不動産販売-税金を回避する方法は?

サービス税

納税者は、不動産の売却の場合、最初の主要な義務は、支払いに対する不動産の売却に対する税金を正しく計算することであることを覚えておく必要があります。重要なことに、ポーランドでは、そのような税金は税務署によってではなく、納税者自身によって請求されます。私たちの記事を読んで、不動産の売却に課税する方法と、納税義務を回避できる時期を確認してください。

方法1:5課税年後の不動産の売却

所得税は、取得または建設が行われた暦年の終わりから数えて、5年が経過する前に不動産の売却による収入が得られたときに支払われます。重要なのは、この場合、この期間の計算方法が特に重要になることです。これは、暦年ではなく、課税年度を考慮に入れる必要があるためです。

例1。

ヤン氏は2013年7月16日に不動産を購入しました。したがって、免税の恩恵を受けるためには、不動産の売却は2019年1月1日までに行う必要があります(この状況では、2014年から最初の課税年度がカウントされます)。

方法2:あなたの財産を売却するときにあなたの収入を計算する

納税者が物件の売却を急いでいて、5年間待ちたくない場合は、税額の計算の基礎となる可能性のある収入を確認できます。したがって、この物件の購入にかかる費用を売却価格から差し引いて収入を計算します(これらの費用は適切に文書化する必要があります。たとえば、不動産建設の場合は請求書が必要です)。次に、このように計算された所得に対して19%の税率で税金が計算されます。収入が多い場合、多額の税金を支払うことで、売り手候補を思いとどまらせることができます。したがって、5税年待つという選択肢を検討する価値があります。

重要!

相続や寄付で不動産を取得した人は、通常、そのような取得には費用がかからないことを覚えておく必要があります(公証人の手数料などを除く)。したがって、それらのほとんどについて、税率は販売されている不動産の価格で乗算されます。

例2。

2014年4月、トマシュ氏は80万PLN相当の不動産を購入しました。 2016年5月、彼はその物件を売却することを決定しました。売却から、彼は100万ズウォティの金額を手に入れました。この状況では、課税所得は200,000ズウォティ(1,000,000ズウォティ-800,000ズウォティ)になります。ただし、決済される税額(5税年の終了前に売却が行われた)は、38,000 PLN(200,000 PLN * 19%)になります。

方法3:自分の住宅ニーズのための不動産と費用の売却

アートによると。 21秒PIT法の1ポイント131、不動産および財産権の売却による収入、この収入と、不動産の売却による収入における自家用住宅目的で発生した費用の割合の積に対応する金額。支払いに対する財産権は、検討のために売却を開始した場合、検討のために売却が行われた課税年度の終わりから2年以内に、この財産の売却から得られた収入またはこれは免税です。財産権は自分の住居目的のために使われました

経費のクローズドカタログは、PIT法の規定に包括的に含まれています。これらは、とりわけ、オン:

  • 住宅用建物、その一部またはそのような建物のシェア、別の不動産を構成するフラットまたはそのような敷地内のシェアの購入、ならびに土地または土地のシェアまたは永久用益権の購入この建物または敷地に関連する土地またはそのような権利の共有、

  • 住宅に対する協同組合の所有権またはそのような権利の共有、住宅協同組合における一戸建て住宅の権利またはそのような権利の共有の取得、

  • 住宅用建物の建設のための土地の購入またはそのような土地の共有、そのような土地の永久用益権またはそのような権利の共有(住宅用建物の建設の開始を含む)、

  • あなた自身の住宅、その一部またはあなた自身の住宅の建設、拡張、上部構造、再建または改修、

  • 独自の非住宅用建物、その一部、独自の非住宅用建物、または独自の非住宅用建物の拡張、上部構造、再建、または居住目的への適応

-欧州連合の加盟国、または欧州経済領域に属する別の国、またはスイス連邦に所在します。

  • 不動産の売却による収入を得る前に納税者が支払ったローン(ローン)の返済とローンの利息(ローン)。

免税所得を計算するにはどうすればよいですか?

納税者が所得を計算するための基礎となる式は次のとおりです。

収入×住宅費

-------------------------------------------------- -=所得免除

対価のための販売からの収入

例3。

支払いに対する不動産の売却による収入:PLN 200,000

税控除の対象となる費用:PLN 100,000

収入(つまり収入-費用):PLN 100,000

住宅費:50,000 PLN

この状況では、免税所得は次のようになります:PLN 25,000

重要!

アートに準拠。 PIT法第19条では、不動産および所有権の売却による収入は、契約で指定された価格で表された価値から、公証料や代理店費用などの有償処分の費用を差し引いたものです。

したがって、不動産の売却に対する税金の不払い(または部分的な支払い)を決定する主な要因は、同時に、法定カタログ。さらに、対価の処分が行われた課税年度の終了から2年以内に、対価の処分の日からの期間に発生する必要があります。

この立場は、2014年3月14日の個別判決(ファイル参照ITPB2 / 415-1168 / 13 / DSZ)でビドゴシュチュの税務署長を含む税務当局によっても採用されました。

(...)不動産または権利の売却から収入を得た納税者は、それを別の不動産または権利の購入または建設に割り当て、上記の権利を取得することができます。ただし、免除は、納税者自身の住宅ニーズを満たすことであり、他の人々を満足させることではありません。したがって、納税者が売却代金を使うときにすでにどれだけの不動産を持っているかは重要ではなく、次の購入または建設が実際に彼の住宅ニーズを満たすのに役立つことが重要です。申請者は、申請書に記載されている建設区画の購入がまさにこの目的に役立つことを実証する責任があります。

どの納税申告書に不動産の売却を含める必要があり、税率はいくらですか?

不動産の売却に対する税率は、稼いだ収入の19%です。したがって、課税年度の終了後、4月30日までに、PIT-39年次納税申告書を提出する必要があります。

  • 支払に対する不動産の売却から特定の課税年度に得られた所得、および住宅手当が適用されない所得に対する税金、または

  • 住宅手当による免税所得。

重要!

納税日からの期間に住宅費がすでに発生しているかどうかに関係なく、確定申告には免税所得が表示されている必要があります。

納税申告書の提出日までに処分するか、納税申告書の提出後、つまり課税年度の終わりから2年以内にのみ発生します。

提出されたPIT-39納税申告書で、納税者がPITから免税された所得を示し、税控除を使用するための条件が満たされていない場合、つまり、納税者が自分の住宅のニーズに完全に使用されない場合、納税申告書は次のようになります。修正され、税金は遅延のために利子を付けて支払われる必要があります。重要なのは、利息は支払い期限の翌日、つまり売却収入が得られた課税年度の確定申告の提出期限の後に請求されます。