企業の社会的責任-ファッションまたは本当のニーズ?

サービス事業

今日、重要なのは企業が提供するサービスとソリューションの品質だけでなく、社会の利益のための活動への取り組みでもあります。したがって、CSR内のすべての活動は、多くの企業の運営戦略および積極的で無関心な態度を伝える方法において一種の必需品になります。では、どのようにして企業の社会的責任を構築できるのでしょうか。

企業の社会的責任-それは正確には何ですか?

企業の社会的責任は、企業の経営戦略に他なりません。それは、利益に焦点を合わせることに加えて、その周りで起こっていることに関心を示しています。

さらに、自然環境、社会、社会問題の解決を支援する技術などの分野での積極的な活動は、今日の顧客によるブランドの認識において非常に重要です。その結果、スマートCSR活動は企業の利益拡大に貢献します。なぜなら、AブランドとBブランドのどちらを選択するかがますます多くなり、決定的な声を持っているのはそれぞれの向社会的活動だからです。

企業の社会的責任の一環としてどのような活動を行うことができますか?

CRSの仮定を実装する企業は、アクション戦略でそれらを考慮に入れる必要があります。企業が環境保護と社会的利益を考慮に入れる概念の数の中には、とりわけ次のものがあるかもしれません。

  • 重要な問題に関するレポートなど、透明性の高い情報ポリシー。

  • 自然環境への悪影響を軽減する技術の開発。

  • 社会的問題の解決を目的としたソリューションの構築。たとえば、知識の共有を目的としたプログラムや事業の指導。

  • 価値観と組織文化に基づいて会社を管理する。

  • 会社の従業員と請負業者の間で社会的責任を広める。

CSR活動の例

向社会的活動の例は、非常に長い間増加する可能性があります。要するに、植樹などの生態系保護活動を通じた財政支援から、すでに有名なポーランドビジネスランなどのキャンペーンへの積極的な関与まで。主な主催者は、大企業や大企業の支援を受けて、2012年からこのイベントの開催に成功しており、年々人気が高まり、ますます多くの企業が参加しています。

社会を助ける方法はたくさんあります。スポーツキャンペーンでは、従業員の参加と慈善団体への参加意欲が必要です。もちろん、それは常に会社について前向きに証明しますが、それは他人を助ける唯一の形ではありません。

技術開発はCSRにどのような影響を与えましたか?

現在、いくつかの技術的な改善があります。たとえば、多くのNGOはDotPayなどの電子決済を使用しています。クイックDotPay支払いは、非常に実用的なソリューションです。これらは、組織のアカウントへの支払い(寄付)および統計的に定義された目的のための資金の割り当てに関連するプロセスを改善します。このおかげで、NGOは、病気の子供、障害を持つ人々、事故の犠牲者など、他の人々を助けることがはるかに簡単になります。

SMSプレミアムレートサービスは、商業活動の基盤となる追加ツールです。結局のところ、他の人をサポートするために、組織は何らかの方法で自身の活動の費用も負担しなければならないことを忘れてはなりません(フルタイムスタッフの給与およびとりわけオフィスのメンテナンスに関連するその他の固定料金) 。非政府組織は、週に数時間を仕事に費やすボランティアであるだけでなく、フルタイムで必要としている人々の利益のために仕事に従事する人々でもあり、それを行うには、単に稼ぐ必要があります。

企業の社会的責任-まとめ

他人を助ける意欲は、社会や市民に自然に刻まれているようです。もちろん、誰もが自分のために働くべきだと言う人は常にいますが、これは自分で助けが必要なときに簡単に変わる可能性があります。一般的に、統計を見ると、ポーランド人の大多数は他の人を助けたいと思っています。多くの人が、例えば上記の従業員の活性化など、向社会的活動への企業の関与を高く評価しています。ポーランドビジネスランまたは特定の目的のための寄付、非政府組織。

上記に関連して、私たちは支援の文脈では、ファッションではなく必要性について話しているようです。それはトレンド以上のものであり、一定の基準となるアイデアです。