キャッシュレス決済用端末の決済

サービス税

2017年、開発省は、ポーランド銀行協会(ZwiązekBankówPolskich)およびキャッシュレス決済を可能にする技術を備えた企業とともに、PolskaBezgotówkowa(以下、財団と呼びます)と呼ばれる財団の形をとった共同イニシアチブを作成しました。 。

この財団は、電子決済の特異性に対する消費者の意識を徐々に高め、電子決済機器を購入するポーランド共和国の領土で活動する商業、サービス、およびその他の企業の数を増やすプログラムを実施することを目的としています。

さらに、財団は、端末決済だけでなく、その他の非現金決済をサポートするテクノロジーの推進を反映しています。

財団が実施するプログラムを利用した、または利用したい納税者は、受け取った機器を会社の帳簿に適切に決済する必要があります。ターミナルレシートの決済とは何ですか?

ポーランドキャッシュレス財団

PolskaBezgotówkowaFoundationは、ポーランドの顧客の心の中でキャッシュレス購入のメリットをますます普及させています。

同様に、企業に対しては、現金以外の決済のための決済端末の12か月間の無料使用という形でサポートを提供します。このサポートとは正確には何ですか?

財団の支援

事業を営む納税者は、PolskaBezgotówkowaプログラムへの参加を一度利用することができます。

参加の基本条件は次のとおりです。

  • カードで支払う顧客に追加料金を課さない、

  • 過去12か月間、現金以外の支払いを受け付けていません。

  • 支払い組織と財団のロゴであなたの会社をブランド化します。

参加するために納税者は財団に支払う必要はありません。企業への支援は、決済端末を設置費用を負担せずに1年間引き渡し、現金以外の決済に使用する費用を請求することです。

12ヶ月の終わりまでにPLN100,000の金額を超えた場合にのみ、端末の使用にかかる費用の計算が開始されます。

ただし、起業家がそのような売上高を達成していないことが事前にわかっている場合は、1年間無料の決済端末を利用できます。

納税者は、契約した取得者1人につき最大3つの端末を受け取ることができます。ただし、例外は長距離接続を提供する運送会社です。 20台以下の端末に申請できます。

納税者は財団との契約に署名しませんが、選択された支払い機関(その代理人)と最低12か月間契約を結びます。次の会社が利用可能です:

  • ミレニアム銀行、

  • 郵便銀行、

  • Evo Payments InternationalSp。 z o.o.、

  • SumUp、

  • エラボン、

  • eCard S.A.、

  • プラネットペイ、

  • eService、

  • 最初のデータ、

  • クレディ・アグリコル、

  • ネストバンク、

  • Santander Bank Polska、

  • SIX決済サービス、

  • PBS Bank、

  • PKOバンクポルスキ、

  • ポーランド語ePłatności、

  • Alior Bank、

  • mBank、

  • バンクペカオ、

  • INGBankŚląski、

  • KrakowskiBankSpółdzielczy、

  • BNPパリバ、

  • PaySquare、

  • PayTel、

  • 信用協同組合グループ。

12か月後、最初の無料契約期間の終了後に、各企業が異なる条件を提案する場合があることに注意してください。

PKPiRでの端末の受領の決済

キャッシュレスポーランドプログラムを利用する納税者は、無料の端末とその購入を記録した請求書を受け取ります。ただし、この請求書はすでに財団によって支払われているため、起業家は支払う必要はありません。

この時点で、アートについて覚えておくことが重要です。個人所得税法(以下、p.d.o.f。法という)の第14条では、ポイント2およびポイント8で、事業活動からの収入は、現物で受け取った給付およびその他の無料の給付の価値でもあると規定しています。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

上記の場合、納税者は無料の端末を受け取り、その支払いは財団が負担します。したがって、この状況では、納税者は無償の利益から収入を得る、つまり、支払いを規制する義務がなく、別の事業体が支払った利益を得る。

