配偶者による不動産の売却-実用的なヒント

サービス税

財産コミュニティは、結婚が確立される前に各配偶者によって蓄積された財産の使用を許可します。課税活動に使用される配偶者の1人の固定資産の登録簿に入力された共同不動産からの不動産の売却は、所得税による課税規則の差別化をもたらします。配偶者による不動産の売却がどうなるか見てみましょう!

共同財産の定義

アートに準拠。法第31条第1項、家族および後見人法は、結婚が完了すると、法律に基づいて配偶者間に共同財産(共同財産)が確立されます。これには、その期間中に両方の配偶者または一方が取得した財産が含まれます。それらの(共同財産)。共同財産に残っている配偶者の間に存在する共有は、いわゆる共有。したがって、この共同所有の株式を処分することはできません。

法定コミュニティでカバーされていない財産項目は、各配偶者の個人財産に属します。各配偶者の個人資産には次のものが含まれます。

  • 法定コミュニティの設立前に取得した資産。
  • 遺言人または寄贈者が別段の決定をしない限り、相続、遺贈または寄付によって取得されたアイテム。

配偶者は、公証人の証書の形で締結された合意により、法定共同体を拡大または制限するか、資産の平準化を伴う財産分離または財産分離を確立することができます(財産契約)。

配偶者による不動産の売却と課税規則

不動産の売却に関しては、個人所得税法は、アートに準拠していることを示しています。 10秒1ポイント8-収入源は、第2項の規定に従い、支払いに対する売却です。 2:

  1. 不動産またはその一部、および不動産への関心。
  2. 住宅協同組合のアパートまたは事業所に対する共同所有権および一戸建て住宅に対する権利。
  3. 土地に対する永続的な用益権;
  4. 他のもの

-対価の売却が経済活動の遂行において行われず、(a)項で言及された対価の不動産および財産権の売却の場合に行われた場合。 a-c-取得または建設が行われた暦年の終わりから5年の満了前、およびその他-取得が行われた月末から6年の満了前。切り替えの場合、これらの期間は各切り替え人に適用されるものとします。

同時に、配偶者の一人の動産に以前含まれていた財産を含めることによって夫婦財産コミュニティの拡大がある状況では、財産の所有は内での取得を構成しないことを明確にする必要がありますアートの意味。 10秒個人所得税法の1ポイント8。

配偶者の別の財産から配偶者の共同財産に導入された不動産の取得日は、その財産を共同財産に組み込んだ配偶者による取得日です(例えば、 2018年9月25日の国税情報局長、0115-KDIT2-1.4011.267.2018 .2.AS)。同じ立場が、2017年3月22日のII FSK 465/15の判決で最高行政裁判所によって提示され、そのような不動産の購入日は、最初の配偶者であると同時に、法定コミュニティの対象部分の売却から得られる収入は、共同財産に分割できないため、その半分の課税が各配偶者に均等に課せられます。

例1。

アンナ夫人は2010年に家を購入しました。 5年後、彼女はヤロスワフ氏と結婚しました。配偶者が法定の共同所有権を持っていることを念頭に置いて、Jarosław氏は個人所得税法の意味で2010年から家の所有者です。ヤロスワフ氏が彼の事業で普通の不動産を使用する場合、その後の売却は配偶者による個人所得税の課税の対象にはなりません。

同様の立場は、2017年6月5日の個別判決0115-KDIT2-3.4011.15.2017.1.JGで国税情報局長によって提示されています。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

配偶者による不動産の売却と経済活動からの収入

アートに準拠。 14秒2ポイント1点灯。 a)所得税法の課税所得は、固定資産の法定定義を満たし、固定資産および無形資産の登録簿に含まれる資産の売却です。固定資産は次のように理解されます。

  • 納税者が所有または共同所有し、独自に取得または製造され、完全であり、使用の受け入れ日に使用するのに適している場合:
  • 構造物、建物、敷地は別の資産です。
  • 機械、装置および輸送手段;
  • 他の項目;
  • 予想される使用期間が1年を超える場合。
  • 納税者が事業活動に関連する目的で使用するか、賃貸契約または賃貸契約または同様の性質の契約に基づいて使用されます。

要約すると、事業活動からの収入は、原則として、納税者が固定資産および無形資産の登録簿に構成要素を導入したかどうか、およびそれがあったかどうかに関係なく、納税者による固定資産の処分です。税控除可能な費用として分類され、初期値から減価償却費が償却されます。

住宅用不動産と非住宅用不動産の売却-課税の違い

配偶者の1人が実施する事業活動で使用される共同財産要素は、経済活動からの彼の収入を構成します。これらの部品の販売は、配偶者による個人所得税の対象にはなりません。

立法者は、納税者が実施する事業活動で使用する部品の販売において、住宅用不動産と非住宅用不動産を区別します。それはこれを規制し、経済活動からの収入には、経済活動に関連するニーズや農業生産の特別部門の運営に使用される支払いに対する販売からの収入は含まれないことを指摘しています:住宅、そのような建物の一部またはシェア、この建物または建物に関連する、別個の不動産またはそのような建物の共有、土地または土地の共有、または土地の永続的な使用権またはそのような権利の共有を構成するフラット、住居またはそのような権利を共有し、住宅協同組合の戸建住宅への権利またはほぼそのような共有。

例1。
Zbigniew氏は、夫婦の所有物に住宅とオフィスビルを持ち込みました。これらのプロパティは両方とも、現在、Małgorzataさんがビジネス活動で使用しています。配偶者は両方の物件を売却する予定です。

共同財産に属する事業活動に使用される資産の売却の場合の税務上の影響は次のとおりです。

非居住用不動産 住宅用不動産
実施された事業活動で使用されたオフィスビルの売却は、非農業事業活動から得られた収入に課税する必要が生じます。 共同財産の構成要素である事業活動に使用される住宅の形での不動産の売却は、一般的に課税所得を生み出します。
立法者は、事業活動から撤回された資産の課税からの除外を規定しています。資産が活動から撤退した翌月の初日から対価処分日までに6年が経過した場合、これらの資産の対価処分による収入は経済活動による収入とはなりません。 5年間で私有財産を売却する納税者は、アートで規定されている免税(いわゆる住宅救済から)を利用することができます。 21秒個人所得税法の1ポイント131。この免税を利用するための条件は、3年以内に、この売却から得られた資金を自分の住宅目的に割り当てることです。
有償で、配偶者の1人が経済活動に使用する、配偶者の共同財産の対象となる不動産の売却は、非農業経済活動からの収入のみを構成し、実際に不動産を使用した事業体のみを対象とします。その経済活動の目的。
同様に:2018年9月4日の国税情報局長、No。0114-KDIP3-1.4011.365.2018.2.LZの個別の解釈。
 

要約すると、配偶者の1人が事業活動で使用した共同不動産から不動産を売却した場合の税務上の影響は、不動産の状況によって異なります。

  • 住宅用不動産の場合、その売却は一般原則に基づいて課税される所得であり、特定の条件が満たされた場合、この所得は免税の対象となります。
  • 非居住用不動産の売却は、実施された経済活動でこの措置を使用した納税者との経済活動からの収入を構成します。