大陸法パートナーシップ-会社のパートナー間の協力条件は何ですか?

サービス

多くの場合、起業家は市民パートナーシップの形で共同で事業を営むことを決定します。一般に信じられていることとは反対に、シビルパートナーシップは、商業会社、特に有限責任会社のように、独立した組織ではありません。アートに準拠。民法(CC)の860§1、定款により、パートナーは、特に貢献することにより、顕著な方法で行動することにより、共通の経済的目標を達成するよう努めることを約束します。大陸法パートナーシップは、そのパートナーとは別の法人ではないため、起業家とは見なされません。アートに準拠。 4秒起業家法第2条では、起業家は経済活動の範囲内で市民パートナーシップのパートナーです。

定款はどのような形で締結されるべきですか?

民法の引用条項の§2に従い、定款は書面で締結する必要があります。シビルパートナーシップ協定は公証人の参加を必要としません。

大陸法パートナーシップ-誰がパートナーになることができますか?

法的能力を備えた事業体は、大陸法パートナーシップのパートナーになることができます。

  • 物理的な人々、

  • 法人、

  • アートで言及されている組織単位。民法の33¹(いわゆる障害のある法人)。

定款にはどのような取り決めを含める必要がありますか?

定款では、当事者は少なくとも次のような要素を含める必要があります。

  • 経済的目的の指定、

  • 各パートナーの運用モードの指定-特に彼らの貢献。

共通の経済目標として何を理解する必要がありますか?

立法者は問題の概念を定義せず、この点で特定の除外を規定しなかったため、大陸法パートナーシップのパートナーは共通の経済的目的を自由に定義することができました。この概念は、物質的な利益(獲得目標)を目指して努力するものとして理解されるべきであることは間違いありません。

シビルパートナーシップのパートナーの権利と義務は何ですか?

大陸法パートナーシップのパートナーの権利と義務には、特に次のものが含まれます。

  • 貢献する義務、

  • 契約に規定されているその他の措置を講じる義務、

  • 会社の利益への分割と参加を要求する権利、

  • 会社の会員資格が終了した場合に会社の資産の一部に参加する権利、

  • 会社の業務を遂行する義務と権利、

  • 会社を代表する義務と権利、

  • 会社から脱退する権利、

  • 裁判所による会社の解散を要求する権利。

大陸法パートナーシップに関する規定はどこに適用されますか?

法学では、大陸法パートナーシップに関する規制は、さまざまな種類のつながり、協会、組織、特に次の目的で適用されました。

  • 財産決済の分野の同居人(1986年1月31日の最高裁判所の決議、ファイル参照番号III CZP 69/85)、

  • コンソーシアム、すなわち、公的契約の授与の共同申請に関する合意(2016年5月24日のクラコウの控訴裁判所の判決、ファイル参照番号I ACa 408/16)。

大陸法パートナーシップで株式を売却することは可能ですか?

シビル・パートナーシップには、個人の構成が不変であるという原則があると想定されています。それは、とりわけ、アートの内容から派生したものです。民法の863§1。これによれば、パートナーは、パートナーの共同財産の株式またはこの財産の個々の構成要素の株式を処分することはできません。したがって、このシェアを他の人に譲渡することは認められません。

新しいパートナーを会社に入れることはできますか?

会社に新しいパートナーを認めるために、定款を修正する必要はありませんが、既存のパートナーと新しいパートナーの間で新しい契約を締結する必要があります。

記事に基づく。民法第872条では、相続人が故人のパートナーを交代させることも認められています。しかし、これはいわゆる会社の会員権は継承されます。

シビルパートナーシップのパートナーを変更することは可能ですか?

最高裁判所は、2009年2月11日の判決(ファイル番号V CSK 325/08)で、パートナーを置き換えることはできないという見解を表明し、市民パートナーシップの株式の売却に関する合意を次のように認めました。無効。パートナーによる株式の売却を目的とした法的行為は、最高裁判所によって彼女の会社からの撤退として認められました。これは、2人のパートナーシップの場合は解散を意味しました。最高裁判所の意見では、芸術で表現されています。民法第863条では、パートナーの共同財産の株式の処分の禁止は、パートナーが会社を辞めるときにも適用されます。これは、そのような撤回の結果がアートで規定された和解であるためです。民法の871。

2011年6月10日の最高裁判所の7人の裁判官の決議(参照番号III CZP 135/10)で、最高裁判所は次のように示しました。 民法パートナーシップのパートナーは、アートとしての共通性の主題に関係なく、パートナーシップからの撤退の宣言の結果として、メンバーシップとパートナーの財産の共同所有者のステータスの両方を失うこと。 871 K.c.この点で差別化は導入されていません。 共有財産に対する重要な権利の喪失という形での影響は、法律の運用によって発生します。 さらに、裁判所の意見では、次のように述べる必要があります。 共同財産の特定の株式に対する権利を持たないパートナーは、会社の残りのパートナーに譲渡することを含め、それを処分することができませんでした。さらに、法律により、彼の既存の財産権は、これらの権利と同等の現金の支払いを要求する可能性にまで減少したため、彼は何も譲渡する必要はありませんでした。したがって、会社を辞めた結果、既存の共同財産は、そこに残ったパートナーの正当な共同所有権になると結論付ける必要があります。これは、一方では共同所有者の数が減少し、他方では、既存のパートナーによって失われた共同財産の権利が会社に残る共同所有者の権利を増加させることを意味します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

