家賃の一括払い-2021年から何が変わりますか?

コサイス変更

2021年からの一括払いの変更!民間不動産を借りる人は、収入の一括払いができるようになります。これが財務省の決定です。導入された変更は、納税額が低くなるため、多くの人々にとって有益です-税務署とのすべての紛争は終了します!レンタルの一括払いの対象となるのは誰かを読んでください!

現在の家賃の一時金

2020年の賃貸アパートからの収入の一時金率は次のとおりです。

  • 100,000 PLNを超えない収益の場合は8.5%。

  • 100,000ズウォティを超える収益の場合は12.5%。

一般的な条件で賃貸アパートの税金を決済する納税者は、17%または32%の税率で、19%のフラット税率で納税する必要があります。

原則として、納税者は、特定の課税年度における不動産の賃貸から生じるすべての収入に課税する義務があります。賃貸自体に加えて、すべての契約は、含むすべての契約に課税する必要があります。賃貸、サブレット、リースなど。

一時金は私有不動産を借りる人が支払う-税務署は、不動産を借りる人はビジネスのように振る舞うとしばしば指摘している:利益を生む性質と与えられた不動産を借りる繰り返しのサイクルのために、したがって、より高い税金が必要でした。問題は、賃貸がいつ私的であるか、そしてそれが事業活動の一部としていつ実行されるかを定義する法律の定義の欠如です。したがって、導入された変更により、既存の紛争が解決されます。

家賃の定額-2021年からの変更

一時金の変更は、物件の賃貸に高額な費用がかからない人に最も役立ちます。個人所得税を支払う人は、一般的または線形の規則から一時金に切り替えることができ、それは彼らにとってより有益になります。

法改正案に含まれる改正。 o自然人が稼いだ特定の収入に対するPIT、CIT、および定額所得税は次のとおりです。

  • 登録された一時金は、事業の一環として民間アパートを借りる人が利用できるようになります。

  • 簡略化されたフォームの使用を許可する収益制限は、250,000ユーロから2,000,000ユーロに増加します。

  • 登録された一時金は、現在一時金から除外されている事業を営む人が利用できるようになります。

まとめると、2021年からは、事業活動の一環として不動産を借りる人も定額税を支払うことができるようになります。現在、これは不可能です。そのような解決策は一括税の場合の費用の決済を除外することを付け加える価値があります。

 

現在フラットタックス

2021年から定額税

プライベートレンタル

はい

はい

事業活動の一環として賃貸

いいえ

はい