建設中の固定資産-VATおよびPIT決済

サービス税

起業家は、会社で使用するために改修または適応を必要とする資産を取得することがよくあります。このタイプの固定資産をレコードに入力して減価償却することはできますか? VATとPITに基づいて建設中の固定資産を決済するにはどうすればよいですか?

固定資産の定義

固定資産の転記方法を決定するには、まずその定義を参照してください。アートの下で。 PIT法の22aでは、固定資産は、それ自体で取得または製造され、完全であり、使用の受け入れ日に使用するのに適していると見なされます。

  • 建物、
  • 別々に所有されている建物と敷地、
  • 機械、装置、輸送手段およびその他のアイテム、

会社での予想耐用年数が1年以上である。さらに、これらのアイテムは、実施される事業活動に関連するニーズに使用するか、レンタル、リース、またはリース契約に基づいて使用するために提供する必要があります。

特定の品目が固定資産台帳に入力できるか、または建設中の固定資産を構成できるかどうかを評価する際の重要な基準は、使用の受け入れ時の完全性と使いやすさです。実際には、これは、特定のアイテムを固定資産の登録簿に入力する日に、使用できる状態になっている必要があることを意味します。取得した資産がまだ改修または調整作業を必要とする場合、それらは建設中の固定資産を構成し、所得税の下では、実際に会社での使用が承認されるまで、税控除または減価償却の対象にはなりません。

例1。

起業家のスタニスワフはアパートとガレージを購入しました。彼はそれをビジネスの一環として借りるつもりです。それらは2つの別々の固定資産を構成します。購入したアパートは改修が必要で、ガレージには入口ゲートがないため、現時点では賃貸できません。

起業家は、フラットとガレージがまだ完成しておらず、使用に適していないため、固定資産台帳に入ることができません。現在、建設中の固定資産です。

建設中の固定資産を減価償却するにはどうすればよいですか?

建設中の固定資産は、固定資産の登録簿に入力することも、減価償却することもできません。会社での使用への適応に関連する作業が完了した後にのみ可能です。次に、それらの初期値を正しく決定する必要があります。これにより、毎月の減価償却額が決まります。固定資産の初期値は、固定資産台帳に入力される前に発生した、使用への適応のために発生したすべての支出によって増加した購入価格または製造コストで構成されます。彼らは、とりわけ、

  • その建設に使用される材料、
  • 固定資産の作成または調整に使用されるユーティリティ、
  • 資産の建設に関連する作業に参加する従業員に支払われる賃金と給与、
  • 組み立て、輸送、保険の費用、
  • 交換の違い、
  • 固定資産が記録に入力される前に発生したローン利息
  • 専門家の意見、建設監督への支出、
  • 購入時に必要な関税、物品税、印紙税またはその他の公的手数料。

多くの場合、企業で使用するための固定資産の適応に関連する活動には時間がかかり、初期値は多数の請求書で構成されます。このような状況では、工事完了後、すべての請求書の正味額を合計する必要があるため、建設中の固定資産の初期値を構成する請求書を個別に記録しておくことをお勧めします。 価値が10,000ズウォティに等しい資産のみが、時間の経過とともに強制減価償却の対象となります。 PLN(VATの場合は純額、非VATの場合は総額)以上。この金額を超えない値の固定資産は、一度減価償却するか、使用を受け入れた月に直接税金費用に入力することができます。 建設中の固定資産は、その適応および適応に関連する作業の完了後、他の固定資産と同じ原則に基づいて、つまり、選択された減価償却方法およびKŚTに従って特定の固定資産に許可される率に従って減価償却されます。 3つの減価償却方法があります。

  • 線形法、
  • 退行的方法(バランスの低下)、
  • 自然な方法。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

VATに基づく建設中の固定資産

VAT法の規定では、取得した資産を固定資産と建設中の固定資産に区別していません。資産が完全であり、建設中の固定資産の初期値を構成する請求書で使用するのに適しているかどうかに関係なく、アクティブなVAT納税者は一般的な条件でVATを控除する権利があります。

アートの下で。 86秒付加価値税法第10条では、納税者が購入または輸入した商品やサービスに関連して納税義務が発生した期間の和解において、仮払消費税額だけ納税額を減額する権利が発生します。納税者が請求書を受け取った期間の決済よりも。

したがって、建設中の固定資産の価値を構成する請求書に基づいて、アクティブなVAT納税者である起業家は、納税義務が発生した月またはその後の2つの会計のいずれかで継続的にVATを控除する権利を有します。期間。

要約すると、所得税に基づいて、取得した資産は(とりわけ、完全で使用に適さないまで)建設中の固定資産を構成し、それらの適応に関連する作業が完了するまで費用に含まれません。一方、固定資産の初期値を構成する請求書のVATは、納税者が継続的に控除する権利を有します。

建設中の固定資産-wfirma.plシステムでの予約

wFirma.plシステムでは、建設中の固定資産の初期値を構成する請求書は、固定資産台帳に入力する前に受け取り、次のスキームを使用してVAT購入台帳にのみ入力する必要があります。エントリを追加します。表示されるウィンドウで、受け取った請求書に従ってデータを入力し、[詳細設定]タブで、[永久資産]オプションを追加で選択します。

一方、固定資産の正味額の合計は、初期値を構成するすべての請求書に基づいて、引き渡された日にそれぞれRECORDS»FIXEDASSETS»ADDFIXEDASSETによって帳簿に入力する必要があります。ビジネスで使用するため。