パートナーの変更-段階的に

他の人が自分の席に加わることを許可して会社を辞めるつもりのパートナーは、正しい行動の順序を覚えておく必要があります。

最初のステップは、新しいパートナーと既存のパートナーの間でパートナーシップ契約を締結することです。会社が3人構成の場合に限り、株主は会社への参加の終了宣言を提出することができます。それ以外の場合、定款は少なくとも2つの当事者を接続する必要があるため、終了します。

その後、会社を辞めた株主は、この目的のために会社への参加の終了の宣言を提出することにより、会社への貢献に相当する金銭の返還を要求することができます。さらに、既存のパートナーは、すべてのパートナーの貢献の価値を差し引いた後に残っている共同財産の価値のそのような部分の支払いを要求することができます。これは、既存のパートナーが会社の利益に参加した比率に対応します。

例1。

シビルパートナーシップという形での経済活動は、3人のパートナーによって行われています。それらのそれぞれは、3万PLN相当の会社に貢献しました。利益は平等に分配されました。パートナーの1人であるヤン氏は会社を辞めることを決定し、この目的のために彼は他のパートナーに退職を宣言しました。 Jan氏が会社を辞めた日、彼らの共同財産は100万ズウォティに達した。したがって、ヤン氏は、拠出金の返還として30,000ズウォティ、共有財産の一部として303,333.33ズウォティ[(1,000,000〜90,000)/ 3]の支払いを要求する場合があります。

大陸法パートナーシップは独自の銀行口座を持つことができますか?

2013年6月4日の判決における最高行政裁判所(ファイル参照番号II FSK 1533/12)は、次のように述べています。 銀行は、大陸法パートナーシップの決済口座を維持することはできません。ただし、1997年8月29日の法律の規定の意味の範囲内で起業家であるため、このようなアカウントはこの会社のパートナーのために保持される場合があります。 -銀行法(2012年法律ジャーナル、修正された項目1376)。

大陸法パートナーシップは破産を宣言できますか?

最高裁判所は、2002年11月6日の決議(ファイル番号III CZP 67/02)で、シビルパートナーシップには破産能力がないという一般的に一般的な見解を確認しました。一方、そのパートナーは破産を宣言することがあります。

大陸法パートナーシップは納税者ですか?

大陸法パートナーシップには、そのパートナーとは別の法人がなく、所得税の納税者でもありません。アートによれば、彼らは彼らです。 8秒この会社のパートナーである個人所得税に関する1991年7月26日の法律の1。同様に、不動産税の場合、納税者は不動産の共同所有者、つまり会社のパートナーです。

ただし、物品税に関する2008年12月6日の法律に基づき、パートナー自身ではなく、パートナーの組織としてのシビルパ​​ートナーシップには、当然のことながら、市民パートナーシップが以下の活動を行うという条件で、税金と法人格が付与されました。アートで言及されている税の範囲内。 13秒アートに関連して1。 102段落。法の1-3(2017年4月21日の最高行政裁判所の判決、ファイル参照番号I GSK 936/15)。

実際には、大陸法のパートナーシップは一般にVAT納税者(付加価値税)と見なされますが、この見方は法学では議論の余地があります。

シビルパートナーシップによる道路輸送の提供-この活動は、免許を持った人だけが行うことができますか?

この問題は、2017年3月17日の判決(ファイル参照番号II GSK 1579/15)の正当化において最高行政裁判所によって検討され、次のように指摘されています。 パートナーの1人だけが道路輸送免許を持っている民法パートナーシップでは、ライセンシー以外の人によるこれらのサービスの提供は、芸術に違反して、免許に基づく権利を第三者に譲渡することを意味します。道路輸送に関する2001年9月6日の法律の13セクション1(2012年法律ジャーナル、項目1265、修正済み)。道路輸送免許に起因する資格の個人的な性質により、合弁会社の利益のために市民パートナーシップのパートナーの1つが同程度に輸送サービスを提供しても、他のパートナーが単独で、またはライセンシーと共同で道路輸送を行う。大陸法パートナーシップは別個の法人ではありませんが、それはパートナーが共通の経済目標を達成することを約束する契約関係であり(民法第860条第1項)、共同事業は2つ以上のパートナーであり、個々のアクションの合計としてではありません。したがって、パートナーが合意した市民パートナーシップ内で行われる合弁事業が商品の道路輸送である場合、各パートナーがこの種の活動を行うための免許を持っていれば、会社の目標は達成されます。アートの解釈。 5セクション1およびセクションアートに関連する道路輸送法の3。 4経済活動の自由に関する2004年7月2日の法律のセクション2(2013年法律ジャーナル、修正された項目672)およびアートに関連して。民法の860§1。