固定資産の構成要素の売却とその減価償却への影響

Webサイト

事業を営む起業家は、競争に立ち向かいたいと考え、継続的な投資を行っています。最も一般的な購入は、会社の可能性を高める固定資産です。購入した資金やその構成要素の一部が不要で、販売する場合があります。納税者は、固定資産の構成要素の売却をどのように会計処理するのか疑問に思っています。

税控除の対象となる費用

アートに準拠。 22秒PIT法の1では、税控除可能な費用は、芸術に記載されている費用を除いて、収入を達成するため、または収入源を維持または確保するために発生する費用です。 23。

上記の規定から、税控除の対象となる費用はすべての費用であり、したがって、芸術に記載されている費用を除いて、収入の獲得に直接的および間接的に関連していることがわかります。上記の行為の23。

したがって、費用が税控除の対象となるためには、上記の規定に従い、以下の条件を満たす必要があります。

  • 収入または収入源と因果関係にあり、収入を達成するため、または収入源を維持または確保するために発生する、
  • 第1条で言及されている、税控除の対象となる費用として認識されていない費用のリストに含まれていない。 23秒個人所得税法の1、
  • 適切に文書化する。


重要なのは、費用の発生と収入の獲得、またはその源泉の維持または確保との間の因果関係は、費用ごとに個別に評価する必要があるということです。

税控除の対象となる費用として分類できない費用のカタログには、とりわけ、固定資産の取得または生産およびその改善のための費用。固定資産は長年にわたって収入を生み出すために使用されているため、立法者の意志によれば、関連する費用もより長期間にわたって会計処理する必要があります。ルールは、投資費用の決済を時間内に分散させることです。したがって、収入を得るためのコストは、減価償却によって測定されたこれらの資金の消費です(PIT法の第23条(1)(1)(b)および(c)を参照)。

税控除可能な費用としての減価償却

固定資産および無形資産の減価償却の問題は、アートの規定で規制されています。アートへの22a。個人所得税法の22m。

別々に所有されている構造物、建物、建物、機械、装置、輸送手段、および使用期間がより長いその他の品目は、納税者が所有または共同所有し、独自に取得または製造した減価償却の対象となります。完全で、使用の受け入れ日に使用に適しています。1年以上。それらは、納税者が経済活動に関連する目的で使用するか、賃貸契約または賃貸契約、あるいは当技術分野で言及されている契約に基づいて使用する必要があります。 23aポイント1、固定資産と呼ばれます(PIT法の第22a条第1項を参照)。

上記は、アートに従って固定資産および無形資産の登録簿に入力されます。 22n、遅くともそれらを使用する月の遅くとも。後の導入日は、アートで言及されている固定資産または無形の法的価値の開示と見なされるものとします。パラグラフ1の22時間。 1ポイント4。

破産宣言により事業活動を行わない納税者を除き、固定資産および無形資産の初期値を減価償却します。

アートに準拠。パラグラフ1の22時間。議論された法律の1ポイント1、減価償却の償却は、アートの対象となる固定資産または無形資産の初期値から行われます。 22 k、第22条に従い、この測定値または値がレコード(リスト)に入力された月の翌月から開始。 22e、今月末まで、減価償却費の合計が初期値と等しくなるか、清算、処分、または不足が見られました。減価償却費の合計には、Artに従って償却される償却も含まれます。 23秒1、税控除の対象とは見なされません。

納税者は、記事を考慮して、毎月または四半期ごとに、または課税年度の終わりに1回、均等に減価償却を償却することができます。 22i。固定資産とこれらの資産が記録に入力された最初の課税年度に行われた無形資産の減価償却費の合計は、それらが登録簿に入力されてからの期間のこれらの償却額を超えてはなりません(リスト)この課税年度の終わりまで(上記法第22条第4項を参照)。 第22条に従い、固定資産からの減価償却。 22j-22łは、減価償却率のリストに指定されている減価償却率と、第1条で言及されている原則を使用して作成されるものとします。パラグラフ1の22時間。 PIT法の1ポイント1。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

固定資産の構成要素の売却とその減価償却

減価償却を行うときは、資産の初期価値を決定する必要があります。その値を正しく決定することは、減価償却額を決定するために決定的です。

2016年2月9日のビドゴシュチュの税務署長の個別の解釈、ITPB1 / 4511-1184 / 15 / JC:

「固定資産の初期価値の正確な決定は、その金額が減価償却費の価値によって決定されるため、非常に重要です。
アートの提供。段落1の22g。上記の1点2法の、段落を考慮に入れて、固定資産と無形資産の初期値を規定します2-18、それはそれ自身の生産の場合に考慮されます-生産コスト "。

今日、固定資産は多くの場合、多くの要素で構成される非常に複雑な機械やデバイスの形をしています。個々の部品を取り外しても、固定資産の有用性が失われない場合があります。

例1。

納税者は多くのコンポーネントで構成されるマシンを持っています。納税者は、その一部である骨材を売却することを決定しました。骨材の販売は、機械の有用性に影響を与えません。このような状況では、減価償却費の償却を変更する必要がありますか?

冗談で。段落1の22g。 PIT法第20条では、特定の固定資産からコンポーネントまたは周辺部品が恒久的に切断された場合、この資産の初期値は、購入価格の差により、切断後の翌月から減価償却されます。切断された部品の(製造原価)および合併期間中のそれに起因する金額、減価償却方法を使用して計算された減価償却の合計、およびこの固定資産の減価償却を計算するときに使用された減価償却率。これは、納税者が減価償却を減らす必要があることを意味します。したがって、構成部品の販売により、減価償却費が削減され、したがって、税控除の対象となるコストが削減されます。