社内およびCITで生成された所有権のある著作権の販売

サービス税

法人所得税の会計処理は複雑で複雑です。相反する多数の税の解釈は役に立ちません。主な問題は、法人が多くの個人(共同所有者、従業員)で構成される人工的な法人であるのに対し、その活動は多くの経済部門に分割できることです。この法人の従業員が社内で作成した所有権のある著作権の販売に関しては、税の問題はそれほど複雑ではありません。

例として、革新的なITソリューションの作成を専門とする有限責任会社を取り上げることができます。原則として、現行法では、従業員が作成したすべてのソフトウェア(著作権法に基づく作品)は、この会社によって取得されます。では、法人所得税の観点から、法人である納税者が作成した所有権の売却はどのように扱われるべきでしょうか。それらはキャピタルゲインからの収入として分類されるべきですか、それとも他の源泉からの他の収入として分類されるべきですか?この記事では、これらの質問に答えようとします。

社内で生成された著作権の販売の会計処理に関連する問題の原因

法人に属する事業体によって生成された所有権のある著作権の販売の会計処理に関連して議論された問題は、CIT法の改正の発効とともに現れました。 CIT法は、収入をキャピタルゲインからの収入と他のソースからの他の収入に分割することを導入しました。その結果、個々のコストを区別し、特定のソースからの収益に割り当てる必要がありました。これは、法人である納税者は、総収入とそれらを取得するためのコストからそれらを取得するためのコストとともに、キャピタルゲインからの収益を区別する義務があることを意味します。

この収益グループには、所有権のある著作権の販売による収益が含まれます。残念ながら、キャピタルゲインからの収入として企業が独自の範囲で作成した所有権のある著作権の販売を含めるという問題は、まだ統一された解釈を受けていません。

アートに準拠。 7b段落。 1ポイント6点灯。 2018年1月1日の文言におけるCIT法のaでは、キャピタルゲインからの収入は、アートで規制されている財産権からの収入を構成していました。 16b段落キャピタルゲインに含まれない収入の獲得に直接関連するライセンス収入を除く、CIT法の1ポイント4-7。議論された法律の上記の規定への法定の言及は、収益の分類が、使用の受け入れの日に経済的使用に適した、第三者から取得した減価償却の対象となる無形資産および法的資産を含むという事実をもたらしました。それは〜についてだった:

  • 著作権または関連する財産権;
  • ライセンス;
  • 法律で指定された権利-工業所有権法、すなわち集積回路の発明、実用新案、意匠、商標、地理的表示および地形。
  • ノウハウ、つまり、産業、商業、科学、または組織の分野の知識に関連して取得された情報に相当する値。

キャピタルゲインのカタログには、法的根拠に関係なく、法人のすべての資産に関連する収益(収入)も含まれているため、その処分、賃貸、またはリースからも含まれます。

残念ながら、アートの提供。 7b段落。 1ポイント6点灯。また、CIT法では、キャピタルゲインからの収入に、取得した財産権の売却からの収入だけを含めるべきか、納税者自身が生み出した収入だけを含めるべきかを指定していませんでした。このため、教義は、問題の条項の詳細の欠如に起因する多くの疑問を示しました。当初、税務当局は、納税者が事業の一環として自ら生成した所有権を売却する場合、この方法で得られた収入はキャピタルゲインからの収入として認定されるべきであるとの意見でした。



この規制の解釈は、企業の納税者にとって、特に主に新しいテクノロジーやソフトウェアを作成することで生計を立てている企業、つまりIT業界にとって非常に深刻な問題でした。この解釈は、活動で得られた主な収入を他の源泉から除外し、その結果、そのような納税者が彼の活動の費用を控除する権利のほとんどを失った状況につながりました。これにより、未償還の税務上の損失が発生しました。さらに、そのような場合、納税者は、アートに従って。 CIT法の18dでは、彼らは研究開発活動への支出の控除から利益を得ることができませんでした。

