セグメンテーション違反大学ワルシャワ、3月23日と24日

Pat Pat

3月、SegFaultは大学の公式で戻ってきます!

 



SegFaultは、ワルシャウでのイベントで新年を迎えます。これは、SegFault大学の既知の公式です。 3月23日と24日にゴールデンフロアタワーカンファレンスアンドトレーニングセンターでお会いします。
SegFault Universityは、従来の形式の会議(プレゼンテーション)とワークショップを組み合わせた2日間のイベントです。
特にワークショップでは場所の数が限られているので、急ぐ価値があります!

SegFaultワークショップの日のトピックには、イベントストーミング(Mariusz Gil、Marcin Markowski、Piotr Wyczesany、Oskar Dudycz)とElastic Search(Zbyszko Papierski:「両親が家にいないときにアプリケーションは何をしますか。Elasticについて少し説明します」の両方が含まれます。 APM) ")、分散システム(Szymon Pobiega:"クラウドでのコヒーレント非同期通信。信頼できないものから信頼できるシステムを構築する方法
コンポーネント。」)、ディープラーニングとAI(MarekBędkowski)。いつものように、プレゼンテーションの主題はさまざまです。厳密に技術的なトピックに加えて、ソフトプレゼンテーションもあります。

ワルシャワのSegFault大学の詳細については、https://segfault.events/warszawa2020およびソーシャルメディア@SegFaultConfをご覧ください。
●https://www.facebook.com/SegFaultConf
●https://twitter.com/SegFaultConf
●https://www.linkedin.com/company/segfaultconf


ワルシャワでお会いしましょう!