保険会社が資金を提供するレンタカーの決済

Webサイト

会社の固定資産である自動車が関係する交通事故は、所得税に基づいて関連する金融イベントを解決する必要性に関連しています。それは主に、受け取った補償と事故後の修理の費用の両方の正しい記録と決済に関するものです。保険会社が融資するレンタカーの決済も考慮されます。所得税の観点からそれを正しく行うにはどうすればよいですか? -以下について!

車両と活動の関係が収益にとって決定的です

受け取った報酬による事業所得の認識には、そもそも、所与の自動車と納税者が行う事業活動との関係に関する取り決めを行う必要があります。上記は、PIT法の規定の文字通りの文言から生じたものであり、ここでは特に芸術について話している。 14秒2、ポイント12、次のように読みます:

「経済活動からの収入には、実施された事業活動または農業生産の特別部門の運営に関連する資産への損害に対する補償も含まれます。」. 2019年の初めに、納税者は、特定の条件を満たす後の固定資産の損害に対して受け取った補償(特定の種類のKŚTからの固定資産の改修、購入、または生産への支出)のために、事業活動からの収入を認識する必要はありません-アート。 21秒PIT法の1ポイント29b。
乗用車は上記の免除対象外です。 したがって、自動車とその活動の間の「関係」の概念を考慮する必要があります。事業活動に関連する自動車は、確かに会社の資産の一部である(税金費用で会計処理される)か、賃貸、リース、リース、または同様の性質の他の契約に基づいて事業で使用される車両です。

納税者が一般的に個人的にビジネスで使用され、さらに会社の資産の状態に導入されていない車を使用する場合、この車の損傷に対して受け取った補償はビジネス収入を構成しません-したがって、そうではありません会計の対象となります。この状況では、「経済活動での使用」と「経済活動との関連」の概念を同一視することはできません。これは、2012年5月11日の判決で最高行政裁判所によって特に強調されました。 II FSK 2169/10、次のことを認識しています。

「したがって、破毀院の訴えの著者の意見を共有する必要があります。上記の規定の意味の範囲内で「活動に関連する」ためには、本件の状況全体を考慮する必要があります。問題の車を事業活動に使用しているという事実。裁判所は、納税者が問題の車両を固定資産台帳に入力しなかったこと、およびアートの内容への幅広い言及を除いて。 17秒自然人が稼得した特定の所得に対する定額所得税法の1は、納税者が固定資産の消費に対する減価償却費を税控除可能な費用として含めなかった状況、または問題の車の購入は、税の和解の下で彼女によって考慮されませんでした」。

請求の決済方法に関係なく、収益の補償

受け取った報酬が事業活動に関連する車に関するものである場合は、記録する、つまり予約する必要があります。修理費用が税控除の対象となるか、納税者が自分で車を修理するかは関係ありません(この件については、国税情報局長が発行した2019年9月23日の個別解釈で詳しく説明しています。 ref。0114-KDIP3-2.4011.432.2019.2.AC)。

規則は税収の観点から代替案を作成していませんが(補償はそれぞれの場合に収入になります)、それらを取得するためのコストに一定の制限が含まれています。車両に自主保険(AC-autocasco)がなかった場合、そのような車両の紛失、清算、または事故後の修理に起因する損失は、納税者の​​税控除可能な費用を構成しない場合があります(第23条(1)(48) PIT法)。議論された問題は、以下の例に示されています。

例1。

ヤセク氏は彼の過失なしに交通事故に参加し、10,000ズウォティの補償を受けました。彼の車は彼のビジネスで使用され、彼の会社の固定資産でした。上記に関連して、補償の受領日に、PLN10,000の金額を列8-その他の収入に入力する必要があります。

ヤセク氏の車には自主的なオートカスコ保険がなかったため、車の修理費用は税控除の対象にはなりません。彼は車両の修理の請求書を8,000ズウォティで受け取ったが、上記の除外(PIT法第23条(1)第48条に含まれる)のため、この請求書は以下に基づいて決済することはできません。所得税。

ちなみに、AC保険に加入している場合でも、納税者の​​行動が被害に大きく貢献した場合、税務署は事故後の自動車修理を会社の費用に含める権利を拒否する可能性があることを付け加えておく必要があります。そのような状況は、例えば、アルコールの影響下での衝突に参加することになるでしょう。

保険会社が資金を提供するレンタカー

被害者が損傷を清算するために必要な期間、つまり損傷した車両を修理するために交換用の車を借りることは珍しいことではありません。この点で発生した費用の補償は、実際には彼に生じた損害を修復する形でもあり、それは補償の形をとることを意味します。

実際には、これは通常、被害者が交換用車両を借りるために一定の費用を負担し、保険会社に発生した費用の払い戻しを要求するような方法で行われます。この状況は、以下の例に示されています。

例2。

ダリウス氏は彼のせいではなく自動車事故に参加した。車が事業活動で使用されているという事実のために、彼は自分の車を修理するために交換用の車を借り、そのために彼はPLN1000ネット+ PLN 230VATの請求書を受け取りました。

ダリウス氏は、発行日の下でこの請求書を予約しました。これには、列13のKPiRのPLN836.25の金額が含まれます-その他の費用。交換車はVAT-26フォームで完全なVAT控除が報告されていないため、VATの50%を控除することができました(PLN 115)が、税額は次のように計算されました:(1000 + 115 )x 75%。

ダリウス氏は保険会社に、加害者の民事責任保険契約から交換用車両を借りる費用を払い戻すように依頼しました。保険会社は、税金の残りの半分が差し引かれたという事実のために、交換用レンタカーの請求書からの正味額と50%のVATを銀行口座に送金しました。ダリウス氏は、保険会社からの払い戻しを受け取った日に、列8-その他の収入にPLN1115の金額を入力する必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

保険会社が資金を提供するレンタカーの決済-収入の生成に影響を与えないキャッシュレス決済

車両の衝突に関連する請求の和解中の一般的な慣行は、保険会社が負傷者に補償を支払わないが、車両の修理の請求書から生じる責任を直接口座に規制する非現金和解です。破損した車両を修理したワークショップ。

被害者が補償を受けられないもう一つの状況は、いわゆる保険契約の締結です。保険契約に基づく権利の融資当事者(貸し手または貸し手)への譲渡。保険の譲渡を確立することからなる手順は、補償が貸し手または貸し手に転送されることを保証します。この解決策は、車両ユーザーによる負債の返済を確保することです。

また、事業活動に関連する車両への損害の「非現金」清算の場合、税収を認識し、適切に記録する必要があります。この状況では、肉体的に負傷した人がお金を受け取らなかったとしても問題ありません。 社用車の補償による税収は、保険会社が車両の修理サービスまたは保険契約に基づく権利の譲渡が確立されている事業体に現金を支払う場合にも発生します。 上記は、とりわけ、によって確認されました2018年2月1日の個別判決における国税情報局長、ファイル参照。 0114-KDIP3-1.4011.433.2017.2.ES、認識、とりわけ:

「上記の状況では、生じた損害のために補償を受けなかったという申請者の見解に同意できないことに注意する必要があります。この状況は、保険を割り当てることによって、彼が補償の権利を銀行に譲渡したという事実に影響されません。これは、シビルパートナーシップTに付与されたローンの返済として、クレジット銀行の口座に送金された支払いで申請者に与えられた報酬でした。したがって、これらはアートの意味での申請者による資金でした。 14秒個人所得税法の1であり、アートの提供により直接収入に含まれます。 14秒上記の2点12法律。上記に関連して、申請者の立場は正しくないと見なされた」。