アートに従った無料特典の価値。 11秒p.d.o.fに関する法律の2aそれは確立されています:

  1. サービスの対象がサービスプロバイダーの経済活動の範囲内にあるサービスである場合-他の受信者に適用される価格による。

  2. 特典の対象が購入したサービスである場合-購入価格に応じて;

  3. 給付の対象がアパートまたは建物の提供である場合-この建物または建物の賃貸契約を締結した場合に支払われる家賃に相当するものに応じて;

  4. その他の場合-サービスの提供または同じ種類と種のアイテムまたは権利の提供に使用される市場価格に基づいて、特にそれらの状態と摩耗の程度、および利用可能にする時間と場所を考慮に入れます。

さらに進んで、ターミナルの受取人の費用の問題に対処します-ターミナルの購入を文書化した受け取った請求書は、すでに財団によって支払われているにもかかわらず、納税者と彼の事業活動の目的のために行われた購入を述べています。

この費用は、税控除の対象となる費用から除外された費用のカタログにも含まれていません。その結果、特定の請求書は、固定資産を構成しない他の支出の請求書と同じ方法で納税者によって転記されます(会社の目的で100%を意図しています)。

したがって、無料の端末と購入の請求書(財団が支払う)を受け取った起業家は、PKPiRを次の場所で予約(認識)します。

  1. 請求書がすでに支払われているため(VATを含む)、請求書の発行日(財団が支払った請求書の収入を得る最初の瞬間)の下で総額で無料の利益を受け取るPKPiR(その他の収入)の列8。

  2. 列13PKPiR(その他の費用)端末の購入の請求書:

  • 起業家がアクティブなVAT納税者である場合、正味額で

  • 起業家が免税のVAT納税者である場合、総額で。

VATレジスター(JPK_VAT)では、アクティブなVAT納税者である購入者は、無料端末の請求書を受け取った月、またはその後の2つの請求期間(月または四半期)で控除します。

  1. ターミナル購入請求書から生じるVATの全額または

  2. 免税および課税対象の販売を行う起業家(混合活動の購入を控除する係数を適用する)が、購入請求書(両方のタイプの活動に関連する支出)から入力VATを控除できるため、VATの一部の金額請求書からのVATの金額によって適用された比率の積を表します。

収益記録における端末の受領の会計処理

アートによると。 6秒定額個人所得税に関する法律の1a、記録された収入に対する一括税は、暦年に納税者が受け取った、または利用できるようになった金銭的価値、および現物で受け取った利益の価値にも適用されますおよびリース、サブリース、リース、サブリース契約、または同様の性質の他の契約に基づくその他の無料特典。これらの契約に基づいて受け取った現物給付およびその他の無償給付の価値を決定するために、Art。 11秒所得税法の2–2b。

次に、Artに準拠した無料特典からの収益。 12秒定額個人所得税法の1ポイント3eは、3%の税率でそれらを取得した月に課税されるべきです。

記録された一時金収入が発生した費用によって減らされないという事実のために、(無料の)決済端末の購入の請求書決済は、次の方法で収益記録に入力する必要があります。

  1. 3%の税率で課税される収入の列では、納税者は、請求書の発行日(財団が支払った請求書の収入を得る最初の瞬間)の下で、総額で無料給付の受領を認識します。請求書はすでに支払われています(VATを含む)。

定額を使用する納税者がアクティブなVAT納税者でもある場合、上記のVATレジスター(JPK_VAT)で、請求書の受領月(無料端末の場合)またはその後の2つの決済期間(無料端末の場合)で控除されます。月または四半期):

  1. ターミナル購入請求書または

  2. 免税および課税対象の販売を行う起業家(混合活動の購入を控除する係数を適用する)が、購入請求書(両方のタイプの活動に関連する支出)から入力VATを控除できるため、VATの一部の金額請求書からのVATの金額によって適用された比率の積を表します。