簡素化された所得税の前払いからの辞任

サービス税

コロナウイルスの流行が続いているため、その影響を緩和するために、起業家に対するさまざまな形の支援が導入されています。とりわけ、ヘルプの懸念社会保険機関に対する義務の定期的なキャンセル、現金給付の導入、および税務署に対する納税義務の削減をサポートするツール。支援の形態の1つは、所得税の簡素化された前払金からの早期の辞任です。このオプトアウトはどのように行うことができ、いつ有益になる可能性がありますか?記事で答えてください!

誰が簡易所得税源泉徴収を利用できますか?

簡易所得税の前払金は、特定の月に得られた所得額に関係なく、管轄の税務署に毎月支払われる一定額の所得税です。

簡易前払金の額は、納税者が簡易前払金を使用したい年度の前年度に提出された年次確定申告書、またはその年前の年次確定申告書で得られた所得額に基づいて決定されます。 、最後の納税申告で納税者がいる場合:

  • 非農業経済活動から収入を得ていない、または

  • 減税額と税率で定められた最低税率の商である金額を超えない額の所得を達成しました。

所得税の簡易前払額は、非農業活動からの所得から特定の年に支払われた健康保険料を差し引いた税額の1/12(評価ベースの7.75%)です。

例1。

2021年、パトリチャ女史は、所得税の簡素化された前払金を支払う可能性を利用したいと考えています。昨年提出された年次納税申告書、つまり2019年の年次納税申告書では、彼女は非農業経済活動で損失を被りました。しかし、2018年に、彼女は68,000ズウォティの所得税を支払いました。 Patrycja氏は、簡素化された所得税の前払いを支払うことができますか?もしそうなら、いくらですか?

Patrycjaは、2018年に収入を得たため、簡略化された前払い所得税を支払うことができます。毎月の前払いは5,667PLN(68,000 PLN / 12)になります。

簡易前払いは、前月の月の20日まで、毎月のみ行うことができます。

単純化された税の前払いは、課税対象の非農業事業活動から収入を得る人によって支払われる場合があります。

  • 一般的なルールについては、

  • フラットタックス、

前年または2年前に提出された年次確定申告で彼らの活動から収入を得た人。

一方、納税者は単純化された所得税の前払いを利用することはできません。

  • 一括払いで決済し、

  • その年の間に活動を始めた人、

  • 昨年事業を始めた人。

納税者が前払金を簡略化された形式で支払うことを決定した場合、納税者は課税年度を通じて一貫して前払金を適用する必要があります。 2018年末まで、簡素化された前払いからの選択または辞任は、税務署への通知の形で行われました。 2019年から、選択した前払いの形式を課税年度を通じて使用する必要があり、課税年度の終了後、使用された方法に関する情報が年次確定申告に含まれます。

2021年に誰がいつ簡素化された進歩をオプトアウトできますか?

国内の流行状況により、コロナウイルスの悪影響を受けた納税者は、2020年3月から12月までの月の簡易所得税の前払いの支払いを辞任するオプションがあります。

この可能性は、アートの下にあるPIT法の改正によって導入されました。 52rでは、少額の納税者は、その年の間に簡略化された前払金を辞任し、選択された課税形態に従ってそれらを支払うことができます。

PIT目的の少額納税者とは、前年に得られた売上高(アクティブなVAT納税者の場合のVATの金額を含む)がPLNに換算して2,000,000ユーロを超えなかった納税者です。 2021年の上限は9,031,000ズウォティです。

簡素化を辞任した後も、前払所得税は毎月支払う必要があります。次に、納税者は、選択された課税形態に従って金額を決定します。ここでは、課税年度の初めから支払われたすべての収入、費用、前払金、および社会保障負担金が考慮されます。

アートに従った進歩の量。 44秒PIT法の3は、次の規則に従って決定する必要があります。

  • 前払いの義務は、所得が税率で指定された減税額と税率で指定された最低税率の比率である金額を超えた月から発生します。

  • 今月の前払いは、一般的な条件で、またはフラットタックスを使用して計算された税金です。

  • 次の月の前払いは、年初から得た所得に対する税金と前月の前払いの合計との差額です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例2。

モニカは少額の納税者であり、2020年1月から2020年3月まで、1,000ズウォティの単純化された前払いを行いました。コロナウイルスの流行に伴う収入の減少により、2020年4月以降、単純化された前払金の支払いを辞任しました。それ以来、一般的な条件で所得税の前払いを行っています。年初からの累積所得に基づいて計算された4月の納税額は、3,500ズウォティでした。モニカは4月にどのような税金を払うべきですか?

モニカは、4月の所得税の前払いが500 PLNになるように、課税年度の初めから支払われる前払いを簡素化することにより、納税額を減らす必要があります。

PLN 3,500-(3×PLN 1,000)= PLN 500

納税者は、課税年度の終了後に提出された年次納税申告書、つまり2021年4月30日までに提出された2020年の納税申告書でのみ、前払いの簡略化された形式からの辞任について税務署に通知します。

簡素化された所得税の前払いからの辞任-それは誰にとって有益でしょうか?

簡素化された所得税の源泉徴収は、多かれ少なかれ同じレベルの収入を稼ぎ、毎月の納税額を再設定したくない起業家にとって有益な解決策になる可能性があります。

COVID-19の流行の時代には、多くの企業の経済状況が大幅に悪化しました。これは、多くの場合、得られる収入の量が以前と同じレベルにとどまっていないことを意味します。近年、所得が大幅に減少している起業家にとっては、前払いよりも高額の納税が義務付けられるため、定額の納税は非常に不利になる可能性があります。所得税については、選択した課税形態に従って決定されていました。