定額農家とVATの決済

サービス税

個々の農場の活動としての農業活動は、会計帳簿を保持する義務から免除されます。これは、アートの法律自体に記載されているように、農民が個人所得税法の規定に拘束されていないという事実によるものです。 2節1点1.ただし、農業活動は付加価値税法の規定の対象となります。では、定額農家はVATをどのように会計処理する必要がありますか?説明します。

定額農家は誰ですか?

VAT法で定義されているように、定額農家は次のように理解されています。 「自分の農業活動から農産物を供給したり、農業サービスを提供したりする農民は、会計帳簿を別個の規定の下に保管する義務がある農民を除いて、第43条(1)(3)に基づく免税の恩恵を受ける」。

物品の供給と定額農民によるサービスの提供のVATの免除により、彼は税務署で有効なVAT納税者として登録する義務はありません。定額農民の地位はまた、実行された活動の請求書を発行する義務がなく、したがって記録を保持する義務もありません。

アクティブなVAT納税者に農産物を供給する定額農家は、取引を文書化したVAT-RR請求書を購入者から受け取ります。ほとんどの場合のように、請求書は売り手ではなく買い手によって発行されるため、状況は非常に珍しいものです。これに基づいて、農民は、VATの対象となる農業の特定の生産手段の取得に対して税金の還付を申請することができます。

定額農家はいつ一般付加価値税に切り替えることができますか?

現在、農民自身が定額のVAT決済を放棄し、一般規則に切り替えることを決定しています。彼は、アクティブなVAT納税者として税務署に登録することにより、課税年度中にそれを行うことができます。この目的のために、彼/彼女は辞任が行われる月の初めの前にVAT-R登録申請書を提出します。登録の瞬間から、農民はアクティブなVAT納税者になります。

一般規則に従った農民によるVAT決済の結果

有効なVAT納税者として登録した瞬間から、農民は購入者にVAT-RR請求書を要求する権利を失います。彼はまた、アクティブなVAT納税者であるバイヤーへの農産物の供給に対するVAT還付を申請することはできません。

その見返りとして、農民(アクティブなVAT納税者)は次の義務を負います。

  • 仮払消費税を伴う商品およびサービスの販売に関する請求書の発行。
  • 販売とVAT購入の記録を保持する。
  • JPKV7の月次出荷。
  • 特定の月の和解によってそのようなことが示されている場合は、納税義務があります。

一方、農民が有効な付加価値税納税者のステータスを取得した後に取得する権利は、商品やサービスを購入する際に考慮される仮払消費税によって仮払消費税を削減する可能性です。これは、農家が自分の購入を記録したVAT請求書に基づいて入力VATを差し引くことができることを意味します。決済の基礎となるのは、保持されているVAT請求書と、それに応じて保持されているVAT購入記録です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

ファーマーJPKV7

2020年10月の期間から、アクティブなVAT支払者は、JPK V7M(月次ベースのVAT決済の場合)またはJPK V7K(四半期期間のVAT決済の場合)を準備します。新しいSAF構造は、既存のVATおよびSAF-TVAT宣言に置き換わるものです。

商品またはサービスの販売と購入の両方がJPKV7に表示されます。特定のファイルの金額は、適切なVAT率に割り当てられます。農民にとって、よく使われる割合は5%と8%であり、標準的な割合である23%はそれほど頻繁ではありません。

商品やサービスの販売に起因する申告部分JPKV7に示されている納税額から、農民による購入に対する仮払消費税額を差し引いた金額は、一定期間のVAT決済の結果になります。もしも:

  • 出力VAT(販売)>入力VAT(購入)→税務署で支払う税金
  • 出力VAT(販売)<入力VAT(購入)→返還される税金、税務署での過払い

超過税は次の期間に移されるか、農民の要求に応じて支払われます。

特定の会計期間のJPKV7宣言部分では、農家は特定の期間に行われたすべての販売を表示し、決済された月または四半期から前払金を受け取ります。ただし、購入に対する仮払消費税の表示は、請求書受領期間のJPK V7申告部分、または後続の2つの会計期間のいずれかに表示できます。

さらに、定額農家に代わってVAT RR請求書を発行する納税者は、事務所の要請に応じて、売上請求書に関する統一管理ファイル、いわゆるJPK FARR。

同時に定額農家であり、VATの一般的な条件で事業を営むことは可能ですか?

2つの答えがあります:

いいえ、経済活動が農業活動の概念に該当する場合、それを通じて、アートに準拠します。 2 VAT法のセクション15は、次のように理解されます。
'種子、苗床、繁殖および生殖材料の生産、野菜、畑、温室およびホイルの生産、観賞植物、栽培および果樹園の真菌の生産、動物、鳥および動物のための種子材料の繁殖、繁殖および生産を含む植物および動物の生産ユーティリティ昆虫、産業または農場タイプの家畜生産および魚および他の水生生物の飼育および繁殖、ならびに温室および加熱箔トンネルでの栽培、キノコおよびそれらの菌糸の栽培、「インビトロ」での植物の栽培、農場飼育および屠殺および家禽の飼育、家禽孵化場、毛皮および実験動物の飼育および飼育、ミミズ、エントモファージおよびシルクワームの飼育および繁殖、養蜂場の飼育および農場外の他の動物の飼育、熱帯樹からの丸太を除く林業および狩猟製品の販売(CN 4403 4100および440349)および竹(CN 1401 10 00)、および証人農業サービス'.

したがって、定額農民が、例えば畑を耕すなどの一般原則に基づいて課税される活動も実行したい場合、それは税法と矛盾することになります。次に、定額農民として活動を行うとき、彼はVAT決済の一般原則を支持して、定額特権を放棄しなければなりません。

はい、アートで言及されている免税の恩恵を受けている定額農家によって運営されている場合。 43秒1ポイント3、この納税者による売上高(前税年度の純課税売上高の上限PLN200,000または活動期間に比例して計算されたPLN200,000)までの農業活動以外の活動も含まれません彼が行った農業活動からの農産物の販売。

したがって、定額農民も事業を営んでいるが、農業事業ではない場合、たとえば自動車修理店の場合、彼は一般規則の下でVATの対象となる追加の経済活動を営んでいる定額農民のままである可​​能性があります。