例としては、国税情報局長(ref。0111-KDIB1-1.4010.294.2018.1.NL)の解釈があります。

「納税者によって生み出された著者の経済的権利の売却は、実際には無形資産ではない内部的に生み出された権利の売却です」。

納税者に有利な解釈の変更

上記の立場に関連して、税務当局は、自己生成著作権の売却はキャピタルゲインからの収入と見なされるべきであると主張し始めました。このような事態の変化を考慮して、大蔵大臣は、条項をより正確にすることによって条項を修正することを決定しました。キャピタルゲインには、納税者が生み出した権利からの収入は含まれていないことがわかりました。納税者が事業の一環として自ら生み出した所有権を売却する場合、こうして得られた収入は、キャピタルゲイン以外の財源からの収入として適格とされるべきです。

自分で作成した所有権のある著作権の別のエンティティへの譲渡は、キャピタルゲインからの収益を生み出さないことを強調しておく必要があります。これらの収益はアートによってカバーされていないためです。 16b段落CIT法の1であり、したがって、それらを作成した納税者の無形資産を構成するものではありません。

以上のことから、納税者が作成した作品への著作権の譲渡は、アートの意味での無形資産を構成しない自己生成の権利の販売であるということになります。 16b段落CIT法の1ポイント4-7であり、したがって、それらは他の財源からの収入と見なされるべきである。

2019年の初めから、納税者が自社で作成した所有権のある著作権の販売から収益を得る状況は、より予測可能で確実になりました。これは、2019年1月1日に改正が発効し、それによるとアートの文言が発効したためです。 7b段落。 1ポイント6点灯。およびCIT法。立法者は、納税者自身が生み出した財産権から得られる収入をキャピタルゲインから明示的に除外しました。これは、問題の著者の経済的権利の売却がキャピタルゲイン以外の収入源から収入を得ることを意味することに疑いの余地がないことを意味します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例外と解釈上の疑問

それでもアートであることを覚えておく必要があります。 7b段落。 1ポイント6点灯。アートで言及されている財産権に関するCIT法。 16b段落CIT法の1ポイント4〜7は、キャピタルゲインに含まれない収入の取得に直接関連するライセンスからの収入を除外します。

例1。

資本会社である納税者は、フランチャイザーの商標とノウハウをその請負業者であるフランチャイジーにさらにライセンス供与するためのライセンスを受け取りました。このような状況では、納税者によって付与されたライセンスは、納税者が提供する包括的なサービスに付随するものであるため、サービス全体と同じ方法で会計処理する必要があります。

納税者が別の納税者によって作成された権利の1つを取得するか、追加のライセンスを付与するためにライセンスを取得する状況では、この収入(特に減価償却から生じる対応するコストとともに)は、のカタログに含まれます。キャピタルゲイン。

「キャピタルゲインに含まれない収入の獲得に直接関連するライセンス収入」の除外は、アートの提供として、さらなる解釈の疑問につながりました。 7b段落。 1ポイント6点灯。また、CIT法は、これまでCIT法に知られていない概念と構造、つまり収入を他の収入と関連付ける義務を導入しています。このような規定の構造により、立法者はより複雑な取引の一部として付与されたライセンスのみを意味し、付与されたライセンスはサービスの一部にすぎず、取得に関連するすべての種類のライセンスを意味するわけではないという教義があります。キャピタルゲインに含まれない収益。

では、自分で作成した所有権のある著作権の販売をどのように数えますか?

現在、作品(ソフトウェアなど)を制作・販売している起業家の税務状況は安定していると言えます。 CIT法に関する2019年1月1日の改正は、社内で生成された所有権のある著作権の販売は、キャピタルゲイン以外の収入源からの収入として分類されるべきであることを明確に示しています。

ただし、キャピタルゲインに含まれていない収入の取得に直接関連するライセンス収入に関連する解釈上の疑問がまだあります。この問題に関する明確な判断の数が少ないことも役に立ちません。したがって、立法者もこの問題を検討し、現在施行されている不明確な規定を修正することが期待されるべきである。