設備の整ったアパートの売却-どのように決算するのですか?

サービス税

事業活動の一環としての不動産取引が人気を集めています。住宅価格の上昇により、住宅の転売事業は非常に収益性の高いものになっています。この記事では、アパートを購入するプロセスを分析し、起業家はその美学と価値を高めるために改装して設備を整え、利益を上げて転売します。付加価値税に基づいて設備のあるアパートの売却を決済するにはどうすればよいですか?

アパート設備とVAT

家具付きアパートをエクスレート(VAT免除)または優遇税率8%で販売する場合、その中にある分離された機器に標準の23%のVATを課す義務があることに注意してください。次に、施設の配送には免税/優遇税率を適用し、機器の配送には23%の付加価値税率を適用します。ただし、アパートと備品に別々のVAT税率を課す義務は、一般に建物から持ち出すことができる可動装置にのみ適用されます。可動装置で構成される機器をアパート自体から切り離すことは、建物の損傷や全体の大幅な変更につながるような活動ではありません。 民法アート。 47:
§1。モノの構成要素は、レムの財産およびその他の権利の別個の主題であってはなりません。
§2。モノのコンポーネントとは、全体を損傷または大幅に変更することなく、または切断されたオブジェクトを損傷または大幅に変更することなく、モノから切断できないすべてのものです。
§3。一時的な使用のみを目的としたものに関連するアイテムは、その構成部品を構成しません。”.

アパートが改装され、設備の特定の要素が建物に恒久的に接続されている場合、たとえば、ビルトインキッチン家電、壁に恒久的に取り付けられたランプ、ビルトインワードローブ、アパート自体とビルトインの販売機器を分離しないでください。私たちは、2つ以上の活動が互いに密接に関連し、客観的に単一の不可分な経済的イベントを作成するトランザクションを扱っています。その分離は人為的なものです。不動産に恒久的に関連する設備の整ったアパートの売却は複雑な取引であり、均一なVAT率を適用する必要があります。

設備の整ったアパートと可動式の家具付きアパートの売却の違いを説明するために、2015年4月1日の最高行政裁判所の判決の解釈の断片を引用する価値があります。IFSK2134/ 13:

[…]通常、各取引は別個の独立したものと見なされるべきであり、VATの機能を悪化させないために、単一の供給からなる取引は経済的観点から人為的に分離されるべきではありません。したがって、まず第一に、納税者が顧客にいくつかの個別の主な利益を提供するのか、単一のサービスを提供するのかを判断するために、問題の取引の特徴である要素を探す必要があります。ただし、1つのサービスは、納税者が顧客に対して実行する少なくとも2つの要素または少なくとも2つのアクティビティが密接に関連しているため、分離が人為的な1つの分離できない経済サービスのみを客観的に作成する場合に発生します。”.

例1。

エイドリアン氏は事業の一環として、新しい家具を備えたアパートの転売を扱っています。設備には、自立型の家具とビルトインの電化製品が含まれます。アパートを売るとき、エイドリアン氏はアパート自体とそこに含まれる機器の配達に均一なVAT率を適用できますか?

いいえ、税務当局の見解によれば、特定のアパートに密接に関連する機器のみが、物件自体と同じVAT率を販売に使用します。販売時に損傷することなく施設から取り外して持ち出すことができる機器には、基本VAT税率が適用されます。. VATに基づくアパートの売却に対する課税の詳細については、記事「商業商品である不動産の売却とVAT」を参照してください。

設備の整ったアパートの売却-個別の解釈

2015年6月9日の個別判決の主題であるITPP2 / 4512-288 / 15 / APは、ビドゴシュチュの税務署長によって発行され、会社が改装されて販売の準備ができているものを扱う権利があるかどうかという質問でした。設備が整ったアパート全体を販売することにより、アートに基づく付加価値税の免除を適用します。 43秒VAT法の1ポイント10a、または商品やサービスに対する免税は、アパートにのみ適用され、機器を個別の供給品として扱い、23%のVAT率を適用する必要があります。

例2。

有限会社。不動産売買の分野で事業を営んでいます。彼は公証人の証書に基づいて流通市場でアパートを購入します。アパートは商品として扱われ、仮払消費税はありません。その後、アパートは改装され、フレーム、ランプ、鏡、造花、装飾枕、敷物、カーテン、ハンガー、ベッドカバー、装飾タオル、時には新しい家具などの新しい家具が購入されます。購入した不動産の改修および設備への支出は購入額の30%を超えず、資材または設備の単価はPLN3,500未満です。当社は、これらの費用を、発生した月の税控除可能な費用として分類しています。アパートのリノベーションと家具に関連する購入は、アートの下で免除される販売に関連しているという事実のために。 43秒VAT法の1ポイント10aでは、納税者は仮払消費税を控除しません。 VAT税は税控除の対象となる費用です。その後、公証人に基づいてこれらのアパートを自然人に販売します。

ビドゴシュチュの税務署長は次のように述べています。

[...]フレーム、ランプ、鏡、造花、装飾枕、敷物、カーテン、ハンガー、ベッドカバー、タオル、家具などのアパートの設備の要素は、恒久的に取り付けられていないため、アパートの一部ではありません。体の敷地に課税されるため、この敷地の売却に適用される税率で課税することはできません。したがって、機器の要素は、特定の種類の商品に適した規則(規制)に従って課税される必要があります。

したがって、申請書の内容に示されているように、当社がアパートを購入する際に仮払消費税を控除する権利がない場合(公証証書に基づいて流通市場でそれらを取得し、申請書の内容が示していない場合)売却はVAT請求書で文書化されており、Artに準拠して、設備付きのアパートを売却する場合、初期値の30%を超える改善のための費用は発生しません。 43秒法の1ポイント10a-アパートの販売のみを対象とし、追加の機器(申請書に記載)は標準税率、つまり23%の課税対象となります"。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

付加価値税での家具付きアパートの売却の決済-まとめ

要約すると、建物に密接に関連する設備を備えたアパートと自立型設備の販売は、VATに基づく取引の決済方法の点で異なると結論付けることができます。したがって、建物を売却する前に、フラット自体の売却に関連する規定だけでなく、建物内にある機器の個別のVAT課税の可能性についても慎重に分析する必要があります。さらに、機器を購入する前に、アパートの課税とそれに含まれる可能性のある機器の分析を行う必要があります。納税者がVATを使用して自立型機器の供給に課税する義務がある場合、この機器のコンポーネントの購入からこの税金を差し引く権利もあります。