公証人が税金を徴収しなかった場合の結果

サービス税

公証人の証書の形で締結された契約の形で行われた特定の取引の場合、税金を徴収する義務は公証人にあります。この記事では、公証人が税金を徴収しなかった場合の結果と、そのような行動に対する責任の問題がどのように提示されるかについて説明します。

支払人としての公証人

冒頭で指摘したように、契約書のカタログがあり、公証人事務所で作成すると納税者になります。アートで読むことができるように。税法第8条では、納税者は、納税者から税金を計算して徴収し、期限内に税務当局に支払うことが税法の規定に基づいて義務付けられている、自然人、法人、または法的人格のない組織単位です。したがって、支払人には3つの基本的な義務があります。それは、税を計算し、徴収し、税務当局に支払うことです。

アートに準拠。法の7§1-公証人に関する法律、支払人としての公証人は、別個の規制に基づいて税金を徴収します。これらの個別の規定は、民法取引税法(PCC)と相続税および寄付税法(SD)です。アートに準拠。 10秒PCC法の2では、公証人は公証人の証書の形で行われた大陸法取引に対する納税者です。ただし、アートに準拠。 18秒SD法の1では、公証人は公証人の証書の形で行われた税金の支払人です。

  1. 寄付、
  2. この点に関する共同所有権の不当な解散または和解のための契約、
  3. 地役権の無償設立のための契約、
  4. 自由使用の確立のための契約。

公証人は、民法取引に対する税金または相続および寄付に対する税金の対象となる公証人の証書の形で行われる取引の場合、税金を計算、徴収、および支払う義務のある支払人として行動します。

アートに準拠。公証人に関する法律の89§2では、公証人はまた、適切な法的根拠を参照して、作成された各文書に税額を記載する義務があります。また、アートに準拠。 10秒PCC法と芸術の3a。 18秒SD法第2条では、公証人は徴収された税金の登録を保持し、徴収した月の翌月の7日までに公証人の管轄税務署に税金を支払い、電子的手段で提出する義務があります。徴収され支払われた税額に関する宣言。

公証人が税金を徴収しなかった場合の結果-納税義務

そのため、納税者となる公証人は、徴税の翌月の7日までに計算、徴収、納税を行う義務があります。しかし、これらの規定の公証人による違反の結果は何ですか?そのような場合、納税義務は納税者に移転されますか?

上記の質問に答えるためには、まずアートの内容を参照する必要があります。税法の30§1-4。ここでは、アートで指定された義務を履行していない支払人がそのことを読むことができます。 8、徴収されなかった税金または徴収されたが支払われなかった税金に対して責任があります。支払人は、彼のすべての財産とともに上記の債権に責任があります。税務手続において、税務当局が上記の状況を発見した場合、当局は、徴収されていない、または徴収されていないが未払いの税額を指定する、支払人の納税義務に関する決定を発行します。 納税者である公証人に課せられた義務の違反については、公証人はすべての資産に対する法定責任を負います。公証人を裁判にかける根拠を決定するために、税務署は決定を下します。 しかし、当面の場合、アート。税法の30§5。別の規則で別段の規定がある場合、または納税者の過失により税金が徴収されなかった場合、§1-4の規定は適用されないと述べています。このような場合、税務当局は納税者の責任に関する決定を下します。納税者の責任は、納税義務の金額を決定する決定において裁定される場合があります。この別個の規定はアートです。 10秒PCC法の3cでは、支払人が未徴収の税金について責任を負わないことが再度示されました。興味深いことに、相続税と寄付税に基づいて、立法者は同様の規制を導入することを決定しませんでした。

したがって、上記は責任の問題が過失に依存することを意味します。納税者の過失により税金が徴収されなかった場合、公証人は税金の影響を負いません。一方、過失(意図的および非意図的の両方)が公証人に起因する可能性がある場合、彼は課税の対象となります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例1。

寄付契約を結びたいと思っていた二人が公証人のところにやって来ました。彼らは、継母と継子の関係があり、そのような寄付を非課税にしたと述べました。その結果、公証人は寄付税を徴収しませんでした。彼らはお互いに見知らぬ人だったので、当事者の声明は誤りであることが判明しました。このような状況で寄付金に課税されたが、納税者の​​過失により公証人は責任を負わない。

例2。

両当事者は公証人の前に不動産売却契約を締結しました。公証人は税金を計算して徴収しましたが、期限内に税務署に支払いませんでした。この場合、支払人の義務の違反は公証人の過失によって引き起こされました。これは、公証人がPCC税に責任があることを意味します。売買契約の当事者は公証人の過失について有罪ではありませんでした。 公証人は、それが彼のせいである場合、未払いの税金に対して責任があります。この場合、それは意図的および非意図的な障害の両方です。

未徴収税に対する公証人の罰金財政責任

公証人が税金を徴収して支払わない責任があることが証明された場合、公証人は起こりうる罰金財政責任も考慮に入れなければなりません。財政刑法の規定は、納税者と送金者の両方に同程度に適用されることに注意する必要があります。

したがって、公証人はアートの下で責任を負う可能性があります。刑事手続法の77§1。所轄官庁に期限内に徴収された税金を支払わなかった支払人または徴収人は、最高720日の罰金または最高で懲役に処せられると述べられています。 3年、または両方の罰則を共同で。責任はアートに基づく場合もあります。 CCの78§1によると、税金を徴収しない、または納税額よりも少ない金額で徴収する支払人は、最高720日の罰金または最高2年間の懲役、あるいはその両方の対象となります。共同でこれらの罰則の。 公証人が管轄の税務署に税金を徴収または支払わなかった行為も、刑法に基づく責任を負う可能性があります。 公証人が税金を徴収しないことの結果の問題を分析するとき、責任の範囲の決定に影響を与える基本的な要因は罪悪感の事実であることを覚えておく必要があります。それが公証人に帰属する場合、彼は税金と刑事財政の両方の目的で責任を負います。