海外での不動産売却と廃止救済

サービス税

ポーランドの税務上の居住者の場合、納税義務は国内所得と外国所得の両方に適用されます。この記事では、海外での不動産の売却が納税者に廃止手当の恩恵を受ける資格があるかどうかを検討します。詳細は後ほど。

海外での不動産の売却

提示された問題を詳細に説明するために、3つの問題を分析する必要があります:海外にある不動産の売却の課税の原則、二重課税を回避する適切な方法の適用、および廃止救済の適用の許容性。

最初の問題については、まず、ポーランドの居住者として認定するための条件を満たす人(PIT法の第3条(1a))は無制限の納税義務の対象となることに注意する必要があります。つまり、両方の所得を決済することになります。ポーランドの税務署で課税します。国内外で取得します。さらに、アートに従って。法第4a条では、批准された国際協定を考慮してポーランドの規定を適用する必要があります。

それらのほとんどはOECDモデル条約に基づいており、不動産からの収入は納税者の居住国(居住国)と不動産が所在する国(出所国)の両方で課税されます。この状況は、所得の二重課税につながります。締結された各国際協定は、そのような場合に二重課税を回避する2つの方法のうちの1つを規定しています。

1つ目は、プログレッション方式によるシャットダウンです。これは、ポーランドでは海外で稼いだ収入が解放されるという事実にありますが、その金額は、ポーランドで稼いだ収入に対する税金を計算する金利の決定に影響を与えます。

2番目の方法は比例控除です。この場合、海外で得られた所得はポーランドで課税されますが、納税者はポーランドの税金から海外で支払われた税金を差し引くことができます。この控除は、外国で得られた所得に比例して帰属する税額までのみ可能です。

締結された国際協定に従い、不動産の売却は居住国と供給国の両方で課税されます。二重課税を排除するために、累進免税法または比例控除法を採用しています。

二重課税を回避する方法の比較

特定の方法が海外にある不動産の特定の売却にどのように影響するかを理解するために、2つのケースを考えてみましょう。

例1。

ポーランドの税務上の居住者がベルギーにある不動産を売却しました。この国には、進行方法による除外があります。その結果、売却は​​ベルギーで課税され、ポーランドでは免税されます。

例2。

ポーランドの税務上の居住者がオランダにある不動産を売却しました。この国には比例演繹法があります。その結果、不動産の売却はポーランドとオランダの両方で課税されます。ただし、比例控除法によれば、オランダで支払われた税金はポーランドの税金から控除できます。

上記はポーランドの規制の内容でも確認されています。アートで読むことができるように。 30e段落。 PIT法第8条、ポーランドの税務上の居住者がポーランド共和国の領土外の不動産の売却からも収入を生み出し、この収入が二重課税回避協定に基づいて免税されない場合、またはポーランド共和国がそうでない場合二重課税の回避に関する協定を締結し、この所得はポーランド共和国の領土で得られた所得と組み合わされます。この場合、外国で支払われた所得税に等しい金額が、総所得額に基づいて計算された税から差し引かれます。ただし、控除額は、外国で得られた所得に比例して控除前に計算された税の部分を超えることはできません。

ただし、アートに準拠。 30e段落。 PIT法第9条では、上記の所得がポーランド共和国の領土外でのみ達成された場合、二重課税防止協定に基づく所得税が免除されない場合、またはポーランド共和国が二重課税回避を締結していない場合所得が発生する国との合意。それに応じて、上記の原則が適用されるものとします。

上記の状況が発生した場合、ポーランドの納税者はPIT-39申告書を提出する必要があります。この申告書には、不動産の海外売却による収入と原産国で支払われた税金が表示されます。 比例控除の方法を規定する協定が締結された国、またはそのような方法がまったく締結されなかった国での不動産の売却の場合、二重課税を回避するために、両国で税金が支払われます。ポーランドの税金からの課税の場合、納税者は海外で支払われた税金を差し引くことができます。

廃止の救済

上記の比較からわかるように、進行を伴う除外の方法は、はるかに優れた税務ソリューションを提供します。このような場合、ポーランドでは海外で得られた所得は非課税となります。つまり、PIT-39の確定申告や納税の義務はありません。

比例控除法の場合は状況が異なります。控除後でも、外国税がポーランドの責任を完全にカバーしないことが判明する可能性があるためです。

この不利な違いを排除するために、立法者はポーランドの規制に廃止の救済を導入しました。アートによると。段落1の27g。 PIT法の1、無制限の納税義務の対象となる納税者、比例控除法の原則に基づいて、ポーランド共和国の領土外の課税年度に得られた収入:

  1. アートで言及されている情報源から。 12秒1、アート。 13、アート。 14または

  2. 著作権の分野における財産権および別個の規定の意味における関連する権利から、ポーランド共和国の領土外で行われる芸術的、文学的、科学的、教育的およびジャーナリズム的活動から、以下から得られる収入(収入)を除く。これらの権利の使用または処分

-アートに従って計算された所得税から控除する権利があります。 27、アートで言及されているプレミアムの額だけ減額されます。 27b、パラグラフ1に従って計算された金額。 2.2。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

言及されたアート。段落1の27g。法第2条は、控除は、比例控除の方法に従って計算された税額と、パラグラフで言及された源泉からの所得に基づいて計算された税額との差額を構成する金額の対象となると述べています。 1、これらの収入に適用される進行法による除外。

言い換えれば、廃止手当を適用した後の税は、累進法による免税の適用の場合と同じです。つまり、理論的には、所得税はまったく発生しないはずです。

提示された救済は、比例控除の方法と進行を伴う除外の方法との間の負の違いを排除しますが、アートでは注意する必要があります。段落1の27g。上記の1この法律は、廃止救済が適用される収入を厳密に定義しました。引用された条項は、雇用関係、直接行われた活動、経済活動、著作権および関連する権利からの収入を指します。

重要なのは、不動産の売却による収入がそこに記載されていなかったことです。これは、廃止手当がこの種の所得には適用されないことを意味します。

比例控除の方法を規定する協定が締結されている、またはそのような方法がまったく締結されていない国に所在する不動産を販売するポーランドの税務上の居住者は、廃止救済の恩恵を受けることができません。

記事の要約に移ると、ポーランド共和国外にある不動産を販売する納税者は、この国で施行されている二重課税を回避する方法に注意を払う必要があることに注意する必要があります。比例控除を規定する契約が締結された国に物件がある場合、または契約がまったく締結されていない場合、ポーランドの税務上の居住者は、廃止手当の適用による減税を期待することはできません。