個人およびVATによる不動産の売却

サービス税

不動産は、プロの起業家だけでなく、事業活動を行わない自然人からも有償で販売されています。特定の状況下では、このタイプの不動産の売却も付加価値税の対象となる可能性があることに注意してください。この記事では、個人がVAT法に基づいてトレーダーになる時期を示します。

VAT納税者の定義

主な問題は、VATを支払う義務のある事業体が誰であるかを明確にすることです。アートで読んだように。 15秒VAT法の1では、納税者は法人、法人格のない組織単位、および独立した経済活動を行う自然人であり、秒で言及されています。 2、そのような活動の目的や結果に関係なく。アートに準拠。 15秒同法の第2条では、経済活動は、天然資源や農民を取得する事業体を含む生産者、貿易業者、またはサービスプロバイダーのすべての活動、およびフリーランサーの活動を対象としています。経済活動には、特に、商業目的での継続的な商品または無形資産の使用からなる活動が含まれます。

上記の定義に照らして、特定の個人をVAT納税者として認定するために、CEIDGに会社を登録する必要はありません。客観的な状況が決定的です。つまり、商業的特性を備えた活動そのものが、販売がVATの対象となる活動であると見なすための基礎を構成します。

VATに基づいて、納税者の​​ステータスは、不動産を含む私有財産を販売する自然人によって取得される場合もあります。

不動産の売却と売却を経済活動と見なすための基準

上記に照らして、特定の販売を評価する際にどの基準に従うべきか、つまりそれがVATの計算の基礎を構成するのか、それともその範囲外であるのかという疑問が生じます。残念ながら、VAT法にはヒントがありません。私たちは、通常の財産権の管理の下で行われる私有財産の売却はそれ自体が経済活動を構成せず、したがって課税の対象とならないという正しい論文によって支配される利用可能な法学のみを参照することができます。 。

一方、売却が不動産分野の専門的取引に類似しており、売り手が多くの積極的な活動を行い、そのような売却の範囲内で追加の資金や活動を検討のために行う場合、この取引は分類される可能性がありますVATの対象として。

この立場は、2019年3月4日の国税情報局長0111-KDIB3-2.4012.791.2018.2.MGOの解釈によって確認されています: "したがって、自然人が自分の所有物を売却し、この活動が時折行われ、永続的なものにすることを目的としない場合、それは芸術の意味の範囲内で事業活動を行うことを意味するものではありません。 15秒付加価値税法の2。

不動産の販売における売り手の活動の兆候がない場合、これはこの種の取引に専門的に従事する事業体の活動に匹敵します-不動産の販売はVATの対象となる商業活動を構成しませんが、該当します私有財産の管理下”.

私有財産の所有権の通常の管理である不動産の売却は、VATの範囲に含まれません。専門的でトレーダーの専門的活動に類似したそのような活動のみが付加価値税で課税される可能性があります。

上記の区別の文脈において、税務当局と行政裁判所の見解では、どの状況が重要であるかを説明する価値があります。また、この場合、利用可能な判断を参照することを義務付ける法定の規定はありません。たとえば、2018年7月6日の最高行政裁判所の判決であるI FSK 1986/16では、次のように読むことができます。建設区画を販売する特定の自然人が(トレーダーとして)商業的事業活動を行う納税者として行動するかどうかは、この分野での彼の活動が専門的(専門的)な形をとることを確立する必要があります。不動産取引の分野。これは、その活動が組織化された形態をとることを示している可能性があります(たとえば、開発用の土地の購入、インフラストラクチャ、内部道路の分離、区画を販売するために行われるマーケティング活動、通常の広告形態を超えて、決定を得る)土地開発(開発)の条件または販売される地域の空間開発計画の開発の申請、開発サービスまたは同様の性質の他の同様のサービスの分野で事業を営むこと)。同時に、この種の「商業的」活動は、これらの状況の個々が発生したという事実だけでなく、上記の状況の順序によって示されなければなりません。”.

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

したがって、自然人が不動産取引の分野で事業を営んでいることを示す可能性のある事実は、次のような状況に焦点を当てています。彼の兵器;内部道路の分離;通常の広告形態を超えて、土地の区画を販売するために行われるマーケティング活動。土地開発条件に関する決定を得る。空間開発計画の開発のためのアプリケーション。開発サービスと同様のサービスの提供。ただし、分析は納税者が行うすべての活動を対象としていることを強調しておく必要があります。単一の活動の発生(例えば、開発条件自体の申請)は、経済活動を自動的に決定する決定的な基準にはなり得ません。

興味深いことに、納税者の​​特定の活動をVATの対象となる活動として分類する基準は、不動産販売取引の数でも規模でもありません。

私有財産の通常の管理過程における売却とトレーダーの活動を区別するための厳格な規則を定めることはできません。各ケースは、販売を取り巻く特定の事実上の状況を評価することにより、ケースバイケースで検討する必要があります。個々のイベントではなく、アクションの事実全体が常に評価されます。

要約に移りますが、正式に登録された会社を持たない者による不動産の売却が経済活動として扱われる場合があることに注意する必要があります。この活動の法定定義は、客観的な基準に基づいています。さらに、この法律には、私有財産の通常の管理における売却と経済活動のパフォーマンスを示す条件下での対価の売却とを区別する方法を示すことができる条項は含まれていません。発行された判決と解釈にはいくつかの基準がありますが、それぞれのケースが別々に分析されていることを忘れてはなりません。このような状況では、最善かつ同時に最も安全な解決策は、特定の場合に個別の解釈を適用することであるように思われます。