したがって、それらはアートで言及されている活動の開始のために付与された一回限りの資金として適格となることができます。 46秒アートに従ってそれらを修飾する雇用促進および労働市場機関に関する法律の1ポイント2および3。 21秒免税所得としてのPIT法の1ポイント121。 上記の個人所得税法の規定を分析すると、補助金の受益者である納税者が、10,000PLNを超えない資産の購入に対して発生した税控除可能な費用としてカウントするのに障害がないことが示されています。固定資産または無形資産に含まれず、合法であり、雇用事務所から受け取った補助金から資金提供されたもの。

税金費用

記事に基づく。 23秒PIT法の1ポイント56、芸術で言及されている収入(収入)から直接資金提供された費用と費用。 21秒1ポイント29b、46、47a、47d、116、122、129、136、137。ただし、Art。 21秒1パラグラフ121、雇用および労働市場制度の促進に関する法律に基づいて労働基金から付与された資金について話している。これは、この方法で融資された費用が税金費用になる可能性があることを意味します。

このような立場は、2019年1月7日または2019年12月16日以前に国税情報局長が発行した0112-KDIL2-2.4011.33.2019.1.MCを含む、税務当局のいくつかの解釈ですでに確認されています。番号0115-KDIT3。 4011.357.2019.1.JŁおよび2019年12月13日No.0113-KDIPT2-1.4011.531.2019.1.RK。

特定の支出を税金費用として認定するための基礎を提供する一般的な規則。アートに準拠。 22秒個人所得税法の1(2019年法律ジャーナル、改正項目1387):税控除可能な費用は、芸術に記載されている費用を除き、収入を生み出すため、または収入源を維持または確保するために発生する費用です。 23。

税控除の対象となる費用

税控除の対象となる費用はすべて、実施された事業活動に関連する合理的かつ経済的に正当化された費用です。ここでは「実施された活動との関連」の基準が重要であり、これは、発生した支出が特定の財源からの収入の達成に客観的に寄与する可能性があることを示しています。したがって、費用が税控除の対象となるためには、次の条件を満たす必要があります。

  • 収入または収入源と因果関係にあり、収入を達成するため、または収入源を維持または確保するために発生する。

  • 第1条で言及されている、税控除の対象となる費用として認識されていない費用のリストに含まれていない。 23秒個人所得税法の1;

  • 適切に文書化する。

費用を税控除の対象となる費用として含めるための条件は、発生した費用と納税者が行った事業活動からの収入との間に因果関係が存在することと、発生した費用の適切な文書化です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

10,000PLNを超える価値のある資産の購入

10,000 PLNを超える資産を取得する場合、支出は異なる方法で分類されます。記事に基づく。 22d段落。個人所得税法の1:納税者は、アートで言及されている資産の減価償却費を償却することはできません。図22aおよび22b(その初期値は、技術に従って決定される)。 22 g、PLN10,000を超えない。購入にかかる費用は、使用された月の税控除の対象となる費用です。資産は、に従って固定資産および無形資産の登録簿に入力されます。その月には遅くとも使用されます。

この場合、アートの内容。 23秒固定資産の消費の償却は、税から差し引かれるこれらの資金の購入のために発生した費用に対応する価値の一部からの税控除の対象とはみなされないと述べているPIT法の1ポイント45所得税のあるベース、または何らかの形で納税者に返還されます。

したがって、失業者に付与された一回限りの資金から完全に資金調達された固定資産を購入する場合、アートに従って付与されたと言うことができます。 46秒雇用促進法および労働市場制度に関する法律の1ポイント2では、減価償却費を費用として計上することはできません。補助金で完全に資金調達された、10,000 PLNを超える値のこのような固定資産は、固定資産の登録簿に入力し、KŚTに基づいて採用された減価償却方法に従って減価償却する必要があります-ただし、計算された減価償却償却費用として認識できません。

要約すると、アートに従って付与された地区雇用局からの補助金によって賄われた費用は、述べられるべきです。 46秒雇用および労働市場機関の促進に関する法律の1ポイント2は、税控除の対象となる可能性があります。例外は、固定資産の減価償却費であり、控除できません。したがって、特定の購入を最大10,000ズウォティの価値で認定することが重要です。特定のデバイスを固定資産として受け入れるということは、減価償却の償却がコストとして認識されないことを意味します。したがって、税制上のメリットは少なくなります。

法的根拠:

  • 雇用促進および労働市場制度に関する2004年4月20日の法律。

  • 個人所得税に関する1991年7月26日の法律(2019年法律ジャーナル、項目1387、修正済み)。