デフォルトの判断への異議-最も重要な情報

サービス

民事訴訟においてデフォルトの判決を下すことが可能です。ほとんどの場合、被告が聴聞会に出頭せず、彼の不在を正当化しなかった場合、または彼が聴聞会に出席しているがそれに参加していない場合に発行されます。欠席した場合、発行された判決は直ちに執行可能であり、判決の内容は、裁判所が示された住所に送付する書簡から知ることができます。その中には、デフォルトの判断に異議を唱える可能性があることを示す注記があります。被告が異議を申し立てることができる時期と、書簡に何を示すべきかについては、以下を参照してください。

デフォルトの判断に対する異議

デフォルトの判決は、被告が不在の場合に訴訟を解決する裁判所の判決です。すべての召喚状が適切に提出された場合、聴聞会で彼が不在の場合に釈放される可能性があります(民事訴訟法第339条)。

注意!

手紙が2回通知された後、裁判所はそれが役立ったと見なします。

被告が公聴会に出廷しない場合、または弁護声明を提出しない場合、請求書または訴状に記載された事実に関する原告の声明は、郵便事業者を通じて、またはヒアリングは、真実として受け入れられます。

被告が通信を行い、請求の陳述に応答し、彼の立場を提示する場合、裁判所は彼の陳述を考慮に入れます。さらに、請求の陳述に応じて、原告の不在下で解決される訴訟を申請することが可能です。このような場合、裁判所はデフォルトの判決を下しません。

注意!

被告が不在のときに聴聞会を開くことを要求した場合、被告の不在時に出された判決はデフォルトにはなりません(民事訴訟法第340条)

提供されたデフォルトの判決とともに、異議を申し立てる権利に関する指示が常に添付されています。判決を受けた日から2週間です。判決に対する上訴は、裁判所に送付しなければならない場合の手紙です。

デフォルトの判断に異議を唱える方法は?

デフォルトの判決に対する異議は、訴えの要件を満たす必要があります(民事訴訟法第126条§1)。

  1. 対象となる裁判所の指定。

  2. 当事者の名前と名前、起業家の場合はその法定代理人、会社の名前と企業の利益を代表する人物、および任命されている場合は弁護士の詳細。

  3. ファイル参照番号;

  4. 紛争対象の価値(WPS)、つまり、被告が同意しない最も近いポーランドズウォティに四捨五入された金額。

  5. 文字の種類の表示-この場合、「デフォルトの判断に対する異議」になります。

  6. あなたの立場(異議)の簡単な説明、これは「正当化」と呼ばれる部分です。

  7. 裁判所に何が期待されているかを明確にする。

    • デフォルトの判断を脇に置き、

    • クレームの完全な却下、

    • 原告に被告の訴訟費用を支払うよう命じ、

    • デフォルトの判決に課せられた即時の執行可能性の厳格さの停止、

    • 新しい証拠を持参する(どのような証拠とどのような状況でそれが呼び出されるかについて言及する必要があります)。

  8. 当事者またはその代表者の署名。

  9. 訴訟費用の証明。

重要!

ルブリンの電子裁判所が発行した支払い命令に対する異議申し立ては、オンラインで送信できます。

デフォルトの判決に対する異議申立手数料はいくらですか?

デフォルトの判決に対する反対は、請求手数料に相当する手数料の対象となります。支払いの場合、料金は紛争の対象(CCP)の価値の5%であるため、料金は比例して少なくなります。

例1。

延滞したVAT請求書を5,000ズウォティで支払う場合、

WPS = PLN 5,000

訴訟費用PLN5,000の5%= PLN 250

異議申立手数料5%WPSの1/2 =½x250= PLN 125

PLN 125の料金は、手紙の宛先となる裁判所の銀行口座、裁判所の現金デスク、または裁判所のマークで支払う必要があります。

デフォルトの判決に異議を申し立てるときに何を期待しますか?

デフォルトの判決に対する支持された異議申し立てが裁判所に提出された後(民事訴訟法第345-347条)、裁判所は事件を再調査し、次のことを行うことができます。

  1. デフォルトの判断の全部または一部を支持し、

  2. それを廃止し、請求書の要求を決定し、

  3. (申立人によって提出された)請求を拒否し、

  4. 手続きを中止します。

デフォルトの判決に対して提出された異議を取り下げることはできますか?

異議申し立てが取り下げられた場合、裁判所が取り下げが許容可能であると判断した場合、裁判所は、異議申し立てによって生じた手続きを中止し、請求書の取り下げの場合と同様に費用を裁定するものとします。その後、デフォルトの判決が最終となります(民事訴訟法第349条)。