コミッションの販売とVATの納税義務

サービス税

コミッションセールは、コミッション契約である民法契約に基づいて行われます。注文を受理した人(コミッションエージェント)は、本人(本人)から委託された動産を(報酬、コミッションのために)販売することを約束します。彼は彼自身のためにこの販売をします。その結果、2つの契約が作成されます。一つ目は委託業者に委託した動産の売却を義務付けることであり、二つ目は契約の対象となる商品の売買契約です。

コミッションの販売-VAT義務はいつ発生しますか?

原則として、コミッション販売の納税義務は、サービスの提供時または実行時に発生します。ただし、このルールはコミッション契約には適用されません。コミッションセールがある場合、アートに従って支払いの全部または一部を受け取ったときに税金の義務が発生します。 19a段落。 5点商品およびサービスに対する課税に関する法律の1a。したがって、手数料取引からは、契約対象の支払いが本人に支払われるまで納税義務の日付が延期される現金法が使用されます。したがって、この場合、動産を譲渡するという単なる事実は関係ありません。委員会は、支払いを受け取った期間の和解でのみ税金を支払います。

コミッションエージェントの場合、納税義務は、商品のリリース時、または支払いの全部または一部の受領時に発生します(どちらのアクションが早いかによって異なります)。

したがって、校長の課税で導入された変更ははるかに有利です。

委託販売-それを文書化する方法は?

委員会は、配達が行われた月または支払いの全部または一部を受け取った月の翌月の15日までに請求書を発行する義務があります(どちらの活動が早いかによって異なります)。請求書は、支払いの全部または一部の配達または受領の30日前より前に発行することはできません。

請求書を発行するとき、委員会は「現金法」というフレーズを含める必要があります。これは、契約の対象の支払いを受け取ったときにのみ納税義務が発生し、仮払消費税を控除できないことを委員会の代理人に示すことに影響を与えるためです。ついさっき。請求書には、コミッション契約に関する情報が含まれている場合があります。これにより、トランザクションを簡単に識別できます(必須ではありません)。

コミッションエージェントでの委託販売とVATの控除

仮払消費税を控除する権利は、納税義務が発生した期間、つまり動産の売却により本人が納税義務を負う期間の和解で発生します。このため、伝票が現金法で決済されるという情報を請求書に含める必要があります。税額控除は、芸術に従って2つの連続した課税期間中に行うこともできます。 86秒VAT法の11。したがって、コミッションセールがある場合、コミッションエージェントは、元本に商品を支払う期間中、和解で課される税金によって支払われるべき税金を減額する権利を有します。彼が支払わない場合、彼は本人が発行した請求書から商品やサービスに対する税金を差し引く権利がありません。

例1。

委員会は2018年3月3日に商品をコミッションエージェントに配達しました。 4月10日、彼はこれに対する請求書を発行し、それが現金ベースの和解であると述べました。それまで商品は販売されていなかったため、元本は支払いを受けていませんでした。この状況では、発行された請求書はVATを支払う義務を生じさせないため、コミッションエージェントに請求される仮払消費税の控除は認められません。

したがって、コミッションエージェントが商品の販売前および債権の全部または一部をプリンシパルに支払う前にプリンシパルから請求書を受け取った場合、コミッションエージェントはVATを控除する権利がありません。これは、この取引の納税義務がクライアントに発生した場合にのみ可能です。