合名会社での株式の売却と税務上の影響

Webサイト

合名会社は、商取引において最も一般的なタイプのパートナーシップです。それによって得られた収入が彼ら自身の所得税を解決する個々のパートナーに割り当てられることは秘密ではありません。ただし、パートナーによる合名会社の株式の売却によってどのような税務上の影響が生じるのかという疑問が生じます。私たちはすべての厄介な質問に答えようとします。

合名会社には株式がありますか?

ただし、最初に、商事会社法の下では、株式の概念は有限責任会社にのみ割り当てられていることを明確にする必要があります。ただし、合名会社の分野では、権利と義務のカテゴリを扱っています。アートで読んだように。商事会社法第10条では、パートナーシップのパートナーのすべての権利と義務は、パートナーシップ契約で規定されている場合にのみ、他の人に譲渡することができます。定款に別段の定めがない限り、他のすべてのパートナーの書面による同意を得た後にのみ、他の人に譲渡することができます。

したがって、商事会社法の内容を厳守し、合名会社の場合、株式の売却ではなく、すべての権利と義務の売却を扱います。この分類方法は、税法の下で特定の結果をもたらします。 合名会社は株式を保有していません。結果として、「株式の売却」という用語は、支払いに対してパートナーに割り当てられたすべての権利と義務の処分として理解されるべきです。

PITに基づく合名会社の株式の売却

PIT法に照らして、合名会社での株式の売却は、アートで言及されている財産権の売却として扱われます。 10秒法の1ポイント7。

財産権は、権利を与えられた人の経済的利益に密接に関連し、その財産に関連する主観的な権利であり、2つの基本的な特徴によって特徴付けられます。

  • 市場性(つまり、取引可能)、

  • 特定のプロパティ値を持つ。

合名会社におけるすべての権利と義務の売却の場合、上記の両方の特徴が満たされます。したがって、売却の結果として生み出される収入は、非農業経済からの収入ではなく、支払いに対する財産権の売却を構成します。アクティビティ。

この立場は税務当局によっても確認されています。たとえば、2018年5月7日の国税情報局長、No。0112-KDIL3-3.4011.105.2018.1.DSの解釈では、次のようになっています。

「したがって、パートナーシップ(したがって合名会社)におけるすべての権利と義務は、上記の説明の意味の範囲内で財産法を構成します。したがって、個人がその売却から得た所得は、上記のアートで言及されているように、財産権からの所得として個人所得税による課税の対象となります。個人所得税法第18条。

したがって、申請者は、合名会社の株式から生じる権利および義務の売却から得られた収入を、事業活動からの収入として検討する資格を与えない場合があります。

要約すると、商業的パートナーシップにおけるパートナーのすべての権利と義務の売却は、アートに従った非農業経済活動の源泉からの収入を構成するものではありません。個人所得税法の14であり、アートに準拠した財産法の源泉からの収入を構成します。この法律の18」。 合名会社ですべての権利と義務を販売するパートナーは、発生した収入を事業活動としてではなく、支払いに対する財産権の販売として含めます。 売却から得られた収入は、一般原則に基づく課税の対象となり、他の源泉からの収入に追加されます。特定の課税年度に得られた他の収入と一緒に表示され、販売の翌年の4月30日までに提出されたPIT-36フォームに決済される必要があります。税率は18%または32%です。

収益は合名会社の株式の売却で得られた金額であり、費用は会社の権利と義務の取得のために発生した文書化された費用、特に会社への貢献の価値です。

例1。

納税者は、2人の友人とともに、合名会社を設立しました。その作成時に、彼は10万ズウォティの寄付をしました。 5年後、彼は会社を辞め、すべての権利と義務を父親に売却することを決心しました。両当事者は、納税者1人あたりの「株式」の価格を120,000PLNで合意しました。この場合、課税所得は、所得と税額の差、つまり20,000PLNです。納税者は、翌年の4月30日までに提出された年次納税申告書PIT-36にのみこの所得を表示します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

VATに基づく合名会社の株式の売却

提示された問題は、付加価値税法の規定に基づいて分析する必要もあります。

この点で、VATは、実行された活動の範囲内で事業活動を行っている納税者として認識されている事業体にのみ課税されることを最初に強調する必要があります。

私たちのケースの根拠に目を向けると、納税者は、個人(私的)財産の構成要素を構成する合名会社のすべての権利と義務を販売することに注意する必要があります。さらに、商取引では、課税対象者は合名会社であり、そのパートナーではない場合があります。 VATの分野では、合名会社は税務上透明ではないことに留意する必要があります。

したがって、私有財産の一部を対価として売却する納税者は、この点において事業活動を行う納税者としての役割を果たすことはありません。これは、合名会社におけるすべての権利と義務の売却が、パートナーに関してVAT法の範囲外のままであることを意味します。

2014年3月4日のワルシャワの税務署長の解釈No.IPPP2 / 443-1336 / 13-2 / KBrは、同様です。

したがって、申請者が権利および義務の売却が適用される会社の経営に参加せず、上記の条件が適用されない場合(連結テキスト:売却は仲介および仲介の一部として実行されません)活動および株式または株式の所有権は、経済活動の直接的、永続的かつ必要な延長ではありません)、リミテッドパートナーシップまたは合名会社における権利および義務の単なる譲渡の活動は、意味の範囲内で経済活動として扱われません法の、そしてこの活動を実行するエンティティは、この点で納税者のステータスを取得しません。将来のイベントの説明で、申請者は、有限責任パートナーシップまたは合名会社を管理しないことを明確に示しました。どちらの会社でも、彼の参加の性質は受動的です。また、当社は、いかなる会社においても、株式や株式の専門的な取引には関与していません。したがって、分析されたケースでは、上記を認識するための条件アートで言及されている事業活動のための有限責任組合または合名会社における権利および義務の販売。 15秒法第2条であり、申請者はVAT納税者のステータスを取得しません。 範囲。 " 合名会社におけるすべての権利と義務の売却は、VATの観点から義務を生じさせる販売パートナーの活動を構成するものではありません。